fc2ブログ
続・妄想的日常
おかえり。 

妄想的ダンサーズ

dancing2.gif

妄想的ヘッドライン

プロフィール

妄想

Author:妄想
面白いスレッドなどありましたら教えて下さいまし。相互リンクもこちらから。

mixi始メマスタ
マイミク募集中(`A')キャァァァァァ


調子に乗って「続・妄想的日常☆別館」
始メマスタ


またまた調子に乗って「妄想さんの拾い物」始メマスタ

フィードメーター - 続・妄想的日常


ブログパーツ




※のNGワードを http:// にしておりますよ♪


更新情報と愚にもつかないつぶやきはこちら




セリーグ順位表

プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表

最近の記事

最近のコメント

妄想的人気記事

カテゴリー

ブログ内検索

BlogRingというものらしい

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別


02月 | 2024年03月 | 04月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -


地元にちょっと気になる人がいる

2021/04/20(火) 08:35:16
73 彼氏いない歴774年 sage 2016/11/01(火) 08:48:39.53 ID:juoQ5tAo
地元にちょっと気になる人がいる
毎日夕方5時台の市バスに乗っている女性で、少なくとも私(30代)が
中学生の時からずっと同じ服装・髪型でずっと同じ座席に座っていて
周りの目を一切気にすることなく80~90年代のアニメ系の小説や古臭い絵柄の
BLコミックを堂々と顔の真ん前まで持ち上げて大開きにして読んでいる

この前実家に帰ってきたときもバスの中でその人を見かけたけど
昔と全く姿が変わってなくてこの人一体何者なんだろうと思ってしまうけど
あの姿を見かけるたびに懐かしい気分になるというか地元に帰ってきたなという
実感がわいてくる





関連記事
スポンサーサイト



体験談TB:0CM:14
<< ラジコンを買ってやるホーム全記事一覧コーヒーすごい >>

コメント

ほかの乗客「えっ、そんな女性見たことないけど?」
#-|2021/04/20(火) 08:43 [ 編集 ]

バスの運転手「ああ...(言葉少な)」
#-|2021/04/20(火) 08:50 [ 編集 ]

本家のじいさん「お前、見たんか?アレを!?」
#-|2021/04/20(火) 10:26 [ 編集 ]

住職「凄いの連れてきちゃったねぇ」
#-|2021/04/20(火) 10:29 [ 編集 ]

オタ「同意できるチョイス」
#-|2021/04/20(火) 10:31 [ 編集 ]

バスにはガイジ多いイメージ
ブツブツ言うのはともかく突然叫ぶのはやめてくれ
#-|2021/04/20(火) 11:16 [ 編集 ]

「破ぁ!!」
寺生まれはスゴイ、俺はいろんな意味で思った。
#-|2021/04/20(火) 11:50 [ 編集 ]

五年ぶり二回目かな?
ttp://mousouteki.blog53.fc2.com/blog-entry-26517.html
#-|2021/04/20(火) 14:36 [ 編集 ]

米7
Tさん、もうちょっとお約束を楽しませてくれよぅ
霊能者と見える友達とユタが順番待ってるのに
#-|2021/04/20(火) 15:00 [ 編集 ]

うちの地元にもそういう系のおじさんいたわ
でも当たり前だけど人はいつか死んじゃうんだよね
#-|2021/04/20(火) 15:45 [ 編集 ]

妖精さん、ホントにいるんやな…
#-|2021/04/20(火) 15:54 [ 編集 ]

それあんたのスタンドだろ、座ってるけど
#-|2021/04/20(火) 17:01 [ 編集 ]

各地に名物障碍者いるよな
#-|2021/04/21(水) 12:13 [ 編集 ]

中学生から30代まで約20年として、50代→70代なら大して姿が変わらん人もいる
#-|2021/04/22(木) 00:34 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mousouteki.blog53.fc2.com/tb.php/37824-a2618b33



妄想的リンク

ブログ開始から何日経った?

Copyright(C) 2006 続・妄想的日常 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.