FC2ブログ

続・妄想的日常

おかえり。 
51 名前:おさかなくわえた名無しさん[sage] 投稿日:2009/05/28(木) 12:28:25 ID:IbA35a4Y ?2BP(0)
某県某市(有名なまつたけの産地)の山に住む猿に仲間認定されてた。

54 名前:おさかなくわえた名無しさん[sage] 投稿日:2009/05/28(木) 19:01:20 ID:roWfx2Rt
>>51
まつたけの山についてkwsk

55 名前:おさかなくわえた名無しさん[sage] 投稿日:2009/05/29(金) 10:01:29 ID:WTczAk7J ?2BP(0)
まつたけの産地は兵庫県の北部。
父親は運送の仕事をしていて、近隣市町村の織布会社に布とか糸を届けてる。

父親が猿の仲間だった事が発覚したのはおよそ10年前。
二人で件の某市にある饅頭屋に出かけた時の事でした。

道中、市境の峠道で急に車を止めた父。
おもむろに車を降りると、林に向かい「ほーう!ほーう!」と叫ぶ。
すると、どこからか「ほーう!」と何者かのレスポンスがありました。

56 名前:おさかなくわえた名無しさん[sage] 投稿日:2009/05/29(金) 10:17:59 ID:WTczAk7J ?2BP(0)
上を見上げると、木の上に数匹の子猿が。
「あれワシの友達やねん」と父笑顔、当時小学生の私はあまりの事に呆然。
猿は見知らぬ私を警戒しつつも木から下りてきて
父から野菜カステラを貰って食べ、その後もしばらく父から離れませんでした。

父が言うには「何ヶ月か前でここで飯食っとったら寄ってきた」
「試しに猿の物真似したら仲間になれてん」との事。





57 名前:おさかなくわえた名無しさん[sage] 投稿日:2009/05/29(金) 10:29:59 ID:WTczAk7J ?2BP(0)
その後しばらくして、子猿達はその山から姿を消したそうで。
「ええ奴らやってんけどなあ」とぽつり、父は少し寂しそうでした。

一緒にあけびを探したり、毛繕いをしてもらったり。
父と子猿達の忘れ得ぬ思い出を今でも時々聞かされます。

種族を越えた友情を育む父に萌えた、と言う話。
ちなみに人間の友達は2人しか居ないそうです。




関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
二人しか友達いなくても結婚できるのな
2009/05/29(金) 18:43 | URL | #NkOZRVVI[ 編集]
>毛繕いをしてもらったり

どういうことだ
2009/05/29(金) 18:49 | URL | #-[ 編集]
父「さる者は追わず」
2009/05/29(金) 19:09 | URL | ryu #-[ 編集]
二人「しか」と見るべきか、
大事な大事な友達が二人「も」いるのだと見るべきか。
2009/05/29(金) 19:12 | URL | #-[ 編集]
なるほど、腹違いのきょうだいと引き合わされたわけですね。
2009/05/29(金) 20:22 | URL | #-[ 編集]
それで妻子持ちか・・・
2009/05/29(金) 20:24 | URL | #-[ 編集]
猿と人の違いなんて、ケツが赤いか青いかの違いだけさ
2009/05/29(金) 20:33 | URL | #JalddpaA[ 編集]
父「ウキッウキキキッキウキッキキ?」
猿「日本語でおk」
2009/05/29(金) 21:15 | URL | #-[ 編集]
昔はお見合い
2009/05/29(金) 21:22 | URL |   #-[ 編集]
兵庫県北部出身の俺がマジレスすると、

兵庫県北部にサルはいねぇ

元々生息してないのよ
2009/05/29(金) 23:02 | URL | #-[ 編集]
↑まつたけは?まつたけが生えてるのは本当なの?
2009/05/29(金) 23:49 | URL | #-[ 編集]
米4
至極同意
2009/05/30(土) 00:34 | URL | #-[ 編集]
兵庫県出身の祖父は松茸は蹴飛ばして歩いていたと言ってたな
もう50年以上前の話だけど
2009/05/30(土) 00:44 | URL | #-[ 編集]
>54 名前:おさかなくわえた名無しさん[sage] 投稿日:2009/05/28(木) 19:01:20 ID:roWfx2Rt
>
>まつたけの山についてkwsk

>↑まつたけは?まつたけが生えてるのは本当なの?

浅ましい・・・・・。
2009/05/30(土) 02:28 | URL | #1Nt04ABk[ 編集]
兵庫県北部はニホンザルの生息域あるよ
2009/05/30(土) 12:25 | URL | #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://mousouteki.blog53.fc2.com/tb.php/8967-dda5b4cc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック