fc2ブログ
続・妄想的日常
おかえり。 

妄想的ダンサーズ

dancing2.gif

妄想的ヘッドライン

プロフィール

妄想

Author:妄想
面白いスレッドなどありましたら教えて下さいまし。相互リンクもこちらから。

mixi始メマスタ
マイミク募集中(`A')キャァァァァァ


調子に乗って「続・妄想的日常☆別館」
始メマスタ


またまた調子に乗って「妄想さんの拾い物」始メマスタ

フィードメーター - 続・妄想的日常


ブログパーツ




※のNGワードを http:// にしておりますよ♪


更新情報と愚にもつかないつぶやきはこちら




セリーグ順位表

プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表

最近の記事

最近のコメント

妄想的人気記事

カテゴリー

ブログ内検索

BlogRingというものらしい

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別


03月 | 2024年04月 | 05月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -


何処とは言わないけど

2024/02/24(土) 08:00:00
329 公共放送名無しさん sage 2024/02/17(土) 20:35:47.35 K78ikPE3
何処とは言わないけどコンビニのご飯作ってる所で働いてたけど新米ご飯は古米9新米1の割合で炊いてた

341 公共放送名無しさん sage 2024/02/17(土) 20:36:05.88 ATcTqfjC
>>.329
マジ!?

421 公共放送名無しさん sage 2024/02/17(土) 20:37:16.98 K78ikPE3
>>.341
糞マジ
ちなみに落ちたおかずも数が足りないとかあると普通にアルコールに漬けてから入れたりそのまま入れたり…

373 公共放送名無しさん 2024/02/17(土) 20:36:32.70 eLEcoZDR
>>.329
水分量少ないから古米の方が良かったりするね
寿司とかも



https://amzn.to/4bL4DqP
関連記事
スポンサーサイト



体験談TB:0CM:9
<< 後世に記録を残すホーム全記事一覧華奢 >>

コメント

ファミリーレストランで働いてたとき、店頭に「秋の新米!」と書いた幟を立てて古米を提供してたことを思い出した。
※会社からの業務命令です。
#-|2024/02/24(土) 08:44 [ 編集 ]

新米と古米では、
調理の際の水分量が変わってくる。
下手に新米オンリーにするとべちゃべちゃになったりする。
#-|2024/02/24(土) 09:14 [ 編集 ]

優良誤認になるからコンビニのベンダーはそんな危ない橋は渡らないとおも。
#-|2024/02/24(土) 10:20 [ 編集 ]

新米100%と謳ってなければセーフ
#-|2024/02/24(土) 10:54 [ 編集 ]

魚沼産コシヒカリなんかもそうよね
生産量の30倍流通してる
新米1割どころの話じゃない
#-|2024/02/24(土) 10:59 [ 編集 ]

新米と古米だと炊くときの水分量が違うし、年中安定供給することを考えたら
大量に炊くようなフランチャイズや弁当工場じゃ古米使うのが基本中の基本
そもそも新米をそこまでありがたがるのなんて今どき年寄りくらいでしょう
#-|2024/02/24(土) 11:04 [ 編集 ]

外食産業どこもそうだけど、国産米使用!
って書いてあったら国産米も混ぜたよ!って意味です
割と本当の話です
100%国産米!とか100%新米!じゃなければ嘘言ってないから
#-|2024/02/24(土) 19:22 [ 編集 ]

正直、外食の際に新米を有難がる意識は無いな
それよりも余程、ベチャ付いてたり糠臭かったりしてるケースをなんとかして欲しい
丼物屋でやられたら全部吐き出すレベルだわ
#-|2024/02/24(土) 19:38 [ 編集 ]

米の件は置いといて
衛生的に問題ないのに床に落としたというだけで廃棄する方が個人的にはよくないと思う
#-|2024/02/26(月) 12:48 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mousouteki.blog53.fc2.com/tb.php/45036-921580c3



妄想的リンク

ブログ開始から何日経った?

Copyright(C) 2006 続・妄想的日常 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.