FC2ブログ
続・妄想的日常
おかえり。 

妄想的ダンサーズ

dancing2.gif

妄想的ヘッドライン

プロフィール

妄想

Author:妄想
面白いスレッドなどありましたら教えて下さいまし。相互リンクもこちらから。

mixi始メマスタ
マイミク募集中(`A')キャァァァァァ


調子に乗って「続・妄想的日常☆別館」
始メマスタ


またまた調子に乗って「妄想さんの拾い物」始メマスタ

フィードメーター - 続・妄想的日常


ブログパーツ




※のNGワードを http:// にしておりますよ♪


更新情報と愚にもつかないつぶやきはこちら




セリーグ順位表

プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表

最近の記事

最近のコメント

妄想的人気記事

カテゴリー

ブログ内検索

BlogRingというものらしい

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別


07月 | 2019年08月 | 09月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31


プレイを見られた

2008/07/04(金) 17:23:31
411 名前:陽気な名無しさん :2008/07/02(水) 14:50:54 ID:XJJfnlGZO
わたすなんて、八丈島で怖い体験したわ!
地元の青年に森の中でパコパコ掘られてる最中に、お坊さん達の幽霊に囲まれたの。
あまりに怖い時って本当に足がガクガクするのね。
尻穴にコンドームが入ったままタチと一緒に一目散に逃げたわ!
今考えると、怖いというより恥ずかしいわね・・・
アタシ達のプレイを見て何を思ったのかしら
ってかそもそも幽霊って感情があるのかしら?




関連記事
スポンサーサイト
体験談TB:0CM:17
<< 自転車で行こうホーム全記事一覧もっさもさ >>

コメント

僧衣でぐぐるなよ
ゼッタイにだぞ
  #-|2008/07/04(金) 18:13 [ 編集 ]

昔の坊主って男色多かったんだろ?つまり…
#-|2008/07/04(金) 18:44 [ 編集 ]

つうかアッーかよ
あ #-|2008/07/04(金) 18:49 [ 編集 ]

タチとネコ。調べるなよ?w
#-|2008/07/04(金) 18:54 [ 編集 ]

同好の生身が何年ぶりに…
#-|2008/07/04(金) 18:56 [ 編集 ]

まあ特に感情は無いらしいから気にせんでよろしかろ?
#-|2008/07/04(金) 20:17 [ 編集 ]

米1
僧衣がダメっつうから
そぉい!で画像ググって吹いた
kskする名無し! #-|2008/07/04(金) 22:05 [ 編集 ]

感情も肉体も無いなら何があるんだよw
残像か?
名無しさん #-|2008/07/04(金) 22:52 [ 編集 ]

どこからつっこんでいいか分からない、ホモだけに
#-|2008/07/05(土) 00:25 [ 編集 ]

昔の坊様は衆道が多かったから・・・
#-|2008/07/05(土) 01:23 [ 編集 ]

もうちょっと頑張れば乱交パーティできたのにな
VIPPERな名無しさん #-|2008/07/05(土) 09:34 [ 編集 ]

米9
ホモだからどこからツッコんでいいか分かるんだろ
  #-|2008/07/05(土) 16:07 [ 編集 ]

うらやましかったんだろうね
寺の病と書いて痔だから
#-|2008/07/05(土) 17:48 [ 編集 ]

寺の病と書いて痔!!!!!
#-|2008/07/05(土) 19:00 [ 編集 ]

!!!!!
名無しさん@お腹いっぱい。 #-|2008/07/06(日) 06:00 [ 編集 ]

!!!!!!!!
#-|2008/07/07(月) 07:57 [ 編集 ]

よいではないかよいではないか
detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1313647323
#-|2008/07/07(月) 12:34 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mousouteki.blog53.fc2.com/tb.php/6630-a3c1b085

カープ

妄想的リンク

ブログ開始から何日経った?

興味しんしん

読みたい

Copyright(C) 2006 続・妄想的日常 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.