FC2ブログ
続・妄想的日常
おかえり。 

妄想的ダンサーズ

dancing2.gif

妄想的ヘッドライン

プロフィール

妄想

Author:妄想
面白いスレッドなどありましたら教えて下さいまし。相互リンクもこちらから。

mixi始メマスタ
マイミク募集中(`A')キャァァァァァ


調子に乗って「続・妄想的日常☆別館」
始メマスタ


またまた調子に乗って「妄想さんの拾い物」始メマスタ

フィードメーター - 続・妄想的日常


ブログパーツ




※のNGワードを http:// にしておりますよ♪


更新情報と愚にもつかないつぶやきはこちら




セリーグ順位表

プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表

最近の記事

最近のコメント

妄想的人気記事

カテゴリー

ブログ内検索

BlogRingというものらしい

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別


10月 | 2019年11月 | 12月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


レンジャー

2008/10/24(金) 18:48:55
92 名前:おさかなくわえた名無しさん[] 投稿日:2008/10/23(木) 21:05:18 ID:tdGYk+wW
ちょっとオカルト要素が入るが自分にとって衝撃的だったこと
当時は陸自の自衛官で、レンジャー訓練を無事乗り越え晴れて
レンジャーバッジもらったばかりの身
それで同じ訓練を乗り越えた仲間皆で外泊許可を得て打ち上げを実施したんだが、その帰りのこと
皆で雑談しつつ歩いていると、どこからかカーンカーンと何かを叩く乾いた音がした
気にせず足を進めると音が更に大きくなり、皆が何だ何だと不審に思い始める
さらに進めるとどうやら50m先の神社の森の中が発信地であると推測できた
時刻は午前二時ちょっと過ぎた頃。音はまだ聞こえる。この時点で皆音の正体が何か
大体の予想はついていた

95 名前:おさかなくわえた名無しさん[sage] 投稿日:2008/10/23(木) 21:31:53 ID:tdGYk+wW
「これってもしかしてあれか?」
「あぁ、そうみたいだ。今でもあるんだな…」
「ちょっと覗いてみるか?」一同「おぉ、面白そう」
てな感じで、酔いも手伝いそう相成った
訓練通り静かに森に潜入し藪に隠れて観察すると、テレビで見るような
丑の刻参り姿の人間がいた
神社の街灯の光が微かに全身を照らしており、よく見ると鬼みたいな形相の
50代位のおばさんだった
固唾を飲んで見ていると自分らが隠れてる藪から急に猫が飛び出していった
そのことで自分らの存在がおばさんに気付かれたらしく、金切声を挙げ鬼の形相で
こちらに突進してきた

98 名前:おさかなくわえた名無しさん[] 投稿日:2008/10/23(木) 22:01:33 ID:tdGYk+wW
おばさんの行動に皆一瞬後退りしたが、酔いなのかレンジャーの意地(苦笑)なのか
誰が言ったか「突撃!」の声で皆「レンジャー!」とかいいながら藪から飛び出し
おばさんに向かって突撃した
こちらは野郎ばかり10数人。驚いたのかおばさん、逆に逃げようとして転びその場で動かなくなった
皆で囲んで誰可しても反応がない。枝で突っ突いても反応なし。気絶してた
とりあえず救急車と警察読んで後は彼らに任せた
おばさんは頭を打っただけで特に以上なし。警察の話によると奇行で有名な人らしい。
大したお咎めはなかったし、呪いみたいなのもかけられてない。
ちなみに藁人形に打ち付けてあった写真は何故かエリザベス女王だった。
以上、報告終り





関連記事
スポンサーサイト



体験談TB:0CM:33
<< 面倒くさいホーム全記事一覧こんな年寄り夫婦になりたい >>

コメント

エリザベス女王逃げてw
#-|2008/10/24(金) 18:57 [ 編集 ]

エリザベス女王によほどの恨みがあるんだな・・
#-|2008/10/24(金) 18:58 [ 編集 ]

髪の毛とかないと意味ないんじゃなかったか?
#-|2008/10/24(金) 19:13 [ 編集 ]

大英帝国より、彼らに「ナイト」の称号が送られることが決まりました

これから>92は、サー>92と呼ばれます
  #X.Av9vec|2008/10/24(金) 19:14 [ 編集 ]

まってくれ。
この話にオカルト要素はないだろ。
#-|2008/10/24(金) 19:32 [ 編集 ]

突撃! レンジャー!w
日本の防衛は大丈夫そうだなw
  #-|2008/10/24(金) 19:55 [ 編集 ]

