fc2ブログ
続・妄想的日常
おかえり。 

妄想的ダンサーズ

dancing2.gif

妄想的ヘッドライン

プロフィール

妄想

Author:妄想
面白いスレッドなどありましたら教えて下さいまし。相互リンクもこちらから。

mixi始メマスタ
マイミク募集中(`A')キャァァァァァ


調子に乗って「続・妄想的日常☆別館」
始メマスタ


またまた調子に乗って「妄想さんの拾い物」始メマスタ

フィードメーター - 続・妄想的日常


ブログパーツ




※のNGワードを http:// にしておりますよ♪


更新情報と愚にもつかないつぶやきはこちら




セリーグ順位表

プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表

最近の記事

最近のコメント

妄想的人気記事

カテゴリー

ブログ内検索

BlogRingというものらしい

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別


01月 | 2024年02月 | 03月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -


アニメ漫画の悪役はなぜナイフを舐めてしまうのか

2023/09/05(火) 08:00:00
921 名無しさん@お腹いっぱい。 sage 2023/09/02(土) 01:31:44.24 NCA0ve4t
アニメ漫画の悪役はなぜナイフを舐めてしまうのか

924 名無しさん@お腹いっぱい。 sage 2023/09/02(土) 01:31:45.73 pcbbjroj
なんでナイフを舐めるのだろうか

964 名無しさん@お腹いっぱい。 sage 2023/09/02(土) 01:33:17.28 kx8Uxbpu
>>924
仕事の前の鉄分補給

976 名無しさん@お腹いっぱい。 sage 2023/09/02(土) 01:33:50.67 x+dD+hWF
>>924
たまに毒塗ってるの忘れて死ぬアホいるぞ





関連記事
スポンサーサイト



バカ回答TB:0CM:12
<< 上白石萌音ホーム全記事一覧スーパーマリオ >>

コメント

佐藤浩市は知らんけど佐藤浩市の物まねは舐める
#-|2023/09/05(火) 09:27 [ 編集 ]

元は切った後の血を舐めてる表現だったが
血を舐めるのはどうなのかとか真似する子が出たら不味いのではとかで自粛されて
ただナイフを舐める表現に変わった
狂気さや異様な雰囲気はそれでも十分に表現出来たので便利に使われるようになった
#-|2023/09/05(火) 09:34 [ 編集 ]

ケーキ切ったナイフをなめたことがあるけど、
やっぱ、刃物ってのは変な味がする。
#-|2023/09/05(火) 09:43 [ 編集 ]

ヤッパを舐めたり唾ぶっかけたりは、本来刺さったときの潤滑剤としてたんだろうな。奥までブッスリ刺さるように。
あと竹槍にウンコ塗りつけるように、敵をより穢すという意味も。
#-|2023/09/05(火) 09:50 [ 編集 ]

最後のヤツ、
「勇者ヨシヒコ」で毒塗ったナイフをペロっとしたバカいたなw
#-|2023/09/05(火) 10:59 [ 編集 ]

冥途のみやげにいいことを教えてやる悪者もいいかげんにしろ
#-|2023/09/05(火) 11:26 [ 編集 ]

最初っから口の中に入れときゃ良いのに
#-|2023/09/05(火) 12:38 [ 編集 ]

※2
血を舐めるの真似されるのは気にするのに
ナイフで刺すのはいいのかw
#-|2023/09/05(火) 14:00 [ 編集 ]

>>8
カニバリズム的なのって拒否反応凄いのよ
殺人より反応大きい
#-|2023/09/05(火) 15:21 [ 編集 ]

アフィのナイフ見て驚いたけど、こんな安いの?
隠し持てるってだけで刀とかよりよっぽど怖いわ
#-|2023/09/05(火) 17:47 [ 編集 ]

米5
俺はこれしか知らんぞ
#-|2023/09/05(火) 23:19 [ 編集 ]

※9
そういう問題じゃないだろw
#-|2023/09/06(水) 18:22 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mousouteki.blog53.fc2.com/tb.php/43856-9ff85a3a



妄想的リンク

ブログ開始から何日経った?

Copyright(C) 2006 続・妄想的日常 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.