fc2ブログ
続・妄想的日常
おかえり。 

妄想的ダンサーズ

dancing2.gif

妄想的ヘッドライン

プロフィール

妄想

Author:妄想
面白いスレッドなどありましたら教えて下さいまし。相互リンクもこちらから。

mixi始メマスタ
マイミク募集中(`A')キャァァァァァ


調子に乗って「続・妄想的日常☆別館」
始メマスタ


またまた調子に乗って「妄想さんの拾い物」始メマスタ

フィードメーター - 続・妄想的日常


ブログパーツ




※のNGワードを http:// にしておりますよ♪


更新情報と愚にもつかないつぶやきはこちら




セリーグ順位表

プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表

最近の記事

最近のコメント

妄想的人気記事

カテゴリー

ブログ内検索

BlogRingというものらしい

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別


01月 | 2024年02月 | 03月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -


花火

2007/07/13(金) 14:21:05
734 :素敵な旦那様 :2006/02/11(土) 17:45:59

母は、僕を女手一人で育てた。
僕の幼かったころに、亡くなった父は、マンションの10階を母に残した。
そのマンションからは、夏に花火をみることができる。

父と母が過ごした街の花火。
毎年花火の時には、窓際にテーブルを移動して、母と一緒に父を偲んだ。
花火はいつもきれいで、母はうれしそうだった。
父は、母に素敵なものを残したなっと思った。

でも、それは長くは続かなかった。
僕が高校の時に、うちのマンションの前に、もっと高層マンションが建設されたのだ。
僕は、景観が悪くなるなぁって、思ってた。

その年の花火の日、いつものように、テーブルを移動して準備してた。
花火みれるかな?って、心配だった。

花火みれなかった。見事にマンションで見えなくなってる。
音だけの花火。
あんなに悲しそうな母の横顔を見たことがない。

僕は、母を連れて、川辺に歩いていった。
母と見上げた初めての花火。

父さん、心配するな。これからは僕が母さんを笑顔にする。

関連記事
スポンサーサイト



体験談TB:0CM:16
<< 一肌脱いだホーム全記事一覧中国人の考え方 >>

コメント

頑張れッ!!
VIPPERな名無しさん #-|2007/07/13(金) 15:15 [ 編集 ]

強く育ったなぁ…もけ男
#-|2007/07/13(金) 15:18 [ 編集 ]

女手一人・・・・。
#-|2007/07/13(金) 17:27 [ 編集 ]

734は将来大出世して目の前のマンションを買い取る事になるわけだな。
#-|2007/07/13(金) 17:42 [ 編集 ]

女手ひとつだなw
最初で台無し。
#-|2007/07/13(金) 19:08 [ 編集 ]

※3,5
こういう時は気づいても言わないでおくのが
いい男ってもんなんだぜ!
#-|2007/07/13(金) 20:56 [ 編集 ]

米6はいいことを言った
#-|2007/07/13(金) 23:29 [ 編集 ]

米6はやさしい子
名無し!! #-|2007/07/14(土) 00:37 [ 編集 ]

米5はやれば出来る子
#-|2007/07/14(土) 01:03 [ 編集 ]

米6は母を男手一人で育てた。
名無しさん #-|2007/07/14(土) 11:32 [ 編集 ]

米6は焼き魚をきれいに食べることができる子
#-|2007/07/14(土) 14:00 [ 編集 ]

米6は東出
#-|2007/07/14(土) 21:28 [ 編集 ]

米6は東国原
. #-|2007/07/15(日) 09:44 [ 編集 ]

この流れはいらないな
#-|2007/07/15(日) 16:50 [ 編集 ]

米6も本編もいい話だなー。
#-|2007/07/16(月) 21:43 [ 編集 ]

マザコンきもい
#-|2010/01/03(日) 13:02 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mousouteki.blog53.fc2.com/tb.php/4228-ce20c364



妄想的リンク

ブログ開始から何日経った?

Copyright(C) 2006 続・妄想的日常 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.