FC2ブログ
続・妄想的日常
おかえり。 

妄想的ダンサーズ

dancing2.gif

妄想的ヘッドライン

プロフィール

妄想

Author:妄想
面白いスレッドなどありましたら教えて下さいまし。相互リンクもこちらから。

mixi始メマスタ
マイミク募集中(`A')キャァァァァァ


調子に乗って「続・妄想的日常☆別館」
始メマスタ


またまた調子に乗って「妄想さんの拾い物」始メマスタ

フィードメーター - 続・妄想的日常


ブログパーツ




※のNGワードを http:// にしておりますよ♪


更新情報と愚にもつかないつぶやきはこちら




セリーグ順位表

プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表

最近の記事

最近のコメント

妄想的人気記事

カテゴリー

ブログ内検索

BlogRingというものらしい

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別


09月 | 2019年10月 | 11月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


苦情

2007/12/26(水) 18:18:41
14 名前:ツール・ド・名無しさん[age] 投稿日:2007/12/24(月) 22:47:06 ID:???
ttp://skmwin.net/archives/imgs/2007122401.jpg

2007122401.jpg
関連記事
スポンサーサイト



画像TB:0CM:17
<< ウイングホーム全記事一覧翼が欲しい >>

コメント

深液
#-|2007/12/26(水) 18:33 [ 編集 ]

統失か?
#-|2007/12/26(水) 18:47 [ 編集 ]

こっちも負けじと喘ぎ返せ
な #-|2007/12/26(水) 19:13 [ 編集 ]

汚いドアだな
#-|2007/12/26(水) 19:21 [ 編集 ]

俺の迷惑!と正直に書いてくれれば応援したい
#-|2007/12/26(水) 19:22 [ 編集 ]

女の字だな
  #-|2007/12/26(水) 20:35 [ 編集 ]

ポストかこれ
家賃低そう
#-|2007/12/26(水) 20:37 [ 編集 ]

俺の字にそっくりだ・・・orz
#-|2007/12/26(水) 20:46 [ 編集 ]


まさかとは思いますが、この「俺の字」とは、あなたの想像上の存在にすぎないのではないでしょうか。
もしそうだとすれば、あなた自身が統合失調症であることにほぼ間違いないと思います。

あるいは、「俺の字」は実在して、しかしここに書かれているような字体には類似性が全くなく、すべてはあなたの妄想という可能性も読み取れます。
この場合も、あなた自身が統合失調症であることにほぼ間違いないということになります。

いや、それは全くの的外れかもしれませんが、可能性として指摘させていただきました。
#-|2007/12/26(水) 20:50 [ 編集 ]

「2時台」ってだけでじゅうぶんアバウトなのに「2時台ぐらいって」どれぐらいアバウトだよ
#F9oeI9X2|2007/12/26(水) 22:34 [ 編集 ]

米9 林先生ネタいいかげん飽きたわ あなたが思ってるほどおもしろくないですよ
#-|2007/12/27(木) 01:00 [ 編集 ]

そんくらいの時間に大音量でエロゲやってるって事じゃないの?
#-|2007/12/27(木) 03:02 [ 編集 ]

↑ ヘッドフォンをしろと言いたくなるねw
    #-|2007/12/27(木) 15:20 [ 編集 ]

ツール・ド・名無しって、チャリ板じゃねーか!
#-|2007/12/28(金) 12:54 [ 編集 ]

書いた奴・・何か馬鹿っぽいな
名無し #-|2008/01/04(金) 00:16 [ 編集 ]

ほんとに腹立つと感情的な文章しか書けないからな。
#-|2008/01/10(木) 01:18 [ 編集 ]

むしろ言われてみたい・・・orz
#-|2008/01/22(火) 03:39 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mousouteki.blog53.fc2.com/tb.php/5275-907da4d6

カープ

妄想的リンク

ブログ開始から何日経った?

興味しんしん

読みたい

Copyright(C) 2006 続・妄想的日常 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.