FC2ブログ
続・妄想的日常
おかえり。 

妄想的ダンサーズ

dancing2.gif

妄想的ヘッドライン

プロフィール

妄想

Author:妄想
面白いスレッドなどありましたら教えて下さいまし。相互リンクもこちらから。

mixi始メマスタ
マイミク募集中(`A')キャァァァァァ


調子に乗って「続・妄想的日常☆別館」
始メマスタ


またまた調子に乗って「妄想さんの拾い物」始メマスタ

フィードメーター - 続・妄想的日常


ブログパーツ




※のNGワードを http:// にしておりますよ♪


更新情報と愚にもつかないつぶやきはこちら




セリーグ順位表

プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表

最近の記事

最近のコメント

妄想的人気記事

カテゴリー

ブログ内検索

BlogRingというものらしい

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別


08月 | 2020年09月 | 10月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -


石に願いを

2008/11/25(火) 17:06:34
292 名前:大人になった名無しさん[sage] 投稿日:2008/11/24(月) 21:05:32
小学1年のころの思い出です。
学校から帰るとき、いつも一緒にいる女子がいた。家が近くて、
待ち合わせしていたわけじゃないけど、なんとなく毎日手をつないだりおしゃべりしたりして
ふたり並んで下校してた。
冬になったばかりのころ、その年初めての雪が降ったある日、
彼女が帰り道の途中にあった月極駐車場(石ころだらけの)に突然入りこみ、
石ころをひとつ、宙に放り投げた。幼い僕は不思議に思って、
「どうしたの?」と尋ねた。すると、彼女はいつも通りの笑顔でこう言った。

293 名前:大人になった名無しさん[sage] 投稿日:2008/11/24(月) 21:06:27
「あのね、うちのお父さん、病気なの。だから、ここの石さんにお願いしてるの。
 お父さんの病気が治りますように、って。この石を投げて、落ちてくるまでに
 お願い事が言えたら、願いは叶うんだよ。これ、○○君にだけ教えてあげる。
 絶対秘密だよ。」
僕は何も言えなかった。僕は、とりあえず一緒にひとつお願いごとをしてその日は家に帰った。
その晩、僕は寝付くことができなかった。
僕は彼女の親父さんの病名を知っていた。
「悪性リンパ腫」たしかそんな名前だった。
年が変わる頃、僕の願い事は叶った。怪我で入院していた祖母が
帰ってきたのだ。嬉しかったのに、どうしてか寂しかった。
新学期、学校にいつも一緒だった彼女の姿はなかった。

「あの子のお父さん、急に容体が悪くなって、昨日入院したのよ。」
母からその話を聞いたとき、僕の足はあの駐車場に向かっていた。
1つ。2つ。3つ。いくつもいくつも石を投げ、何度も何度もお願いした。
僕は知っていた。いつかこんな日が来ることを。
ただ、こんな日はあともうちょっと後のことだと思っていた。

294 名前:大人になった名無しさん[sage] 投稿日:2008/11/24(月) 21:07:16
始業から一週間後、彼女は学校へやってきた。
「おはよう。あのさ、お願い、・・・」
その後は聞けなかった。
「大丈夫!」笑顔で答えた彼女の眼は真っ赤だった。
僕の願いが叶った時、彼女の願いは叶えられなかった。
僕は自分を責めた。僕は彼女の願いを横取りしてしまったのだ、そんな風に
考えるようになっていた。
ふたりで毎日歩いたあの道を、いつしかひとりで歩いていた。
それから数日後、彼女が引っ越してしまうということを聞かされた。

そして僕の足はまたあの駐車場に向かっていた。
そこの石の中で、一番丸くて、一番白くて、一番すべすべな石を、
日曜日の朝から五時の鐘が鳴るまで探し続けた。
次の日、僕は初めて学校を遅刻した。

