FC2ブログ
続・妄想的日常
おかえり。 

妄想的ダンサーズ

dancing2.gif

妄想的ヘッドライン

プロフィール

妄想

Author:妄想
面白いスレッドなどありましたら教えて下さいまし。相互リンクもこちらから。

mixi始メマスタ
マイミク募集中(`A')キャァァァァァ


調子に乗って「続・妄想的日常☆別館」
始メマスタ


またまた調子に乗って「妄想さんの拾い物」始メマスタ

フィードメーター - 続・妄想的日常


ブログパーツ




※のNGワードを http:// にしておりますよ♪


更新情報と愚にもつかないつぶやきはこちら




セリーグ順位表

プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表

最近の記事

最近のコメント

妄想的人気記事

カテゴリー

ブログ内検索

BlogRingというものらしい

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別


08月 | 2020年09月 | 10月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -


ダチョウ倶楽部

2009/01/20(火) 19:18:43
530 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/01/19(月) 00:59:43.41 ID:4kyO/j0U0
寺門「クソっ!脱出装置が後一人分しかない!」
肥後「じゃあ俺が脱出するよ」
寺門「いいや!俺が脱出する!」
上島「卑怯だぞお前ら!助かるのは俺だ!」
寺門・肥後「どうぞどうぞ」
上島「お、お前ら・・・」



関連記事
スポンサーサイト



ネタTB:0CM:11
<< グーグル怖えーよホーム全記事一覧思い出せ >>

コメント

上島「お前ら、先にスイッチ押すなよ、絶対に押すなよ!」
#-|2009/01/20(火) 19:28 [ 編集 ]

ダチョウさん・・・
  #-|2009/01/20(火) 19:30 [ 編集 ]

( ;∀;)イイハナシダナー
#-|2009/01/20(火) 19:32 [ 編集 ]

これはむしろ「泣ける」
_ #-|2009/01/20(火) 20:05 [ 編集 ]

いい話すぎるぞ
#-|2009/01/20(火) 20:58 [ 編集 ]

ユリア「なんてことなの!扉が故障してるわ!
    これじゃ、外から押さえないと閉じない!」
ケン「よし、俺が外に出て閉じる!」
ユリア「いいえ、私が!」
トキ「ならば私が」
ケン・ユリア「どうぞどうぞ」

20XX年、世界は核の炎に包まれた!!!
名無しさん@お腹いっぱい。 #-|2009/01/20(火) 21:01 [ 編集 ]

↑ちょwww
#-|2009/01/20(火) 21:04 [ 編集 ]

ダチョウ倶楽部は、ピンの仕事のギャラも三等分するぐらい仲がいいって聞いた。
#-|2009/01/20(火) 21:34 [ 編集 ]

でも寺門から創価の勧誘を受けて迷惑がってるんじゃないのか?
あ #-|2009/01/20(火) 23:30 [ 編集 ]

もう寺門が入ったダチョウが見れるのは1年のうち1度か2度の特番くらい
#-|2009/01/23(金) 13:16 [ 編集 ]

(営業先のホテルにて)
肥後「さて!明日に備えてそろそろ寝るか!」
寺門「だな。じゃ、おやすみ」
竜ちゃん「おやすみ~」

肥・寺「…」
 竜 「…」
肥・寺「…」
 竜 「…おっ」
肥・寺「…?」
 竜 「おぅっ…おおおぅっ」
肥・寺「…どした竜ちゃん?具合悪いか?」
 竜 「おおおっ、おっ、おっおっ、おおっ、おおおおおおーっ!!」
肥・寺「りゅ、竜ちゃん!?しっかりしろ竜ちゃぁーん!!」

 竜 「…ふう」
肥・寺「オナニーかよ!」
 竜 「(ぷしっ)…んぐっ、んぐっ、んぐ…ぷっはー…」
肥・寺「缶ビール飲んでんじゃねーよ!」
 竜 「…」
肥・寺「窓から夜景眺めて『一仕事やり終えた男の充実感』漂わせんなよ!つーか寝ろよ!おれら寝れねーだろ!!」

-と、いうことがあったと、本人前にしてテレビで肥後、寺門が愚痴ってた。
#-|2009/01/23(金) 20:03 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mousouteki.blog53.fc2.com/tb.php/8029-b752855b

カープ

興味しんしん

妄想的リンク

ブログ開始から何日経った?

読みたい

Copyright(C) 2006 続・妄想的日常 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.