fc2ブログ
続・妄想的日常
おかえり。 

妄想的ダンサーズ

dancing2.gif

妄想的ヘッドライン

プロフィール

妄想

Author:妄想
面白いスレッドなどありましたら教えて下さいまし。相互リンクもこちらから。

mixi始メマスタ
マイミク募集中(`A')キャァァァァァ


調子に乗って「続・妄想的日常☆別館」
始メマスタ


またまた調子に乗って「妄想さんの拾い物」始メマスタ

フィードメーター - 続・妄想的日常


ブログパーツ




※のNGワードを http:// にしておりますよ♪


更新情報と愚にもつかないつぶやきはこちら




セリーグ順位表

プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表

最近の記事

最近のコメント

妄想的人気記事

カテゴリー

ブログ内検索

BlogRingというものらしい

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別


01月 | 2024年02月 | 03月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -


杉村大蔵

2023/09/26(火) 08:00:00
485 それでも動く名無し 2023/09/25(月) 14:46:32.63 ID:i5qCnMhf0
>>444
杉村大蔵のローカル番組で
札ドの社長『札ドはコンサと共に』
の社長にアドバイスを求められた杉村大蔵
『3セクでうまく行った試しないんだからさっさと民間に売り払うか更地にして売れ』
札ド社長『🥲』





関連記事
スポンサーサイト



その他TB:0CM:10
<< これはwwwホーム全記事一覧友人の子供は小6の男の子にしては凄くガリガリ >>

コメント

札ド=あまりに酷い家賃をふっかけられた日ハムが見捨てた札幌ドームだよね
#-|2023/09/26(火) 08:13 [ 編集 ]

まぁ、こんなのは太蔵でなくても分かる。
一か所直すなら、選挙終わった直後にってつけるぐらいだ。
#-|2023/09/26(火) 08:30 [ 編集 ]

同じ北海道だが富良野市は観光でブレイクする前、民間バスを運行してた旭川の会社が撤退して3セクバス会社が出来て今では観光バスの新車を毎年何台も更新するほど儲かってて旭川のバス会社は相当悔しがってる
    #-|2023/09/26(火) 08:38 [ 編集 ]

智頭急行も三セク鉄道の中ではうまくいってる
まあ、こういうのは例外だろうが
#-|2023/09/26(火) 09:37 [ 編集 ]

まあ札幌ドームは自業自得の親方日の丸の見本みたいなもんだから
#-|2023/09/26(火) 09:54 [ 編集 ]

第三セクターで成功する所は企業が主導権もってるのよ
役所が主導権握ってると破綻する
#-|2023/09/26(火) 10:57 [ 編集 ]

※6
なるほどね。
予算を消化することばかり考える公務員と
利益を上げることばかり考える民間の差だな。
#-|2023/09/26(火) 11:25 [ 編集 ]

ホバー移動の天然芝やめればいいと思うよ
1回出し入れするだけで数千万かかるとか
野球で使わないその経費も利用料に含まれてて日ハムがブチ切れた一因
    #-|2023/09/26(火) 13:43 [ 編集 ]

使い道の無い不良物件に降って湧いた日ハム移転が存在意義を与えてくれたのにそれを行き場のない球団に居場所を与えてやったと解釈したドーム運営
救いの神を粗末に扱ったあげく見捨てられて吠え面をかく姿は当事者以外の多くの人々を笑顔にさせる現代のおとぎ話になった
恩知らず身の程知らず強欲愚か者の末路と物語の悪役として100点の大人気
とりわけ人々の失笑を誘ったのは新しく今より良い施設を作って移転しても十分に成り立つ程に絞り上げていたという事実が証明されつつあると言うこと
#-|2023/09/27(水) 10:03 [ 編集 ]

智頭急行と北越急行は
「高速運転できる曲がりくねってない新しい線路」で運営してるから、
国鉄のお古の第三セクターとは別格。
#-|2023/09/27(水) 18:55 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mousouteki.blog53.fc2.com/tb.php/44003-5f247170



妄想的リンク

ブログ開始から何日経った?

Copyright(C) 2006 続・妄想的日常 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.