競馬で負けたんじゃね?
#-|2008/10/24(金) 20:26 [ 編集 ]

エリザベス女王杯wwww
#-|2008/10/24(金) 20:42 [ 編集 ]

「突撃」のあとは「ラジャー」と叫んで欲しかったな。
#-|2008/10/24(金) 20:47 [ 編集 ]

↑いや、レンジャー部隊だから「レンジャー!」で正しい。
#-|2008/10/24(金) 20:50 [ 編集 ]

守秘義務違反ですね
わかります
VIPPERな名無しさん #-|2008/10/24(金) 21:12 [ 編集 ]


プライベートだからおkじゃね?
#-|2008/10/24(金) 21:16 [ 編集 ]

映画「野生の証明」の高倉健を思い出したw
#-|2008/10/24(金) 21:19 [ 編集 ]

このおばさんのせいで我が愛しのエリザベスは死んだのか……!
#-|2008/10/24(金) 21:32 [ 編集 ]

守秘義務違反は、業務上知りえた情報を他に漏らしちゃ駄目よん。
っていうのだから、これ、自衛隊の仕事で知ったわけじゃないので問題なし。

で、レンジャー訓練、俺の友達はなんとか乗り切ったけど、同僚が途中で帰らされた。
根を上げて帰ったんじゃなくて、本人は泣きながら「やらせてください!」って頼んだんだけど、なんか体力だか体重だかがメリメリ減っていくのがわかったので上司も泣く泣く戻したって。
レンジャーバッジって、陸自の中ではそういう名誉なものなんだろうか?
#-|2008/10/24(金) 21:48 [ 編集 ]

エリザベス女王、60億くらい損失だしてたよね・・・
#-|2008/10/24(金) 22:05 [ 編集 ]

キチガイ恐え~
#-|2008/10/24(金) 22:15 [ 編集 ]

そういう決まり?なのだろうが
枝で突っ突いたのに吹いた。
#-|2008/10/24(金) 22:53 [ 編集 ]

これで正気に戻ってくれればめでたい
VIPPERな名無しさん #-|2008/10/24(金) 23:17 [ 編集 ]

牛の刻参りは人に見られた場合は、その人を殺すか、もしくは愛さねばならない。
by地獄先生ぬーべー+あれ、なんだっけ、これ?
#-|2008/10/25(土) 00:22 [ 編集 ]

レンジャーすげーw
#-|2008/10/25(土) 00:49 [ 編集 ]

話に聞くレンジャー訓練は人類のレベルではとうてい無理
訓練を超えた者は人類を超えているのだッ
なおレンジャー達の掛け声が「レンジャー!」であるのは事実
#-|2008/10/25(土) 00:58 [ 編集 ]

レンジャーブラボー!丑の刻参りに勝てるなんて…ワロタw
#CrTuIVls|2008/10/25(土) 01:19 [ 編集 ]

レンジャーは食事のときも駆け足のときも掛け声は「レンジャー!」だから
最初はビックリしたよw
ちなみにアクセントは
レン↓ジャー↑
なw
#-|2008/10/25(土) 06:50 [ 編集 ]

ちょwww
レン↑ジャー↓ぢゃないんだ・・・
#-|2008/10/25(土) 08:08 [ 編集 ]

すごいオチだな
#-|2008/10/25(土) 09:26 [ 編集 ]

どのみち宗教違うから効かんのじゃね?
#-|2008/10/25(土) 10:24 [ 編集 ]

このおばちゃんダイアナ妃じゃね?
#-|2008/10/25(土) 12:40 [ 編集 ]

本当にレンジャー部隊は掛け声が「レンジャー」だったのか
  #-|2008/10/25(土) 17:20 [ 編集 ]

レンジャーの返事は「よっしゃぁ!」じゃなくて「よっしゃあ!」なのか

発音的に
#-|2008/10/25(土) 18:42 [ 編集 ]

「守秘義務違反」とか喚いてる奴は、可哀相に...
  #-|2008/10/25(土) 19:35 [ 編集 ]

※31
なるほど
わかりやすい
#-|2008/10/25(土) 19:45 [ 編集 ]

あれだよ
牛のコクま炒りって秘密原酒でしなきゃだろ?
その守秘義務違反し茶ってるじゃな烏賊
ほっとい鱈ええのをさ
#-|2008/10/25(土) 23:01 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mousouteki.blog53.fc2.com/tb.php/7438-0a983b30

カープ

妄想的リンク

ブログ開始から何日経った?

興味しんしん

読みたい

Copyright(C) 2006 続・妄想的日常 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.