FC2ブログ
続・妄想的日常
おかえり。 

妄想的ダンサーズ

dancing2.gif

妄想的ヘッドライン

プロフィール

妄想

Author:妄想
面白いスレッドなどありましたら教えて下さいまし。相互リンクもこちらから。

mixi始メマスタ
マイミク募集中(`A')キャァァァァァ


調子に乗って「続・妄想的日常☆別館」
始メマスタ


またまた調子に乗って「妄想さんの拾い物」始メマスタ

フィードメーター - 続・妄想的日常


ブログパーツ




※のNGワードを http:// にしておりますよ♪


更新情報と愚にもつかないつぶやきはこちら




セリーグ順位表

プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表

最近の記事

最近のコメント

妄想的人気記事

カテゴリー

ブログ内検索

BlogRingというものらしい

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別


03月 | 2020年04月 | 05月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


メモ用紙

2009/03/04(水) 14:46:59
354 名前:大人になった名無しさん[sage] 投稿日:2009/03/04(水) 01:20:58
三年前に婆ちゃんが亡くなった。
婆ちゃんは元気な頃はかなりの読書家で、遺った沢山の文庫本を、婆ちゃんにはかなわないが
読書が好きな私がもらう事になった。
婆ちゃんが亡くなって半年位経った頃、遺品の中の「金色夜叉」を読んでたら、
メモ用紙が数枚挟まってた。
見ると、母、父、爺ちゃん、私の名前が、婆ちゃんの字でびっしり書いてあった。
婆ちゃんは亡くなる数年前から痴呆が始まり、お見舞いに行っても「あら、どちら様?」と言ったり、
友達や看護士さんと家族を混同したりしていた。
たまに正気に戻ると「家族を忘れるなんて」と泣いた。
多分、何回も名前を書いて、すっかり忘れないように頑張ってたんだろう。
そう思うと切なくなって、メモ握りしめてわんわん泣いてしまった。
そのメモ用紙は、今も大事にしまっている。


関連記事
スポンサーサイト



泣けるTB:0CM:15
<< ダルビッシュホーム全記事一覧まだ遅くはないよ >>

コメント

ばあちゃん系はキツい
#-|2009/03/04(水) 14:59 [ 編集 ]

ああぁ、これはキツイ
#-|2009/03/04(水) 15:07 [ 編集 ]

この短さでここまで泣けるとは…
#-|2009/03/04(水) 16:20 [ 編集 ]

たけるちゃんたけるちゃんたけるちゃん・・・

ごめんなんでもない
#-|2009/03/04(水) 17:52 [ 編集 ]

オルタ自重www
#-|2009/03/04(水) 18:42 [ 編集 ]

こういうのはまじでやめろ
#-|2009/03/04(水) 20:18 [ 編集 ]

これはきっつい
  #-|2009/03/04(水) 21:40 [ 編集 ]

泣かすなや
#-|2009/03/04(水) 22:11 [ 編集 ]

これはきついなぁ。忘れたくないようなぁ、大切な家族だもんな
#-|2009/03/04(水) 22:20 [ 編集 ]

婆ちゃんが心の平衡を取り戻すのは
秋から冬にかけてが最も多く
持続時間は長くて半日
そのわずかな期間に家族の名前を
メモ用紙に書き記すのだ
#-|2009/03/04(水) 22:49 [ 編集 ]

デスノートかと思った俺は心が汚れすぎている…
#-|2009/03/04(水) 23:54 [ 編集 ]

金色夜叉に入れるとか誰か憎いやつでもいるのか?
#-|2009/03/05(木) 17:57 [ 編集 ]

きついわ~・・
#-|2009/03/05(木) 20:57 [ 編集 ]

似たようなことはあったなぁ…
もう家族のことを思い出しはしないみたいだが
#-|2009/03/05(木) 21:14 [ 編集 ]

せつないなあ
それでも忘れちゃったんだろうなってとこがまた…
#-|2009/03/06(金) 00:36 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mousouteki.blog53.fc2.com/tb.php/8348-f82fa096

カープ

妄想的リンク

ブログ開始から何日経った?

興味しんしん

読みたい

Copyright(C) 2006 続・妄想的日常 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.