fc2ブログ
続・妄想的日常
おかえり。 

妄想的ダンサーズ

dancing2.gif

妄想的ヘッドライン

プロフィール

妄想

Author:妄想
面白いスレッドなどありましたら教えて下さいまし。相互リンクもこちらから。

mixi始メマスタ
マイミク募集中(`A')キャァァァァァ


調子に乗って「続・妄想的日常☆別館」
始メマスタ


またまた調子に乗って「妄想さんの拾い物」始メマスタ

フィードメーター - 続・妄想的日常


ブログパーツ




※のNGワードを http:// にしておりますよ♪


更新情報と愚にもつかないつぶやきはこちら




セリーグ順位表

プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表

最近の記事

最近のコメント

妄想的人気記事

カテゴリー

ブログ内検索

BlogRingというものらしい

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別


02月 | 2024年03月 | 04月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -


【Twitter】<#安倍晋三の国葬に反対します>「ツイッターデモ」3・7%の投稿で全体の半数 64歳男性1000回以上投稿「Botも使った」

2023/01/31(火) 08:00:00
21 名前:ウィズコロナの名無しさん[] 投稿日:2023/01/24(火) 11:03:48.42 ID:qmxNzVXd0 [1/3]
パヨクを100匹見かけたら1匹居ると思え





関連記事
スポンサーサイト



バカ回答TB:0CM:10
<< さんぽホーム全記事一覧善行と悪行 >>

コメント

会話ができるパヨクは、
1000匹見ても1匹いるかどうか。
#-|2023/01/31(火) 08:17 [ 編集 ]

普通の日本人からしたらネトウヨも同じだよ。
ネットで政治についてガーガー騒いでる変な人たち。
同族嫌悪で叩きあってんじゃないの?
#-|2023/01/31(火) 10:12 [ 編集 ]

ネトウヨって言葉で非難してる時点でパヨクのお仲間なんじゃないのか。
ってレベル。
#-|2023/01/31(火) 10:20 [ 編集 ]

右翼とネトウヨは違うし左翼とパヨクは違うものだってのがわからないバカは黙ってれば?
#-|2023/01/31(火) 11:25 [ 編集 ]

政治について一般人が意見したらおかしいの?
議論する場がたまたまネットで、意見したい人が集まるだけだし。
左巻きがレッテル貼りするネトウヨってのもほぼ一般人だと思うけどな。
#-|2023/01/31(火) 12:33 [ 編集 ]

いろんなところで※2みたいな書き込みを見かけるけど
実は全部同一人物説w
#-|2023/01/31(火) 14:23 [ 編集 ]

偏った左からすれば、中道も右に見えるわけだし。

左の人は同族以外は皆ネトウヨってことにしておけば、その意見を封殺できると思ってる節がある。
#-|2023/01/31(火) 19:37 [ 編集 ]

そもそもがパヨク(サヨク)って言葉からしてネトウヨというレッテル張りする連中に対するカウンターとして生まれた言葉
反論者や批判者にネトウヨという言葉を張り付けてひとくくりに発言を封殺しようとするおかしな人たちがまず最初にいたんだよ

どっちもどっち論では誤魔化せない
#-|2023/02/01(水) 01:21 [ 編集 ]

政治を語って良いのは、ネトウヨと呼ばれてからだよね。
呼ばれたことない人は、世の中のことについて、もう少し真剣に考えることから始めてみよう。
#-|2023/02/01(水) 13:17 [ 編集 ]

右からだろうが左からだろうがそこより中心寄りにいる人は偏って見えるもんだよ
これが極まると自分より内側にいる奴が許せなくなる
だから真剣に話し合って妥協点を探ったり折衷案を出したりするとその人は日和ったと見られてリーダから外される
そうしてどんどん取り返しのつかない方向に先鋭化していく
#-|2023/02/02(木) 08:54 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mousouteki.blog53.fc2.com/tb.php/42352-c9bf52d1



妄想的リンク

ブログ開始から何日経った?

Copyright(C) 2006 続・妄想的日常 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.