fc2ブログ
続・妄想的日常
おかえり。 

妄想的ダンサーズ

dancing2.gif

妄想的ヘッドライン

プロフィール

妄想

Author:妄想
面白いスレッドなどありましたら教えて下さいまし。相互リンクもこちらから。

mixi始メマスタ
マイミク募集中(`A')キャァァァァァ


調子に乗って「続・妄想的日常☆別館」
始メマスタ


またまた調子に乗って「妄想さんの拾い物」始メマスタ

フィードメーター - 続・妄想的日常


ブログパーツ




※のNGワードを http:// にしておりますよ♪


更新情報と愚にもつかないつぶやきはこちら




セリーグ順位表

プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表

最近の記事

最近のコメント

妄想的人気記事

カテゴリー

ブログ内検索

BlogRingというものらしい

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別


01月 | 2024年02月 | 03月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -


貴様を逮捕する

2007/07/15(日) 16:09:51
335 名前:Mr.名無しさん[] 投稿日:2007/07/14(土) 21:46:19
窓からの光が、室内の塵に反射して瞬く。無機質で、どこか寒々しい病室。
そこに、ルパンがいた。
薄水色の病院服の上に赤いジャケットを羽織り、ベッドの上に腰掛けていた。
大きく息を吐くと、銭型は病室へと足を踏み入れた。ルパンを、逮捕するために。
捕まえる? この今にも死にそうな病人を?
長年夢見てきた事だというのに、銭型にとってそれは既に無価値だった。
「よく来たなぁ、とっつぁん」
人を食ったような態度でルパンが声をかける。
掠れきった声、扱けた頬、体中に繋がれたチューブは心電図へと繋がっている。
かつての面影は、ほとんど残っていない。
そこにいるのは、死を目前に控えた一人の病人だった。
「ルパン、何で貴様がこんな……」
「天下の大泥棒にも、勝てない物があったってことさ」
「一生をかけて追い続けて来て、こんな幕切れとはな」
「そんなら見逃してくれよ、とっつぁん」
「そればかりは出来ん相談だな。ルパン、貴様を……貴様を逮捕する」
「ごめんだね。俺ぁ逃げるぜ」
「今の貴様に何が出来る」
銭型の言葉に、ルパンはにやりと笑った。
「どうかな?」
ジャケットから取り出したのは、ワルサーP38。それを自らのコメカミに押し付けて言った。
「あばよ、とっつぁん」
銃声がコンクリートの壁に反響する。急激に乱れた心電図は、数刻の間にフラットとなった。
してやったり。
銭型の脳裏に焼きついたルパンの最期は、そんな、いつも通りの彼の姿だった。
「ルパンめ……まんまと逃げおった……」
銭型は、失われた何かが再び燃焼し始めるのを感じていた。
コートからガバメントを抜き、セーフティを解除する。
「逃がすものか。どこへ行こうが必ず捕まえてやるぞ、ルパン」


関連記事
スポンサーサイト



感動TB:0CM:41
<< Second Lifeホーム全記事一覧ゲームがすげー好きなやつ >>

コメント

銭形だ
#-|2007/07/15(日) 16:17 [ 編集 ]

そこかww
#sSHoJftA|2007/07/15(日) 16:34 [ 編集 ]

鳥肌たったぞおい
#-|2007/07/15(日) 16:34 [ 編集 ]

なんというBADEND…
#-|2007/07/15(日) 16:36 [ 編集 ]

どこまでルパンに人生かけてんだよw
#-|2007/07/15(日) 16:39 [ 編集 ]

コワイヨ・・・
#X.Av9vec|2007/07/15(日) 16:56 [ 編集 ]

えーーー
ルパンが逝くとこまではアリだが…
#-|2007/07/15(日) 17:34 [ 編集 ]

うーん、これはこれでアリだと思うんだけどねぇ。BADって言うほどBADじゃないし。
#-|2007/07/15(日) 17:40 [ 編集 ]

割と普通なボーイズラブ
#-|2007/07/15(日) 17:42 [ 編集 ]

むしろルパンを助けろよww
#-|2007/07/15(日) 17:43 [ 編集 ]

これはこれでありかもしれない
#-|2007/07/15(日) 17:46 [ 編集 ]

↓あのAA
#-|2007/07/15(日) 18:11 [ 編集 ]

