fc2ブログ
続・妄想的日常
おかえり。 

妄想的ダンサーズ

dancing2.gif

妄想的ヘッドライン

プロフィール

妄想

Author:妄想
面白いスレッドなどありましたら教えて下さいまし。相互リンクもこちらから。

mixi始メマスタ
マイミク募集中(`A')キャァァァァァ


調子に乗って「続・妄想的日常☆別館」
始メマスタ


またまた調子に乗って「妄想さんの拾い物」始メマスタ

フィードメーター - 続・妄想的日常


ブログパーツ




※のNGワードを http:// にしておりますよ♪


更新情報と愚にもつかないつぶやきはこちら




セリーグ順位表

プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表

最近の記事

最近のコメント

妄想的人気記事

カテゴリー

ブログ内検索

BlogRingというものらしい

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別


01月 | 2024年02月 | 03月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -


5G

2023/10/28(土) 08:00:00
34 既にその名前は使われています 2023/10/20(金) 15:57:41.56 p4ZWyGLV
5G
https://i.imgur.com/43LsEVc.jpg
43LsEVc.jpg

42 既にその名前は使われています 2023/10/20(金) 19:24:39.69 sZx0YPmx
>>34
オレが子どもの頃も
オレに電波を飛ばすのは誰だーー!
って喚いているおじさんがいた

あれから40年経ってもキチガイの言うことはあまり変わらないと思うと
ちょっとほっこり

43 既にその名前は使われています sage 2023/10/20(金) 20:32:48.02 Fx9ScGJY
誰かが自分の悪口を言っている

ここが何時の時代も一緒なんだろうな




関連記事
スポンサーサイト



画像TB:0CM:10
<< 日本語に聞こえるホーム全記事一覧こういう注意はいいな >>

コメント

じゃあ何でコイツはネットをやっているんだろう?
#-|2023/10/28(土) 10:14 [ 編集 ]

一昔前は「悪魔のささやき」とか「神の啓示」
近代以降は「サブリミナル洗脳」や「電波による脳のコントロール」

結局は「自分の思考と判断が外部の干渉で支配される」という恐怖にその時代なりの説明が付けられてるだけだな
自分の狂気を認めるぐらいなら誰かの被害者だと考えるほうがマシだし、
なんなら「真実に気づいて邪悪に立ち向かう勇者」になれるから病人には人気の妄想となっております
#-|2023/10/28(土) 10:18 [ 編集 ]

そういやコロナワクチンをうつと
Wi-Fiにつながると言ってたが、
全然つながらんぞ。むしろ
docomoは繋がりにくくなったんだが。
#-|2023/10/28(土) 10:42 [ 編集 ]

定期的にアップデートしろよ
なぜ定期的に何度もワクチンを打つと思ってるんだ


#-|2023/10/28(土) 11:08 [ 編集 ]

脳の病気なんだろうけど、ただ気色悪いわ。
#-|2023/10/28(土) 12:39 [ 編集 ]

※1
毒電波を遮断する機器を使えばOKよ
オカルトグッズ屋のカモよ
#-|2023/10/28(土) 14:02 [ 編集 ]

アナログ時代、デジタルムーバ、3G、4G、5G...
陰謀論者も進化してるんだな
不思議とGPSや衛星電話に文句は言わないんだよな
774@本舗 #-|2023/10/28(土) 16:33 [ 編集 ]

なんで4Gまでは大丈夫なんだよ
#-|2023/10/28(土) 17:46 [ 編集 ]

そういえば3G(FOMAやCDMA)の時点で「警鐘」とやらを撒き散らかす奴がいたな
#-|2023/10/29(日) 02:57 [ 編集 ]

その時点時点で既存の技術はあって当たり前なので陰謀論の標的になりにくい。普及拡大中の技術が標的になりやすいだけで。
#-|2023/10/29(日) 08:22 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mousouteki.blog53.fc2.com/tb.php/44236-bf5f1014



妄想的リンク

ブログ開始から何日経った?

Copyright(C) 2006 続・妄想的日常 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.