FC2ブログ
続・妄想的日常
おかえり。 

妄想的ダンサーズ

dancing2.gif

妄想的ヘッドライン

プロフィール

妄想

Author:妄想
面白いスレッドなどありましたら教えて下さいまし。相互リンクもこちらから。

mixi始メマスタ
マイミク募集中(`A')キャァァァァァ


調子に乗って「続・妄想的日常☆別館」
始メマスタ


またまた調子に乗って「妄想さんの拾い物」始メマスタ

フィードメーター - 続・妄想的日常


ブログパーツ




※のNGワードを http:// にしておりますよ♪


更新情報と愚にもつかないつぶやきはこちら




セリーグ順位表

プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表

最近の記事

最近のコメント

妄想的人気記事

カテゴリー

ブログ内検索

BlogRingというものらしい

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別


02月 | 2021年03月 | 04月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


とりあえず女脱がせば人気出るという編集の指導は正しい

2021/02/20(土) 08:21:40
82 名前:番組の途中ですが [] 投稿日:2021/02/17(水) 22:07:37.00 ID:oV+717Vo0
とりあえず女脱がせば人気出るという編集の指導は正しい

115 名前:番組の途中ですが [] 投稿日:2021/02/17(水) 22:49:41.34 ID:lrSixixN0 [3/3]
>>82
脱がせば人気が出るの発言者は新谷かおる先生
https://i.imgur.com/7sqe02W.jpg
7sqe02W.jpg





関連記事
スポンサーサイト



画像TB:0CM:14
<< 差押えホーム全記事一覧こういうの危険だからな? >>

コメント

安易に脱がすと、
作者よりも編集と編集部のセンスが把握できるから、
怖いんだよなあ。
目玉作品が終わった後なんてそれこそ脱がしまくり。
#-|2021/02/20(土) 08:30 [ 編集 ]

江川達也が師匠の本宮ひろ志に言われたって話のほうが有名じゃなかろうか
#-|2021/02/20(土) 08:55 [ 編集 ]

キャラクターが浸透してないうちに脱がれると単なるお色気要員だなと興味が失せる
#-|2021/02/20(土) 09:28 [ 編集 ]

でも北斗の拳の濃い絵で脱がされてもうれしくなかったわ
#-|2021/02/20(土) 09:47 [ 編集 ]

ノノノノ…
#-|2021/02/20(土) 10:49 [ 編集 ]

新谷かおるって男だったのか…
#-|2021/02/20(土) 11:11 [ 編集 ]

※2
それは"エロは売れるっ!"て言われたって
読んだ記憶がある。
#-|2021/02/20(土) 11:25 [ 編集 ]

新谷かおる男だったのか…
#-|2021/02/20(土) 12:13 [ 編集 ]

※6、8
松本零士はアシスタントに応募してきた新谷かおるを名前だけ見て女性と勘違いし雇ったという逸話があってな
#-|2021/02/20(土) 12:20 [ 編集 ]

それでこの結果はどうだったの?
#-|2021/02/20(土) 13:19 [ 編集 ]

ビデオもネットもエロがあるから拡がったんだよなぁ
#-|2021/02/20(土) 17:04 [ 編集 ]

フットボールアワーの後藤は北斗の拳のマミヤの裸にただならぬ興奮を覚えたらしいけどな
#-|2021/02/20(土) 19:20 [ 編集 ]

※6、8
小太りハゲで分厚い眼鏡かけた大阪弁のおっさんだぞ。でも俺の中では最強の漫画家
主人公たちに唐突にバニーガールのコスプレさせたり、モブ美女軍団出したりするからなこの人
#-|2021/02/21(日) 01:19 [ 編集 ]

六三四の剣のかあちゃんの水垢離シーンなんで、
昔の人はこんなんで喜んでいたのかと驚く。
#-|2021/02/21(日) 06:37 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mousouteki.blog53.fc2.com/tb.php/37403-c56fc665

カープ

興味しんしん

妄想的リンク

ブログ開始から何日経った?

読みたい

Copyright(C) 2006 続・妄想的日常 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.