     ____
   /__.))ノヽ
   .|ミ.l _  ._ i.)
  (^'ミ/.´・ .〈・ リ   わしが育てた
  .しi   r、_) |
    |  `ニニ' /
   ノ `ー―i´
  #-|2007/07/15(日) 18:42 [ 編集 ]

違ぇww
#-|2007/07/15(日) 19:00 [ 編集 ]

それじゃないです…
#-|2007/07/15(日) 19:03 [ 編集 ]

ちょwwwwwww米で台無しwwwwwwww
#-|2007/07/15(日) 19:46 [ 編集 ]

ルパンは病床でもノーパソで犯罪しててもらいたい
VIPPERな名無しさん #-|2007/07/15(日) 20:39 [ 編集 ]

↑の米の流れがあまりに予想外すぎてダンボール吹いたwwwwwwww
#-|2007/07/15(日) 20:51 [ 編集 ]


お前肉まん作れるのに吹くなよ勿体ない・・・。
#-|2007/07/15(日) 22:05 [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
#|2007/07/15(日) 22:15 [ 編集 ]

「銃声は2発聞こえました。」
隣の病室の患者 #-|2007/07/16(月) 01:42 [ 編集 ]

山田康雄さんの葬儀の席では、銭形警部役の納谷悟朗が弔辞を担当。納谷は山田の遺影に向かって、銭形がルパンに怒鳴るような口調で「お前が死んだら俺は誰を追いかけりゃいいんだ」と涙ながらに呼びかけ、参列者の涙を誘った。
---
泣いた
#-|2007/07/16(月) 01:54 [ 編集 ]

わしが育てたAAで初めて吹き出したわ
名無しさん #-|2007/07/16(月) 04:24 [ 編集 ]

BLではわりとありがちのネタ
名無しさん #-|2007/07/16(月) 09:20 [ 編集 ]

これはないわ。
名無しさん #TY.N/4k.|2007/07/16(月) 10:39 [ 編集 ]

とっつぁんは死んだらアカン
#-|2007/07/16(月) 14:52 [ 編集 ]

原作ルパンだったらありそう
名無しさん #-|2007/07/16(月) 15:14 [ 編集 ]

悪くはない
名無し!! #-|2007/07/16(月) 18:09 [ 編集 ]

とっつぁんはガバメントでルパンの骸を
至近距離から蜂の巣のしたんだな
ryu #-|2007/07/16(月) 20:33 [ 編集 ]

泣いた
#-|2007/07/16(月) 21:29 [ 編集 ]

トムとジェリーみたいだな
名無しさん #-|2007/07/17(火) 02:59 [ 編集 ]

ルパンが自殺するんじゃなくて、銭形に『殺してくれ』と頼む終り方をするお話もどこかで見ました。
銭形は彼を病魔の手から逃がしてやった後、その後から追いかけていく…というエンディングだった覚えがあります。
通行人α #-|2007/07/17(火) 03:06 [ 編集 ]

↑そのエンドもいいなぁ。
#-|2007/07/17(火) 03:29 [ 編集 ]

落ちを期待していた俺が馬鹿だった

二人は永遠に追いつ追われつの関係になったのか・・・
がんばれよ つД`)*
名無しさん #-|2007/07/17(火) 07:44 [ 編集 ]

そういうルパンやドラえもんの「ウソエンド」を集めた本とか出ないかな。
もちろん本家と大揉めして話題作りしたあとなw
#-|2007/07/17(火) 08:17 [ 編集 ]

本家はそんなケチくさい文句はつけないな、きっと
文句をつけるのは本家の周りの人間だ('A`)
#-|2007/07/17(火) 10:07 [ 編集 ]

以前、ライオンキングがジャングル大帝のパクリでは?って騒動があったとき、手塚プロは逆に「真似されて光栄」といったそうな。
これが真の大物。
名無しさん #-|2007/07/17(火) 12:19 [ 編集 ]

コレは酷い結末だ
名無し!! #-|2007/07/17(火) 15:53 [ 編集 ]

そりゃ手塚も散々パクってるしな
  #-|2007/07/18(水) 01:03 [ 編集 ]

わしが育てたAAで吹き出したわ
#-|2007/07/19(木) 14:27 [ 編集 ]

銭形はガバメントじゃなくニューナンブ型回転式拳銃だろ、
埼玉県警的に考えて…。
#-|2007/09/06(木) 19:02 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mousouteki.blog53.fc2.com/tb.php/4246-544bbf8b



妄想的リンク

ブログ開始から何日経った?

Copyright(C) 2006 続・妄想的日常 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.