295 名前:大人になった名無しさん[sage] 投稿日:2008/11/24(月) 21:07:54
引っ越し業者のトラックはすでにやってきていた。
「どしたの○○君。今日は学校でしょ。」
「これあげる。」
昨日一日で見つけた石の中で、最高の石だった。
「ごめんね。」
彼女が泣いた。大声をあげて泣いた。初めて見た彼女の涙だった。
僕の着ていたトレーナーが彼女の涙と鼻水でグシャグシャになった。
「僕のこと、忘れないでね。」
「ありがとう。ありがとう・・・」
彼女の唇は、涙の味がした。
母親に促され、彼女は泣きながらトラックに乗り込んだ。
トラックの窓越しにまだ泣いている彼女に、僕は笑ってほしかった。
結局、僕が見た彼女の最後の笑顔は、真っ赤な眼をしたあのときの笑顔だった。
僕はあれから、できるだけ笑顔で生きようと思った。
いつか彼女と再開するとき、笑顔で会えるように。
今、彼女は笑っているだろうか。
あの石には、そうであるよう願いをこめてある。

長々と読んでくださり、
ありがとうございました。


関連記事
スポンサーサイト



泣けるTB:0CM:36
<< 職安行こうと街まで出掛けたら ホーム全記事一覧2ちゃん恐るべし >>

コメント

どこを縦読みすれば良いですか(´;ω;`)
#-|2008/11/25(火) 17:09 [ 編集 ]

ラノベとエロゲの見すぎには注意しましょう
#-|2008/11/25(火) 17:20 [ 編集 ]

オチを期待した俺くたばれ(´;ω;`)
#-|2008/11/25(火) 17:21 [ 編集 ]

節子、それドロップやない
#-|2008/11/25(火) 17:22 [ 編集 ]

お兄ちゃん、それ節子ちゃうで
#-|2008/11/25(火) 17:56 [ 編集 ]

ネタだったとしたら出来の悪いラノベ止まりですね。
ガッカリしたわ正直。
いつオチが来るか期待してたのに・・・
よく俺も我慢して最後まで読んだもんだ。
カッコいい自分に酔ってんじゃねえよ。
ナルシストなのが文章から伝わってくるわ。
エバラ焼肉のたれでも飲んで寝てろ。
#-|2008/11/25(火) 18:53 [ 編集 ]

引越しのトラックで行っちゃうのって
現実にあるの?
#-|2008/11/25(火) 19:03 [ 編集 ]

※ただしイケメンに限る
_ #-|2008/11/25(火) 19:09 [ 編集 ]

>>7
それ思うわ
実際は近場で自分達だけで引っ越しした場合にしか起きない現象だわな
普通はトラック運ちゃんと助手(?)だよな
あれは何で派生したもんなんだ?
#NkOZRVVI|2008/11/25(火) 19:10 [ 編集 ]

※6
誰もおまえに読んでくれとは頼んでない
何キレてんだ気持ち悪い
#-|2008/11/25(火) 19:13 [ 編集 ]

こら、駐車場で石投げたら車に当たってまうでねか!!!
#-|2008/11/25(火) 19:15 [ 編集 ]

※10
志村、縦、縦ー!
#-|2008/11/25(火) 19:16 [ 編集 ]

米7
するどいねえ。
最近は家族数名が乗れる仕様のトラックあるが、昔はそんなんないもんね。
#-|2008/11/25(火) 19:18 [ 編集 ]

おっさんの俺がご説明しましょう。
引越し屋さんのサービスには、車を持っていない貧乏人のために、引越しを頼むと、当日、トラックとドライバーさん一人がやってきて、その人と一緒に荷物を積み込み(荷造りは前の晩に己でやっておく)を行い、トラックで引越し先まで行って荷物をおろしてバイチャバイチャ。あとは自分で荷解き。っていうのがあったのです。

今は車を持っていない若い一人暮らし用のサービスで、こういう母と娘の二人だと利用しないと思うけど。
#-|2008/11/25(火) 19:24 [ 編集 ]

