FC2ブログ
続・妄想的日常
おかえり。 

妄想的ダンサーズ

dancing2.gif

妄想的ヘッドライン

プロフィール

妄想

Author:妄想
面白いスレッドなどありましたら教えて下さいまし。相互リンクもこちらから。

mixi始メマスタ
マイミク募集中(`A')キャァァァァァ


調子に乗って「続・妄想的日常☆別館」
始メマスタ


またまた調子に乗って「妄想さんの拾い物」始メマスタ

フィードメーター - 続・妄想的日常


ブログパーツ




※のNGワードを http:// にしておりますよ♪


更新情報と愚にもつかないつぶやきはこちら




セリーグ順位表

プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表

最近の記事

最近のコメント

妄想的人気記事

カテゴリー

ブログ内検索

BlogRingというものらしい

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別


10月 | 2019年11月 | 12月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


コーヒー

2007/10/06(土) 19:07:15
62 名前:名無しさん@( ・∀・)つ旦~[] 投稿日:2005/06/14(火) 19:00:03 ID:yFWCV/tJ
高校受験のころ眠気覚ましに勉強中コーヒーをよく飲んでいた。
俺は志望校に受かった。けど、付き合っていた彼女は違う高校に行った。
同じところに行くもんだとばっかり思っていたが、
合格しそうになかったので安全圏を選んだのだそうだ。
すっごい反対したかったけど、その場はカッコつけて、
「ま、なんとか会える距離だし、かまへんよ。」って言った。不安だった。

お互い忙しい高校生活が始まった時、俺は別れ話を切り出した。
遠距離恋愛を続ける自信がゼロだったから。
長い付き合いの彼女は電話の向こうで怒りながら泣いていた。

半年後ぐらいに文化祭で会い、軽く話した。
向こうはうまくやっているとのこと。妙な罪悪感があった。
その日の夜、勉強中に久しぶりにコーヒーを飲んでみた。中3の頃を思い出した。

泣いた。 どうして泣いたのか自分でもよくわからなかった。


大学受かったら、また机で飲んでみよう。また泣くかな。



関連記事
スポンサーサイト



泣けるTB:0CM:14
<< イタリア人は凄いなホーム全記事一覧アンタのせいか! >>

コメント

ほろ苦い想い出だな
ryu #-|2007/10/06(土) 19:40 [ 編集 ]

コーヒーだけに
#-|2007/10/06(土) 20:14 [ 編集 ]

誰がうまいことを言えと

しかしこいつ、バカだな……若さゆえか……
#-|2007/10/06(土) 21:09 [ 編集 ]

若い男はうっとうしいだけ
  #-|2007/10/07(日) 00:24 [ 編集 ]

何の感傷も感じないな
#-|2007/10/07(日) 09:59 [ 編集 ]

文章が下手で何も伝わってこない
#-|2007/10/07(日) 13:55 [ 編集 ]

中二病は現在も進行中ってことね
#-|2007/10/07(日) 16:20 [ 編集 ]

遠距離恋愛に自信が無いんじゃなく
自分の求心力に自信が無いってお話。
名無しさん #-|2007/10/08(月) 03:36 [ 編集 ]

滑り止めに通っている俺に比べれば・・・

人間童貞が一番だね!
  #-|2007/10/08(月) 18:17 [ 編集 ]

米がいちいちもう放っといてやれやと言いたくなる
子供に子供だと言って自分らどんだけいい大人なのよ
名無しさん #-|2007/10/08(月) 22:04 [ 編集 ]

最後の「また机で」って、これがなんか引っかかるんだけど
名無しさん #/p8pQmeo|2007/10/09(火) 09:58 [ 編集 ]

↑コナン乙
#-|2007/10/09(火) 13:12 [ 編集 ]

↑ 金田一乙
#-|2007/10/09(火) 14:58 [ 編集 ]

もしかしてさ、浪人したのかな
#-|2007/10/16(火) 19:30 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mousouteki.blog53.fc2.com/tb.php/4587-5098d1ee

カープ

妄想的リンク

ブログ開始から何日経った?

興味しんしん

読みたい

Copyright(C) 2006 続・妄想的日常 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.