FC2ブログ
続・妄想的日常
おかえり。 

妄想的ダンサーズ

dancing2.gif

妄想的ヘッドライン

プロフィール

妄想

Author:妄想
面白いスレッドなどありましたら教えて下さいまし。相互リンクもこちらから。

mixi始メマスタ
マイミク募集中(`A')キャァァァァァ


調子に乗って「続・妄想的日常☆別館」
始メマスタ


またまた調子に乗って「妄想さんの拾い物」始メマスタ

フィードメーター - 続・妄想的日常


ブログパーツ




※のNGワードを http:// にしておりますよ♪


更新情報と愚にもつかないつぶやきはこちら




セリーグ順位表

プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表

最近の記事

最近のコメント

妄想的人気記事

カテゴリー

ブログ内検索

BlogRingというものらしい

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別


01月 | 2020年02月 | 03月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29


マドンナ

2009/10/13(火) 19:14:07
107 :名無しさん@恐縮です:2009/10/07(水) 01:03:36 ID:+Rce6ek10
>>100
そういえばマドンナって性同一性障害で自分は男だと思ってて
その上でホモなので男好きでしかも女装癖があるので
結果として普通の女っぽくなっている
ってどっかで聞いたことがある

110 :名無しさん@恐縮です:2009/10/07(水) 01:05:21 ID:b8W8fzXgO
>>107
訳が分からないw





関連記事
スポンサーサイト



その他TB:0CM:14
<< イタリアホーム全記事一覧三遊亭小遊三 >>

コメント

単に男っぽい女でええがな
#-|2009/10/13(火) 19:25 [ 編集 ]

男が考える最高の女を演じれる女
・・・最高じゃん
#-|2009/10/13(火) 19:34 [ 編集 ]

↑いや、ホモだからノンケの男の気持ちは分からんだろ
#-|2009/10/13(火) 20:53 [ 編集 ]

子供出産してるけどな
#-|2009/10/13(火) 21:05 [ 編集 ]

ま、どんな妄想も自由だからな
ryu #-|2009/10/13(火) 21:43 [ 編集 ]

裏の裏は表だしな
#-|2009/10/13(火) 22:22 [ 編集 ]

ナベホモの女装癖って事だしょ?

どっちにしろ無理があるなw
#-|2009/10/13(火) 22:46 [ 編集 ]

いや、俺前から思ってた。性同一性障害というもののウサンクサさについて。

「精神は女性で、同性愛者です」と自称するオッサンを女湯に入れるのが正しいのかと。

で、それを断れば「理解がない」「差別だ」なんだろ?
どう考えてもおかしいって。
   #-|2009/10/13(火) 23:37 [ 編集 ]

ガチホモジョージ・マイケルが
カムアウトする前にマドンナに
ごりごり迫られて超こわかった、
ってエピソード
七氏 #-|2009/10/14(水) 02:03 [ 編集 ]

海辺のカフカを思い出した
#-|2009/10/14(水) 02:20 [ 編集 ]

トゲナシトゲトゲ
#-|2009/10/15(木) 19:28 [ 編集 ]

確かに性別不明な時代があった。
#-|2009/10/16(金) 15:04 [ 編集 ]

ホモの男が好きなのに受け入れられないってことか?
#-|2009/10/18(日) 10:39 [ 編集 ]

自分が16,7歳くらいの頃に、自らバイを明かしてるトップミュージシャンも売れっ子俳優もほぼ皆無だったから、マド姐さんがステージで旬の女タレとかトップモデルとベロチュウしてる姿は救いだったなぁ。当時バイなんてカムアウトしたら「ただのスキモノじゃん」としか軽蔑されなかった。今はバイ振る舞うのがクール、手っ取り早い相互オナの手みたいになっちゃってるけど。
#-|2013/08/06(火) 06:40 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mousouteki.blog53.fc2.com/tb.php/9747-d70eaa29

カープ

妄想的リンク

ブログ開始から何日経った?

興味しんしん

読みたい

Copyright(C) 2006 続・妄想的日常 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.