FC2ブログ
続・妄想的日常
おかえり。 

妄想的ダンサーズ

dancing2.gif

妄想的ヘッドライン

プロフィール

妄想

Author:妄想
面白いスレッドなどありましたら教えて下さいまし。相互リンクもこちらから。

mixi始メマスタ
マイミク募集中(`A')キャァァァァァ


調子に乗って「続・妄想的日常☆別館」
始メマスタ


またまた調子に乗って「妄想さんの拾い物」始メマスタ

フィードメーター - 続・妄想的日常


ブログパーツ




※のNGワードを http:// にしておりますよ♪


更新情報と愚にもつかないつぶやきはこちら




セリーグ順位表

プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表

最近の記事

最近のコメント

妄想的人気記事

カテゴリー

ブログ内検索

BlogRingというものらしい

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別


02月 | 2021年03月 | 04月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


劔岳

2021/02/24(水) 08:21:54
393 風吹けば名無し 2021/02/23(火) 01:54:03.01 ID:b8e8Kq2Aa
日本の劔岳もやばいな
明治時代に当時最高峰の登山家が現地ガイドと必死の思いで人類初登頂したら
山頂にすでに古い剣がぶっ刺してあったというやつ

428 風吹けば名無し 2021/02/23(火) 01:56:28.90 ID:w0NpEoFGd
>>393
僧の杖やなかったか?

450 風吹けば名無し 2021/02/23(火) 01:58:12.91 ID:69NpSgmep
>>428
平安時代くらいの坊さんが持ってた錫杖と剣が置いてあった

482 風吹けば名無し 2021/02/23(火) 02:01:43.02 ID:baFSdbwS0
宇治長次郎という名登山ガイドが人跡未踏の劔岳に挑んだ先にあったもの

https://i.imgur.com/Qpxncph.jpg
Qpxncph.jpg






関連記事
スポンサーサイト



その他TB:0CM:9
<< 職場の同僚夫婦に離婚問題が持ち上がってるホーム全記事一覧ファン心理 >>

コメント

人跡未踏の地において、
秘湯を発見しまくったのは修験者と猟師だからさもありなん。
#-|2021/02/24(水) 09:03 [ 編集 ]

>錫杖と剣
今はどこかに保管展示しているのでしょうか?
#-|2021/02/24(水) 09:35 [ 編集 ]

ググったらWikiにありました。
>遺族から寄贈されて立山町芦峅寺の立山博物館に展示
2 #-|2021/02/24(水) 09:41 [ 編集 ]

※3
遺族とは、錫杖と剣をぶっ刺した坊さんの遺族なのか、それとも明治時代に山頂で見つけた人の遺族なのか(´・ω・`)

勝手に持ってきてもいいのん?
#-|2021/02/24(水) 10:52 [ 編集 ]

どう考えても、見つけた人の方。
平安時代の修験者か僧なんて辿れん辿れん。

持って帰って来たのは、本当はいかんかった気もするね
#-|2021/02/24(水) 12:41 [ 編集 ]

単なる登頂記念で刺したっていうより、修行達成の徴や宗教的意味合いで残した可能性のが高いだろうから、
抜いて持って帰って来ちゃうのは可哀想じゃないかな(´・ω・`)

しかし千数百年前の装備で辿り着いた修験者凄いなあ。
御本人こそ今となっては名も遺らぬ御方だが、この記録は失われるものではない。天にて誇っておられるかな。
#-|2021/02/24(水) 14:28 [ 編集 ]

法衣をたなびかせながら剣をブッ刺して祈ってるところを想像してしまう。シブい
実は下りるのに邪魔になるから捨てたとかだったりね
#-|2021/02/24(水) 17:06 [ 編集 ]

立山博物館のまんだら遊苑は一度は行っとくべき
すごいB級スポット感がある最高の展示だそ
#-|2021/02/24(水) 19:13 [ 編集 ]

草鞋やら高下駄かなんかで登ったんだとすると今より数段難易度高いよね
#-|2021/02/25(木) 15:16 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mousouteki.blog53.fc2.com/tb.php/37434-f5b79b62

カープ

興味しんしん

妄想的リンク

ブログ開始から何日経った?

読みたい

Copyright(C) 2006 続・妄想的日常 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.