fc2ブログ
続・妄想的日常
おかえり。 

妄想的ダンサーズ

dancing2.gif

妄想的ヘッドライン

プロフィール

妄想

Author:妄想
面白いスレッドなどありましたら教えて下さいまし。相互リンクもこちらから。

mixi始メマスタ
マイミク募集中(`A')キャァァァァァ


調子に乗って「続・妄想的日常☆別館」
始メマスタ


またまた調子に乗って「妄想さんの拾い物」始メマスタ

フィードメーター - 続・妄想的日常


ブログパーツ




※のNGワードを http:// にしておりますよ♪


更新情報と愚にもつかないつぶやきはこちら




セリーグ順位表

プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表

最近の記事

最近のコメント

妄想的人気記事

カテゴリー

ブログ内検索

BlogRingというものらしい

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別


02月 | 2024年03月 | 04月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -


切腹

2022/10/23(日) 08:17:02
310 既にその名前は使われています 2022/10/16(日) 21:20:45.31 gtBcBCpm0
腹掻っ捌いて臓物天井に投げつけた野郎もいたとか

317 既にその名前は使われています 2022/10/16(日) 22:10:43.11 5JBxWY050
>>310
私の記憶が確かなら
幕末に異人を斬りつけただかの咎で上司が切腹になってそこに外国人の偉い人も立ち会ったけど
腹を切って内臓を投げつけて、それにビビった外国人の偉い人がもう切腹はやらないでってお願いしたとかなんとか

318 既にその名前は使われています 2022/10/16(日) 22:20:30.50 QSJ/5tWV0
戦国時代に来た宣教師の外人は
「首を綺麗に切るのってかなりの技術いるよね?日本人は処刑の時、植物の茎でも切るようにスパスパ切る。
刀持ってるやつ全員処刑人に見える。マジ怖い」
みたいに報告書書いてたらしい





関連記事
スポンサーサイト



その他TB:0CM:16
<< アントニオ猪木ホーム全記事一覧編集者 >>

コメント

幕末の堺事件ですな。
フランス人船員11人を殺した土佐藩士全員の死刑を要望したら、
関係者20人全員の切腹の立ち合いを求められて、
結果、11人まででもうやめてくれってなったという。
#-|2022/10/23(日) 08:44 [ 編集 ]

外国だって戦争で首切るんじゃないの?何で切ってるの?あの剣で切ってるんじゃないの?
#-|2022/10/23(日) 08:48 [ 編集 ]

生麦事件の時も似たような話が合った記憶
元禄の赤穂浪士の切腹だと実際には腹に刺すかちょっと当てた程度で介錯人が即首落としたらしい(自力で腹掻っ捌く根性無いから)
時代背景もあるんだろうけど幕末のほうが殺伐とした戦国の気風に逆戻りしてる
#-|2022/10/23(日) 09:15 [ 編集 ]

介錯しもす!
#-|2022/10/23(日) 09:54 [ 編集 ]

ヨーロッパだと基本鎧着てるんで剣は斬るものじゃなく叩きつけるものだとか何とか
レイピアみたいな細いのは服着てる時の刺突用
#-|2022/10/23(日) 10:15 [ 編集 ]

鋳造の剣と鍛造の刀じゃ切れ味としては似て非なるものに近い。
#-|2022/10/23(日) 10:18 [ 編集 ]

海外の首切り人は斧で叩き斬るイメージ。あとはギロチンやね。失敗しにくい人にやさしい処刑道具。

>首を綺麗に切るのってかなりの技術いるよね?
頚椎の骨と骨の間に刃を入れないといけないので、下手くそやビビりがやると何回も何回もやり直す事になる。
一番上手い人は、頭に土を着けない(頭部を地に落とさない)ように、首の皮一枚繋げて斬ったとか。
#-|2022/10/23(日) 12:06 [ 編集 ]

小学校の図書室にそれこそ腹切って臓物ぶちまける歴史漫画置いてあった
多分中身読まずにおいたんだと思う
#-|2022/10/23(日) 12:09 [ 編集 ]

※2
外国はそんなに切れ味よくないから斧で断ち切るイメージに近い
あと刀は切れ味いいけど骨に当たると欠けるから介錯人は関節狙って斬ってる
背中側からきれいに関節に入れて腹側の皮一枚残すのが上手な介錯の仕方なんだとか
#-|2022/10/23(日) 12:09 [ 編集 ]

戦国時代は腹切ってそのあと首を切ったけど、切腹が少なくなる江戸中期から、腹切る脇差は白い扇子で腹切る真似をするだけになった。

首の皮一枚残して、遺体を親族に引き渡す前に軽く縫い合わせてくれる。
なので首を切り落としちゃうとあとあと大変。
#-|2022/10/23(日) 15:33 [ 編集 ]

写真機がある時代でもまだ斬首はあったので映像が残ってるけど、ほんとこんなコラみたいに飛ぶ?ってぐらいスパンッと飛ばしてていっそグロくないぐらいだった
#-|2022/10/23(日) 17:31 [ 編集 ]

刀で首の関節狙って切るってすげーな
魚の骨を断つのだって当てがってから切るのに
#-|2022/10/23(日) 21:44 [ 編集 ]

三島由紀夫の介錯した人間は下くそで、何度も切りつけたからひどい苦しみようだったらしい。
なお、介錯人を介錯した人は大変上手だったので首の皮一枚残して一太刀で落とした。
最初からその人がやればよかったとか言ってはいけない
#-|2022/10/24(月) 00:56 [ 編集 ]

外国じゃ首切りが下手過ぎて断頭台が生まれたからな
#-|2022/10/24(月) 15:34 [ 編集 ]

三島由紀夫自身は切腹マニアで切腹の所作を写真で何枚も残してるけど最後の本番で指名する介錯人を間違ったな
江戸時代と違って罪人で訓練もできない時代だし介錯人を介錯した人がどうやって腕前を磨いたのかが気になる
#-|2022/10/24(月) 23:44 [ 編集 ]

腹掻っ捌いて臓物天井に投げつけたのは三好元長
#-|2022/10/24(月) 23:47 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mousouteki.blog53.fc2.com/tb.php/41721-835fc061



妄想的リンク

ブログ開始から何日経った?

Copyright(C) 2006 続・妄想的日常 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.