fc2ブログ
続・妄想的日常
おかえり。 

妄想的ダンサーズ

dancing2.gif

妄想的ヘッドライン

プロフィール

妄想

Author:妄想
面白いスレッドなどありましたら教えて下さいまし。相互リンクもこちらから。

mixi始メマスタ
マイミク募集中(`A')キャァァァァァ


調子に乗って「続・妄想的日常☆別館」
始メマスタ


またまた調子に乗って「妄想さんの拾い物」始メマスタ

フィードメーター - 続・妄想的日常


ブログパーツ




※のNGワードを http:// にしておりますよ♪


更新情報と愚にもつかないつぶやきはこちら




セリーグ順位表

プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表

最近の記事

最近のコメント

妄想的人気記事

カテゴリー

ブログ内検索

BlogRingというものらしい

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別


01月 | 2024年02月 | 03月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -


ヒトラーの行った政策

2023/01/10(火) 08:00:00
264 名無しでいいとも! sage 2023/01/08(日) 07:56:35.74 Nwc/vsDi0
ナチス・ヒトラーの行った政策

・女は働くの禁止、子ども産んで家で家事しろ
・男は働け、公共事業しまくったるから働いて結婚して子ども増やせ
→失業率大幅低下、出生率大幅上昇

その後のドイツ人「ナチス時代は言うほど悪くはなかった」






関連記事
スポンサーサイト



その他TB:0CM:12
<< ダチョウの生態ホーム全記事一覧喧嘩はしません >>

コメント

ユダヤ人から仕事と財産を取り上げて再分配したのも大きい
#-|2023/01/10(火) 08:15 [ 編集 ]

侵略無しにそれが維持できたのか?
#-|2023/01/10(火) 09:00 [ 編集 ]

メフォ手形の期限が切れそうになってから、
いきなり戦争が始まったのを見ると、
なんとなくプーチンもそうなのかなあって思えてしまう。
#-|2023/01/10(火) 09:06 [ 編集 ]

そりゃ旧来のドイツに住むドイツ人で前線に行かなかった奴はそうだろうな
#-|2023/01/10(火) 09:37 [ 編集 ]

そりゃあそうさ、ドイツ人でナチスに不満を持っていた層の大多数はその当時に他の国に引っ越しちまってるからな
はるばる天国までインタヴューしに行けば結果も変わるんじゃないか?交通費が経費で降りるかは知らんが
#-|2023/01/10(火) 12:41 [ 編集 ]

公共事業もアイスバーンで、元は戦闘機の滑走路だったけど現在でも高速道路として使われてるっていうね。
#-|2023/01/10(火) 14:11 [ 編集 ]

事故の原因作ってどうするんよw

アウトバーンな
#-|2023/01/10(火) 14:33 [ 編集 ]

元気の前借り定期
#-|2023/01/10(火) 15:49 [ 編集 ]

>公共事業しまくったるから
これでかいよな。ある程度の給料保証するという意味で。
「とりあえず女働くの禁止。男は結婚して働け」だけだと「家庭があるから辞められないよね?」という企業がどんどん賃金下げるやろ。
というか、現在だって人余りかっつーとそうでなくて『激安給料でも辞めない』人材が欲しいわけで、だから何十年も外国人研修生受け入れては全然違う仕事やらせて、でも彼らは祖国に借金して来てるから辞められないor逃亡するという訳で。
#-|2023/01/10(火) 18:06 [ 編集 ]

なんかいまだにあらゆる点で批判すべき絶対悪、一切評価すべからずと思ってる人間いるけど、当初は普通に支持されたから権限も大きくなったってことは忘れちゃいかんよ
#-|2023/01/10(火) 19:47 [ 編集 ]

そりゃあドイツ人目線ではそうでしょとしか
#-|2023/01/11(水) 12:46 [ 編集 ]

これ当時のドイツ人男性で労働者階級の中でも恵まれてる奴以上限定の感想やで
#-|2023/01/11(水) 13:06 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mousouteki.blog53.fc2.com/tb.php/42234-a72faa48



妄想的リンク

ブログ開始から何日経った?

Copyright(C) 2006 続・妄想的日常 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.