FC2ブログ
続・妄想的日常
おかえり。 

妄想的ダンサーズ

dancing2.gif

妄想的ヘッドライン

プロフィール

妄想

Author:妄想
面白いスレッドなどありましたら教えて下さいまし。相互リンクもこちらから。

mixi始メマスタ
マイミク募集中(`A')キャァァァァァ


調子に乗って「続・妄想的日常☆別館」
始メマスタ


またまた調子に乗って「妄想さんの拾い物」始メマスタ

フィードメーター - 続・妄想的日常


ブログパーツ




※のNGワードを http:// にしておりますよ♪


更新情報と愚にもつかないつぶやきはこちら




セリーグ順位表

プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表

最近の記事

最近のコメント

妄想的人気記事

カテゴリー

ブログ内検索

BlogRingというものらしい

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別


11月 | 2019年12月 | 01月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


次はどこ?!

2009/06/23(火) 17:16:54
224 名前:可愛い奥様[sage] 投稿日:2009/06/22(月) 18:36:39 ID:QQEgc49Z0
バスで前に座っていた5歳くらいの男の子とお父さんの会話。
アナウンスで「次の停留所は○○です~」と流れてきた。

子「!! パパっ!パパっ!○○の次はどこ?!」
父「ん?○○の次はな~アメリカだ!」
子「アメリカ?!アメリカ! アメリカの次は!?」
父「アメリカの次はアルゼンチンだ!」
子「アルゼンチン!!アルゼンチンの次はああ!?」
父「アルゼンチンの次はアラスカだ!」
子「アラスカ!アラスカってどこ!アラスカパパ行ったことある!?どうやって行くのー?!」
父「パパ行ったことあるぞー!アラスカはあの山の向こうにあるんだ!
トロッコに乗って行くんだぞー」(窓の外を指さしながら)
子「!!ア、アラすkdfmぢp;(奇声)」
父「わっはっはっは」

父高田純二並の適当さ。子、テンション高すぎ。






関連記事
スポンサーサイト



ほのぼのTB:0CM:13
<< 徹子の部屋ホーム全記事一覧財布がなくなった >>

コメント

こういう親父がいいなー
#-|2009/06/23(火) 18:36 [ 編集 ]

久々に見たが、最後の子どもの台詞のとこで吹いてしまうww
#-|2009/06/23(火) 18:53 [ 編集 ]

よつばと!みたいだな
#-|2009/06/23(火) 19:12 [ 編集 ]

高田純二の適当なキャラは好きだが
実の父親がそんなだと後々苦労しそうな気がするww
#-|2009/06/23(火) 19:37 [ 編集 ]

良い子供が育ちそうです
#-|2009/06/23(火) 20:22 [ 編集 ]

子「アラスカ!!アラスカの次はああぁぁぁ!?」
父「アラスカの次はなぁ!海を渡ってロシアだ!!」
子「ロシアはいいや」
  #-|2009/06/23(火) 20:40 [ 編集 ]

まさによつばととーちゃん
素敵すぎる
#-|2009/06/23(火) 21:01 [ 編集 ]

実際こういうのがバスにいたら
うるさくて嫌だな…

と考えた自分がとても嫌になった…
#-|2009/06/23(火) 22:25 [ 編集 ]

米8
こないだ俺の後ろでイカ食いはじめたオバチャンよりはマシ
#-|2009/06/23(火) 23:39 [ 編集 ]

実際公共の乗り物で子供が奇声を発していたら五月蝿いし笑ってるだけで注意しない親はドキュソだろ
  #-|2009/06/24(水) 02:12 [ 編集 ]

信号とわんこのコピペ思い出した。
#-|2009/06/24(水) 06:00 [ 編集 ]

なんでア行ばっかなんだろなw
#-|2009/06/24(水) 09:31 [ 編集 ]

完全によつばで再生された
よつばのとーちゃんも月に行ったことあるとか言ってたね
#-|2009/06/26(金) 11:02 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mousouteki.blog53.fc2.com/tb.php/9146-88fe20b1

カープ

妄想的リンク

ブログ開始から何日経った?

興味しんしん

読みたい

Copyright(C) 2006 続・妄想的日常 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.