FC2ブログ
続・妄想的日常
おかえり。 

妄想的ダンサーズ

dancing2.gif

妄想的ヘッドライン

プロフィール

妄想

Author:妄想
面白いスレッドなどありましたら教えて下さいまし。相互リンクもこちらから。

mixi始メマスタ
マイミク募集中(`A')キャァァァァァ


調子に乗って「続・妄想的日常☆別館」
始メマスタ


またまた調子に乗って「妄想さんの拾い物」始メマスタ

フィードメーター - 続・妄想的日常


ブログパーツ




※のNGワードを http:// にしておりますよ♪


更新情報と愚にもつかないつぶやきはこちら




セリーグ順位表

プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表

最近の記事

最近のコメント

妄想的人気記事

カテゴリー

ブログ内検索

BlogRingというものらしい

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別


08月 | 2020年09月 | 10月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -


濡れ場

2009/01/24(土) 19:26:14
100 名前: すずめちゃん(千葉県)[sage] 投稿日:2009/01/24(土) 02:11:51.87 ID:PyGKFDQW
こういう時って男優は勃起しねえのかよ
可愛い女優が相手ならフルとはいかなくとも間違いなく反応はするだろ
現場で恥ずかしくないのこんなことやって
やっぱり芸能は賎業だな

108 名前: すずめちゃん(東京都)[] 投稿日:2009/01/24(土) 02:17:42.69 ID:OC5W+yvT
>>100
>こういう時って男優は勃起しねえのかよ
極妻で川島なおみと前張りなしで絡んだ世良は、
そのいきり立った巨チンが何度もカメラに映り込んで
監督に何度もダメだしされたらしい

ちなみに日活ポルノ等は、喘ぎはアフレコが多いので
現場では、監督以下全スタッフの指示怒号が主に男優に浴びせかけられ、
勃つ気になれないらしい
恥ずかしいとかそういうレベルじゃない模様




関連記事
スポンサーサイト



その他TB:0CM:9
<< 泣いたらいかんぞホーム全記事一覧麗子像 >>

コメント

なんで108は詳しいのだろう
#-|2009/01/24(土) 19:27 [ 編集 ]

らしい、とか模様、とか伝聞を装ってるあたりが
逆に関係者っぽいな
_ #-|2009/01/24(土) 19:28 [ 編集 ]

エロゲのアフレコとかでも演技に必死で興奮とかしてる余裕無いつってたな
  #-|2009/01/24(土) 20:39 [ 編集 ]

↑しかもゲームのアフレコは個別撮りが大半なので、我に返らないようモチベーションを保つのが大変らしいw
「俺(私)…何やってんだろ」と思うと演技の質が一気に下がるんだそうだ。
#-|2009/01/24(土) 21:12 [ 編集 ]

確かに仕事とはいえ我に返るときついかもな・・・
#-|2009/01/24(土) 22:09 [ 編集 ]

昔、こおろぎさとみがラジオで「エロアニメに声をあてるときは、恥ずかしかったりしますか?」って質問に「アニメに貴賎なし。恥ずかしくないです」って言ってたけど、共演者に「じゃあ、ここで『ああん』って色っぽい声だして」って言われたら、それは照れてた。
#-|2009/01/24(土) 22:47 [ 編集 ]

バカ殿かなんかで、
裸の女達と入浴してた志村のが勃ってんのが流れた事あったな。
#-|2009/01/25(日) 00:40 [ 編集 ]

極妻とか普通に乳揉んだりしでなかったっけ?(ウロ覚え)
そりゃ反応するわな…
#-|2009/01/25(日) 05:39 [ 編集 ]

誰の話だったか忘れたけど
濡場の撮影では、とにかく女優さんメインなために相手役のその人はほとんど見切れていて、揺れる女優さんの上半身がアップになるシーンでは画面の外で足を持って一生懸命揺すっていた。大変だった。
と言ってたな
#-|2009/01/27(火) 16:46 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mousouteki.blog53.fc2.com/tb.php/8059-aba245e1

カープ

興味しんしん

妄想的リンク

ブログ開始から何日経った?

読みたい

Copyright(C) 2006 続・妄想的日常 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.