FC2ブログ
続・妄想的日常
おかえり。 

妄想的ダンサーズ

dancing2.gif

妄想的ヘッドライン

プロフィール

妄想

Author:妄想
面白いスレッドなどありましたら教えて下さいまし。相互リンクもこちらから。

mixi始メマスタ
マイミク募集中(`A')キャァァァァァ


調子に乗って「続・妄想的日常☆別館」
始メマスタ


またまた調子に乗って「妄想さんの拾い物」始メマスタ

フィードメーター - 続・妄想的日常


ブログパーツ




※のNGワードを http:// にしておりますよ♪


更新情報と愚にもつかないつぶやきはこちら




セリーグ順位表

プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表

最近の記事

最近のコメント

妄想的人気記事

カテゴリー

ブログ内検索

BlogRingというものらしい

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別


10月 | 2019年11月 | 12月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


訓練

2007/12/28(金) 17:18:07
448 名前: おさかなくわえた名無しさん 投稿日: 2007/12/28(金) 00:19:47 ID:BJ+CwSQl
俺が一人暮らしをはじめてしばらくして、俺が部屋に帰ってきたら
中に親父が潜んでいて、モデルガンの台尻でぶん殴ってそれを向けて「手を上げろ!!」と言い
俺が本物と思いガクガク(((( ;゚Д゚))))ブルブルとなって、その後
「本物の泥棒だったら、今ごろとっくにあの世だぞ!」と指導されたことだな。

考えてみると父は自衛隊でもないくせに演習好きということを忘れてた。
部屋に手榴弾が投げ込まれた時の訓練もやったし、自動車の衝突実験もやって
マジで死ぬかと思ったこともある。


関連記事
スポンサーサイト



体験談TB:0CM:18
<< 奇跡ホーム全記事一覧説明しよう! >>

コメント

備えあれば…
あ #-|2007/12/28(金) 17:34 [ 編集 ]

うれしいな
#-|2007/12/28(金) 17:47 [ 編集 ]

石橋を叩いて・・・
#-|2007/12/28(金) 17:56 [ 編集 ]

タイツでダイブ
#-|2007/12/28(金) 18:02 [ 編集 ]

何このテンポの良さw
#-|2007/12/28(金) 18:25 [ 編集 ]

人間万事・・・
   #-|2007/12/28(金) 18:29 [ 編集 ]

サイモンのおまけ
#-|2007/12/28(金) 18:31 [ 編集 ]

素人がやると逆に危険だろ。
#0OEnm3CY|2007/12/28(金) 20:02 [ 編集 ]

>自動車の衝突 実 験 もやって
>マジで死ぬかと思ったこともある。

…これはツッコミどころ?
#-|2007/12/28(金) 20:50 [ 編集 ]

泥棒はめったに鍵で入ってこないよ
VIPPERな名無しさん #-|2007/12/28(金) 23:48 [ 編集 ]

↑いや、親父が泥棒役なんだろ
#-|2007/12/29(土) 00:07 [ 編集 ]

なんかARMSを思い出したよ
#ehuBx04E|2007/12/29(土) 01:39 [ 編集 ]

泥棒が入らないように備えるのが一番なんじゃないだろうか?
あと、家に帰ってきて、中に泥棒がいると感じたら、入っちゃ駄目って聞いた。ほんとか?
#-|2007/12/29(土) 02:01 [ 編集 ]

こいつジャバウォック持ちだろw
#-|2007/12/29(土) 08:45 [ 編集 ]

俺もARMS思い出したw
#-|2007/12/29(土) 12:37 [ 編集 ]

やっぱりARMSか。
#-|2007/12/30(日) 12:42 [ 編集 ]

ARMSより直球だなwww
#-|2007/12/31(月) 00:39 [ 編集 ]

どんな備えだよwww
    #mQop/nM.|2009/05/03(日) 10:49 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mousouteki.blog53.fc2.com/tb.php/5299-61ad8111

カープ

妄想的リンク

ブログ開始から何日経った?

興味しんしん

読みたい

Copyright(C) 2006 続・妄想的日常 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.