FC2ブログ
続・妄想的日常
おかえり。 

妄想的ダンサーズ

dancing2.gif

妄想的ヘッドライン

プロフィール

妄想

Author:妄想
面白いスレッドなどありましたら教えて下さいまし。相互リンクもこちらから。

mixi始メマスタ
マイミク募集中(`A')キャァァァァァ


調子に乗って「続・妄想的日常☆別館」
始メマスタ


またまた調子に乗って「妄想さんの拾い物」始メマスタ

フィードメーター - 続・妄想的日常


ブログパーツ




※のNGワードを http:// にしておりますよ♪


更新情報と愚にもつかないつぶやきはこちら




セリーグ順位表

プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表

最近の記事

最近のコメント

妄想的人気記事

カテゴリー

ブログ内検索

BlogRingというものらしい

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別


10月 | 2019年11月 | 12月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


おばあちゃん2

2008/07/09(水) 17:54:15
28 名前:おさかなくわえた名無しさん[sage] 投稿日:2008/07/09(水) 03:07:09 ID:ZkPFs2IP
小学生の時、家族で母の実家に帰省した時の話。
家族みんなで、甘い物が大好きなおばあちゃんの為にミスタードーナツを買って持っていった。
初めてミスドのドーナツを食べたおばあちゃんはとても感激した様子だった。
しばらくして、みんなで墓参りに行く事に。ド田舎なので鍵はかけずに玄関のドアは開けっ放し。
一時間くらいして帰って来て居間に上がると、机の上のドーナツが何者かによって
食い散らかされていた。
「泥棒!?」そう思った瞬間、庭でドーナツをくわえながらウロウロする野良猫発見。
その瞬間、おばあちゃんが突然ダッシュ。
腰が悪いので身体をくの字に曲げたまま、ドーナツ泥棒をものすごい速さで追いかける
おばあちゃんを見た。
みんなビックリ。慌てておばあちゃんを追っかけると、数十メートル先の畑の中で
ひっくり返っているおばあちゃんを発見。そのまま病院に運ばれた。
普段温厚なおばあちゃんが鬼の形相でくの字で走る姿はしばらくトラウマになるくらい衝撃的だった。


関連記事
スポンサーサイト



体験談TB:0CM:13
<< おばあちゃん1ホーム全記事一覧バカゆとりが! >>

コメント

おばあちゃんそんなに悔しかったか…
あ #-|2008/07/09(水) 17:56 [ 編集 ]

妄想は本当ぬこ好きだよな。

あ、違うか
#-|2008/07/09(水) 18:12 [ 編集 ]

走るおばあちゃんを梅図かずお画で脳内補完……ガクブル
#-|2008/07/09(水) 19:30 [ 編集 ]

ばあちゃんwwwwww
#-|2008/07/09(水) 19:47 [ 編集 ]

走るおばあちゃんを漫☆画太郎画で脳内補完……ガクブル
#-|2008/07/09(水) 19:48 [ 編集 ]

↑「むぁぁぁてぇぇええ!!!」

((((;゜Д゜))))
#-|2008/07/09(水) 20:09 [ 編集 ]

猫は命の危険を感じただろうよ
猫「ひぃぃぃばばあが追ってくる!」
#sSHoJftA|2008/07/09(水) 20:36 [ 編集 ]

後のダッシュババァである
  #-|2008/07/09(水) 21:18 [ 編集 ]

取り返して食べるのかと思った…
#-|2008/07/09(水) 23:12 [ 編集 ]

猫を?
#-|2008/07/09(水) 23:20 [ 編集 ]

日記とかだと下から順番に四でくんだけど、

ばあちゃん1
ばあちゃん2

ってことは、上から順番に読むんでいけってことなのね…
#1jhbtX.k|2008/07/10(木) 07:41 [ 編集 ]

わらた
#-|2008/07/10(木) 23:37 [ 編集 ]

猫ってドーナツ食うのか?
  #-|2008/07/11(金) 02:32 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mousouteki.blog53.fc2.com/tb.php/6676-fb67dc07

カープ

妄想的リンク

ブログ開始から何日経った?

興味しんしん

読みたい

Copyright(C) 2006 続・妄想的日常 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.