FC2ブログ
続・妄想的日常
おかえり。 

妄想的ダンサーズ

dancing2.gif

妄想的ヘッドライン

プロフィール

妄想

Author:妄想
面白いスレッドなどありましたら教えて下さいまし。相互リンクもこちらから。

mixi始メマスタ
マイミク募集中(`A')キャァァァァァ


調子に乗って「続・妄想的日常☆別館」
始メマスタ


またまた調子に乗って「妄想さんの拾い物」始メマスタ

フィードメーター - 続・妄想的日常


ブログパーツ




※のNGワードを http:// にしておりますよ♪


更新情報と愚にもつかないつぶやきはこちら




セリーグ順位表

プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表

最近の記事

最近のコメント

妄想的人気記事

カテゴリー

ブログ内検索

BlogRingというものらしい

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別


09月 | 2020年10月 | 11月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31


キャベツと電卓

2009/10/17(土) 17:06:40
555 :名刺は切らしておりまして:2009/10/16(金) 02:05:35 ID:qWrWpKKp
バッグ1個つくる原価と手間と、パソコンの原価と手間と研究費とか考えて
なぜパソコンよりも高いバッグ買わなきゃいかんのか?

昔ロシアがソ連だった頃に、ソ連の漁師が北海道や東北の港に着くと
大量の電卓を買い漁るらしいとの話を聞いた事あるけど
何でもキャベツよりも電卓の方が安いのが信じられんとの事
ソ連には日本の九九などが無く、簡単な計算が苦手で電卓は非常にありがたいが高い
考えたら日本の電化製品の安さは異常なのよね
自分はアパレルの人間だが、セール終えると山のように帰ってくる在庫は当たり前だと思ってたけど
パソコンってのは、新しいモデルが出て値段を下げて、ほとんどが在庫無くなるらしいが
少しでも残すと会社が傾く事さえあると聞いて、これは原価と上代の差なんだろうなって思った



関連記事
スポンサーサイト



その他TB:0CM:10
<< 人生相談ホーム全記事一覧バイク >>

コメント

そのせいで知識いる割に無駄に給料安い人々が…
#-|2009/10/17(土) 17:50 [ 編集 ]

服の原価どんだけだよ
#-|2009/10/17(土) 18:16 [ 編集 ]

過当競争でほとんどの企業が撤退した電卓市場

残ったCASIOが結構おいしい思いしてるらしい
#-|2009/10/17(土) 18:21 [ 編集 ]

九九がないってどういう意味?
掛け算習わないの?
#-|2009/10/17(土) 18:53 [ 編集 ]

需要と供給とか色々有るでしょ
#-|2009/10/17(土) 20:13 [ 編集 ]

まぁ布と糸でできるからなぁ
原価知ると微妙なブランドの服なんて買う気しなくなるよ
そりゃ使ってる素材や仕上げにもよるけどさ
#-|2009/10/18(日) 01:53 [ 編集 ]

九九のような暗唱メソッドがないんだろ<ロシア
#-|2009/10/18(日) 02:16 [ 編集 ]

比較可能かそうでないかの違いだな。
同じ電子機器であってもオーディオは原価率が著しく低い。
これは機器間での性能が直接に比較できないから。
服やバッグやその他多くの身の回りの物は類似品との差が比較できないから原価率が低い。
他の例としては健康食品がある。「健康」という味やカロリー、成分では表現できないミステリアスな付加価値がつくことで健康食品は普通の食品・食材よりも遥かに原価率が低くなる。
#-|2009/10/19(月) 12:03 [ 編集 ]

そんなに原価安いならもっと大胆なセールしろよ>服
#-|2009/10/21(水) 22:49 [ 編集 ]

中国で自転車のパンク修理したら1.5元(22円)だった。
待ってる間に缶コーヒー買って飲んだら3.5元(52円)だった
#-|2009/10/22(木) 10:35 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mousouteki.blog53.fc2.com/tb.php/9776-0114c02a

カープ

興味しんしん

妄想的リンク

ブログ開始から何日経った?

読みたい

Copyright(C) 2006 続・妄想的日常 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.