FC2ブログ
続・妄想的日常
おかえり。 

妄想的ダンサーズ

dancing2.gif

妄想的ヘッドライン

プロフィール

妄想

Author:妄想
面白いスレッドなどありましたら教えて下さいまし。相互リンクもこちらから。

mixi始メマスタ
マイミク募集中(`A')キャァァァァァ


調子に乗って「続・妄想的日常☆別館」
始メマスタ


またまた調子に乗って「妄想さんの拾い物」始メマスタ

フィードメーター - 続・妄想的日常


ブログパーツ




※のNGワードを http:// にしておりますよ♪


更新情報と愚にもつかないつぶやきはこちら




セリーグ順位表

プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表

最近の記事

最近のコメント

妄想的人気記事

カテゴリー

ブログ内検索

BlogRingというものらしい

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別


08月 | 2019年09月 | 10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -


不思議な気持ち

2009/05/26(火) 19:31:32
211 名前: ヒサカキ(関西地方)[sage] 投稿日:2009/05/25(月) 12:44:14.18 ID:OD360psf
軽い気持ちでネカマ始めたらギルドに誘われた
ギルド内の男と仲良くなった
ギルドに現役女子高生が入ってきた
なぜか女子高生とその男の取り合いになった
おかしいよなネカマ始めると「この女にだけは負けたくない!」って思っちゃうんだから
本当はネカマなんて辞めて女の子とちゅっちゅしたいのに




関連記事
スポンサーサイト



体験談TB:0CM:18
<< 矢の刺さったアヒルホーム全記事一覧あなたの好きなもの >>

コメント

大丈夫
相手も男だ
#-|2009/05/26(火) 19:35 [ 編集 ]

※1に書かれてた
  #-|2009/05/26(火) 19:42 [ 編集 ]

よく解る
#-|2009/05/26(火) 20:23 [ 編集 ]

気持ちは分かる
名無しさん #-|2009/05/26(火) 20:32 [ 編集 ]

※1に先に言われた
#-|2009/05/26(火) 20:36 [ 編集 ]

ああ、わかるわ。
#-|2009/05/26(火) 20:37 [ 編集 ]

ああ、知り合いがネカマに追い込まれた末に自殺未遂してたわ。

字面にするとなんか間抜けだけど、当時は本気で焦った。
#-|2009/05/26(火) 20:55 [ 編集 ]

ネカマってなかなか辞められないよな
_ #-|2009/05/26(火) 21:16 [ 編集 ]

「この際男でもいい!!」とか言われて戦慄の一時間を過ごしたりして
#-|2009/05/26(火) 21:54 [ 編集 ]

↑でまた少女少年思い出した
#-|2009/05/26(火) 22:28 [ 編集 ]

これは単純にその男女がくっつくのが悔しいだけだろ。
VIPPERな名無しさん #-|2009/05/27(水) 00:04 [ 編集 ]

↑おまえはまだなにもわかっちゃいない
#-|2009/05/27(水) 00:11 [ 編集 ]

ネット内だと男女の会話は大差ない
何度も女に間違えられたのだわ
#-|2009/05/27(水) 01:24 [ 編集 ]

チャットとかだと一人称が私や自分で敬語丁寧語だと相手が勝手に女だと思いこむんだよな
#-|2009/05/27(水) 10:33 [ 編集 ]

俺だとガキっぽい
僕だとガキっぽい
だから一人称は私
#-|2009/05/27(水) 10:38 [ 編集 ]

女なのにしょっちゅうネカマ扱いされる。
まぁ別にいいんだけど・・・
#-|2009/05/27(水) 12:22 [ 編集 ]

気持ちはわからんが楽しそうだ
#-|2009/05/27(水) 13:03 [ 編集 ]

ネカマ暦6年で彼氏とずっと付き合ってるけど、やっぱ楽しいわ
#-|2009/05/28(木) 02:25 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mousouteki.blog53.fc2.com/tb.php/8937-25cc3c62

カープ

妄想的リンク

ブログ開始から何日経った?

興味しんしん

読みたい

Copyright(C) 2006 続・妄想的日常 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.