ていうか西原に反応したのは俺だけか
#-|2008/11/25(火) 19:45 [ 編集 ]

俺も俺も
  #-|2008/11/25(火) 19:49 [ 編集 ]

あ?オチは?
#-|2008/11/25(火) 21:45 [ 編集 ]

キスしちゃうとこがなんか嫌だな
#-|2008/11/25(火) 21:51 [ 編集 ]

安っぽい携帯小説レベル
#-|2008/11/25(火) 23:01 [ 編集 ]

その彼女とソープで再会したとかいうオチかと思ってた
#-|2008/11/25(火) 23:26 [ 編集 ]

キモッ…
#-|2008/11/25(火) 23:35 [ 編集 ]

一生懸命に感動的にしようとしてるのが良く分かりますが。
ちょっとキスをした描写がないまま
唇の味。とか書いちゃってるので、すこしわかりづらい部分があるかと思います。
富士見ファンタジア文庫の締め切りまで頑張ってください。
#-|2008/11/25(火) 23:57 [ 編集 ]

ここはリテラシーのある米欄ですね!
#-|2008/11/26(水) 00:18 [ 編集 ]

キスしちゃうところでキモヲタ臭が漂うなあ
そこは普通に別れるべきだろ
一気に安っぽい話になった
VIPPERな名無しさん #-|2008/11/26(水) 04:14 [ 編集 ]

なんで素直に和む話だなって思えない人がこんなにいんのか不思議
妬みカコワルイ
#-|2008/11/26(水) 04:40 [ 編集 ]

ええ話しやけど小学一年、二年でそこまで気持くみ取った会話できるんやろか・・・・・
#-|2008/11/26(水) 11:24 [ 編集 ]

↑↑
妬みとかじゃなくて素直な気持ちでネタくささとか文章表現にゲンナリさせられているのですが、
そういう人は書き込んじゃいけないんでしょうか
#-|2008/11/26(水) 11:28 [ 編集 ]

泣ける系の話は大抵素直に感動するんだが、なぜかこの話には白々しさが感じられるな
書いた奴が自分に酔ってるようでいやだ
#YKQj1YRs|2008/11/26(水) 11:30 [ 編集 ]

上に同じ
#-|2008/11/26(水) 12:38 [ 編集 ]

つい最後の1行に「全部うそ」って読んでしまった。
母さん、おれ2ch脳になっちゃったよ・・・
#-|2008/11/26(水) 13:36 [ 編集 ]

最近、いい話を読んだのに
米欄を読んでしまったがために
ぶち壊しになることが多い

素直じゃない奴、心歪んでる奴死ね
#-|2008/11/26(水) 15:53 [ 編集 ]

※を批判するやつってなんなんだろう
小説に悪い評価を付けるのっていけないことなの?
#-|2008/11/26(水) 16:40 [ 編集 ]

↑↑
ん?恋空のレビューがこんなところに書き込まれてるぞ?
#-|2008/11/27(木) 01:08 [ 編集 ]

この文章を読んでイラッとこない奴は、普段どんだけ安っぽい話を読んでるんだろう。
無理矢理感動的にしようとし、完全に自分の文章に酔った超ナルシストな酷い文だぞこれ。
100人中90人は途中から気持ち悪くて読めなくなるな。本気で気持ち悪いもの。
「僕は自分を責めた」とかどんだけ早熟な小一だよ。脚色が酷すぎる。
#-|2008/11/27(木) 22:54 [ 編集 ]

キスは余計かもとか一瞬過ぎったけど、感動した
俺、単純ならそれでいいや
#-|2008/11/29(土) 22:14 [ 編集 ]

ぼくんちからのパクリがあるな
#-|2008/11/30(日) 12:45 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mousouteki.blog53.fc2.com/tb.php/7674-9b9ee8c0

カープ

興味しんしん

妄想的リンク

ブログ開始から何日経った?

読みたい

Copyright(C) 2006 続・妄想的日常 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.