fc2ブログ
続・妄想的日常
おかえり。 

妄想的ダンサーズ

dancing2.gif

妄想的ヘッドライン

プロフィール

妄想

Author:妄想
面白いスレッドなどありましたら教えて下さいまし。相互リンクもこちらから。

mixi始メマスタ
マイミク募集中(`A')キャァァァァァ


調子に乗って「続・妄想的日常☆別館」
始メマスタ


またまた調子に乗って「妄想さんの拾い物」始メマスタ

フィードメーター - 続・妄想的日常


ブログパーツ




※のNGワードを http:// にしておりますよ♪


更新情報と愚にもつかないつぶやきはこちら




セリーグ順位表

プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表

最近の記事

最近のコメント

妄想的人気記事

カテゴリー

ブログ内検索

BlogRingというものらしい

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別


01月 | 2024年02月 | 03月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -


戦争経験者の爺さん先生

2022/08/06(土) 08:09:32
663 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 (ワッチョイ 414d-o8r/)[sage] 投稿日:2022/08/05(金) 09:25:50.84 ID:uGCWvmtw0
そういや俺が小さい時には、まだ戦争経験者の爺さん先生が現役で

『誰何(スイカ)』と言ってなぁ、ジャングルを見回りしてる時、何かガサガサ音がしたら
誰か?と3回訊いて返事がなかったら味方であっても撃ち殺して構わんのだ

と言っていた
ほとんどが小さい動物だったり、人間だとしても「自分は〇〇であります」と返事があったそうだが





関連記事
スポンサーサイト



体験談TB:0CM:12
<< ゴキブリホーム全記事一覧天気予報 >>

コメント

なお、残りの数%については不問とする。
半分は敵であったと思いたい。
#-|2022/08/06(土) 08:26 [ 編集 ]

もう半分はヒトでも獣でもないモノかもね
#-|2022/08/06(土) 08:31 [ 編集 ]

敵なら、3回問いかけるまでに鉛玉が飛んできて生きてないので。
#-|2022/08/06(土) 08:41 [ 編集 ]

従軍経験のある先生はいなかったけど
子供のころ機銃掃射で友人を失ったっていう先生はいた
#-|2022/08/06(土) 08:52 [ 編集 ]

誰何って戦争用語でもなんでもなく、普通に使われる言葉じゃないの?
#-|2022/08/06(土) 09:25 [ 編集 ]

今の自衛隊でも使ってるよね
マンガ知識だけど(サンデー連載のあおざくら)
#-|2022/08/06(土) 10:09 [ 編集 ]

現役Jですが今も使いますよ!
#-|2022/08/06(土) 12:18 [ 編集 ]

※2
ドラえもんとか?
#-|2022/08/06(土) 12:19 [ 編集 ]

陸軍より海軍の方が体罰がひどかったのは、後ろから撃たれるおそれがないからなのです
#-|2022/08/06(土) 14:25 [ 編集 ]


海軍のが酷いの?
めちゃくちゃ逃げ場無い閉鎖空間だから、余計に秩序や人間関係に敏感だと思ってた。
#-|2022/08/06(土) 17:25 [ 編集 ]

陸軍は命令を出す側も一緒に泥まみれで戦ったからな
働く姿を見せる親父は反感を買っても軽蔑はされにくいだろ
仕切られて相手が見えないと邪推もしやすくなる
あと、一つの箱で一蓮托生だと僅かな意識のズレでも全滅となりかねないので士官も必死になる
分隊が全滅するのと船が沈没するのでは被害が桁違いだろ
ほかにも色々あるだろうが軍隊と言う言葉で括られていても全然ちがうってこった
#-|2022/08/06(土) 18:16 [ 編集 ]

海軍は大型艦は上等兵が一等兵や二等兵をいびるのが日常茶飯事尾だったけど、小型艦はかなり緩かった。駆逐艦「雪風」の元乗組員の証言では、上から下まで和気あいあいの雰囲気だったという
#-|2022/08/06(土) 19:58 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mousouteki.blog53.fc2.com/tb.php/41158-ebfbd43f



妄想的リンク

ブログ開始から何日経った?

Copyright(C) 2006 続・妄想的日常 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.