fc2ブログ
続・妄想的日常
おかえり。 

妄想的ダンサーズ

dancing2.gif

妄想的ヘッドライン

プロフィール

妄想

Author:妄想
面白いスレッドなどありましたら教えて下さいまし。相互リンクもこちらから。

mixi始メマスタ
マイミク募集中(`A')キャァァァァァ


調子に乗って「続・妄想的日常☆別館」
始メマスタ


またまた調子に乗って「妄想さんの拾い物」始メマスタ

フィードメーター - 続・妄想的日常


ブログパーツ




※のNGワードを http:// にしておりますよ♪


更新情報と愚にもつかないつぶやきはこちら




セリーグ順位表

プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表

最近の記事

最近のコメント

妄想的人気記事

カテゴリー

ブログ内検索

BlogRingというものらしい

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別


02月 | 2024年03月 | 04月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -


ロビンソン・クルーソー

2020/12/29(火) 08:34:14
35 名前:おさかなくわえた名無しさん[sage] 投稿日:2020/12/27(日) 17:59:03.51 ID:QxGYakrp
小説『ロビンソン・クルーソー』の正式なタイトルは
『自分以外の全員が犠牲になった難破で岸辺に投げ出され、アメリカの浜辺、オルーノクという大河の河口近くの無人島で
28年もたった一人で暮らし、最後には奇跡的に海賊船に助けられたヨーク出身の船乗りロビンソン・クルーソーの生涯と
不思議で驚きに満ちた冒険についての記述』
とラノベ並に長い






関連記事
スポンサーサイト



その他TB:0CM:12
<< 一人暮らしの部屋で強盗と鉢合わせしたホーム全記事一覧すべる >>

コメント

それは正式タイトルというより、あらすじと違うの?
#-|2020/12/29(火) 10:01 [ 編集 ]

自分からネタバレするスタイル
#-|2020/12/29(火) 10:39 [ 編集 ]

>それは正式タイトルというより、あらすじと違うの?
そもそも本の表紙にそう書かれてるんだ。
#-|2020/12/29(火) 11:19 [ 編集 ]

たしか活字印刷に産業革命にと諸々の事情で
いままで一部の人しか読めなかった本というものに
大衆も大衆も手が届く環境が整い
その大衆向けに書かれたという経緯なので
タイトルも内容も「初めて読む娯楽長編小説」という感じになってる。
#-|2020/12/29(火) 13:03 [ 編集 ]

無人島とはいえ、大河の河口近くの島なら、対岸の陸地見えちゃいませんかって思った。
#-|2020/12/29(火) 15:28 [ 編集 ]

初版のタイトルだけクソ長かったのね。
#-|2020/12/29(火) 17:36 [ 編集 ]

その島(現ロビンソン・クルーソー島)から陸地までは400kmくらいの距離があったりする。
#-|2020/12/29(火) 19:19 [ 編集 ]

※7
情報サンクス。検索してみたら、これもう大河の河口近く、なんて表現使うの間違いなレベルやんけ。
#-|2020/12/29(火) 21:22 [ 編集 ]

無人島に流れ着いた5人家族の物語で、主人公は3人兄妹の真ん中の女の子だっけ?
#-|2020/12/29(火) 21:47 [ 編集 ]

※9
それ原作はスイスのロビンソン。
ロビンソン・クルーソーの二次創作らしい。
#-|2020/12/29(火) 23:06 [ 編集 ]

あ、知ってる。
船舶事故でたった一人生き残った地球人の女の子を拾った心優しい旅芸人の一座が
その子の家族を演じながら日々を過ごしていくハートフルストーリーだ。
#-|2020/12/30(水) 09:28 [ 編集 ]

※11
それ、ロビンソンちゃう、宇宙家族カールビンソンや
宇宙家族ロビンソンってそのものの作品もあるのに、何故ひねるw
#-|2020/12/30(水) 13:56 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mousouteki.blog53.fc2.com/tb.php/37073-562edb78



妄想的リンク

ブログ開始から何日経った?

Copyright(C) 2006 続・妄想的日常 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.