FC2ブログ
続・妄想的日常
おかえり。 

妄想的ダンサーズ

dancing2.gif

妄想的ヘッドライン

プロフィール

妄想

Author:妄想
面白いスレッドなどありましたら教えて下さいまし。相互リンクもこちらから。

mixi始メマスタ
マイミク募集中(`A')キャァァァァァ


調子に乗って「続・妄想的日常☆別館」
始メマスタ


またまた調子に乗って「妄想さんの拾い物」始メマスタ

フィードメーター - 続・妄想的日常


ブログパーツ




※のNGワードを http:// にしておりますよ♪


更新情報と愚にもつかないつぶやきはこちら




セリーグ順位表

プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表

最近の記事

最近のコメント

妄想的人気記事

カテゴリー

ブログ内検索

BlogRingというものらしい

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別


09月 | 2020年10月 | 11月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31


防波堤の彼女

2006/03/31(金) 11:47:25
54 名前:1/2[sage] 投稿日:2006/03/29(水) 23:18:23 ID:IIwd2FdS0
 かなり惚れてた恋人に振られて、めちゃくちゃ落ち込んだ時期があった。
 で、何気なくひとり夜の海辺とかを散歩してたら
 僕と同じように一人でたたずんでいる人がいた。
 なんとなく振られた恋人と同じような顔立ちをしてて、結構かわいかった。



 でもなんだかただならぬ雰囲気で、なんか自殺しそう感じだったので声をかけてみた。
 聞くと、その子も彼氏に振られて、ものすごくショックで自殺を試みたらしい。
 あわてて生きていればいいことあるさと、必死に説得した。
 というか、そのあとずっと浜辺に座って二人っきりでおしゃべりしてた。
 僕とすごく境遇が似てて、なんだか何でも話せるような気がして、
 お互い打ち解けられた。
 調子に乗って僕は、振られたモン同士付き合っちゃおうか?って冗談交じりで
 行ってみたら、顔を真っ赤にして、うん。ってうなずかれた。
 それからしばらくは恋人同士として二人の時間をすごした。
 すごく無邪気に笑うその子が、とってもいとおしくて、抱きしめあったり
 キスをしたり、人気がいなかったとはいえ、防波堤の隅で、
 最後までヤってしまった。

55 名前:2/2[sage] 投稿日:2006/03/29(水) 23:28:21 ID:IIwd2FdS0
 だんだん夜が明けてきたので、僕は一緒に帰ろうっていったけど
 その子は、私といても幸せにはなれないから、ここでさよなら、っていいだした。 
 次の瞬間、その子の体がフワーって感じでだんだん消えていった。
 あっという間に姿が無くなって、浜辺には僕だけ一人取り残された。
 しばらく呆然としていたら、どこからともなく声がして、
 「最後に楽しい思い出ができた。ありがとう。」って。。。
 ふと、あたりを見ると、かたわらの防波堤の隅に、花束とお供え物があったので
 それで不思議な現象を理解できた。

 今思えばすごくガグブルな話だったんだけど、いまだにリアルに
 彼と手をつないだりキスをした感触と、口に残るほろ苦い精子の味を覚えています。
 思い出すたびに涙がでてきます。

 しかしもっと泣けてくるのは、家に帰っても、家族が誰も僕の存在に
 気づいてくれない、っていうか、母や父に触れようとしても体が
 すりぬけるってことかな。
関連記事
スポンサーサイト



ネタTB:0CM:4
<< いきなり りきし が あらわれた!ホーム全記事一覧玄人志向 >>

コメント

「彼女」じゃねぇじゃん…
#-|2007/08/06(月) 08:14 [ 編集 ]

>>54    ⇒ 女(僕っこ)
佇んでた人 ⇒ 男(ゲイ)

ってことでおkかな・・・?
#-|2007/11/01(木) 13:56 [ 編集 ]

訂正

男(ゲイ) ⇒ 男(両刀)
#-|2007/11/01(木) 14:00 [ 編集 ]

うまいねw
しかし、今更誰も見ないだろうが、米欄が馬鹿ばかりで泣いた
#-|2012/10/20(土) 14:42 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mousouteki.blog53.fc2.com/tb.php/398-3bed2a7e

カープ

興味しんしん

妄想的リンク

ブログ開始から何日経った?

読みたい

Copyright(C) 2006 続・妄想的日常 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.