FC2ブログ
続・妄想的日常
おかえり。 

妄想的ダンサーズ

dancing2.gif

妄想的ヘッドライン

プロフィール

妄想

Author:妄想
面白いスレッドなどありましたら教えて下さいまし。相互リンクもこちらから。

mixi始メマスタ
マイミク募集中(`A')キャァァァァァ


調子に乗って「続・妄想的日常☆別館」
始メマスタ


またまた調子に乗って「妄想さんの拾い物」始メマスタ

フィードメーター - 続・妄想的日常


ブログパーツ




※のNGワードを http:// にしておりますよ♪


更新情報と愚にもつかないつぶやきはこちら




セリーグ順位表

プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表

最近の記事

最近のコメント

妄想的人気記事

カテゴリー

ブログ内検索

BlogRingというものらしい

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別


08月 | 2020年09月 | 10月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -


許されぬ恋

2006/05/24(水) 11:17:11
508 名前:番組の途中ですが名無しです[sage] 投稿日:2006/05/21(日) 17:39:09 ID:ZVVvJGeX0
両親に泣いて止められ、友人に猛反対され
上司に呆れられ、同僚に冷たい眼差しを向けられても
僕は彼女と結婚がしたかった。
役所の事務員に無理だと断言され、
通行人に変な目で見られ、警官に押さえられても
僕の彼女に対する愛は本物だった。
彼女は美しい心を持った素敵な女性だ。
警察の人にはいくら説明したところで、僕の気持ちは伝わらない。
僕は本気で彼女を愛していた。愛らしい顔立ち、
しなやかな身体、僕を受け入れてくれた寛容な心、
いつも笑顔で、余計なことは一切言わず、ただ黙って僕を見つめ、
僕の愛を受け止め、その2倍僕を愛してくれる。
いくら話しても無駄だ。この警官に僕らの関係など解ろう筈もない。
こんなところにいつまでもいるのは時間の無駄だ。
僕は警官に、持っていたダッチワイフを投げつけ逃げた。
関連記事
スポンサーサイト



ネタTB:0CM:0
<< インターネット利用率ついに100%ホーム全記事一覧大喧嘩した次の日 >>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mousouteki.blog53.fc2.com/tb.php/853-6a1ba884

カープ

興味しんしん

妄想的リンク

ブログ開始から何日経った?

読みたい

Copyright(C) 2006 続・妄想的日常 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.