FC2ブログ
続・妄想的日常
おかえり。 

妄想的ダンサーズ

dancing2.gif

妄想的ヘッドライン

プロフィール

妄想

Author:妄想
面白いスレッドなどありましたら教えて下さいまし。相互リンクもこちらから。

mixi始メマスタ
マイミク募集中(`A')キャァァァァァ


調子に乗って「続・妄想的日常☆別館」
始メマスタ


またまた調子に乗って「妄想さんの拾い物」始メマスタ

フィードメーター - 続・妄想的日常


ブログパーツ




※のNGワードを http:// にしておりますよ♪


更新情報と愚にもつかないつぶやきはこちら




セリーグ順位表

プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表

最近の記事

最近のコメント

妄想的人気記事

カテゴリー

ブログ内検索

BlogRingというものらしい

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別


03月 | 2021年04月 | 05月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


お土産

2020/12/13(日) 08:29:49
468 名前:名無しさん@おーぷん[sage] 投稿日:20/12/12(土)02:48:47 ID:UE.7y.L1
上の方で担任の先生が暴走して迷惑した話があるけど
私も迷惑したことがあるのを思い出した
小学校6年の時、学年遠足で、富士山に行くことになった
新五合目までバスで行ってハイキングってプランだったと思う
ところが私はその数日前、転んで足をねんざして、足を引きずってしか歩けなくなり、遠足に行けないことになった
自分のせいだし足を引きずって富士山ハイキングは無理だし、残念だけど納得していた

しかし担任の40代男の先生が「私ちゃんを小学校最後の遠足でのけ者にしてはいけない!」と言い出し
遠足の日は欠席って届けももう出してあるのに
「バスに乗るだけならできるよね!」と私と私の親を(電話で)説得
いやせっかく富士山まで行って、みんながハイキングしてる間、ただ待ってるのって遠足に行けないより寂しくていやだ
そう言ったんだが親も担任には逆らえなくてというか勢いに押し切られて、結局参加させられた

新五合目まで行って、みんながハイキングしている間、私は休憩所で一人ポツンとベンチに座ってお弁当を食べた
児童を一人残していくってのは考えにくいので、誰か先生が一人ついていてくれたはずだが覚えてない

やがてみんながわいわいと戻ってきて
担任が「私ちゃんにお土産があるんだよ!」とニコニコとやって来た
そしてクラス31人が一人一個の「小石」を私に渡し始めた
なんだこれは
担任「歩いた道々で、みんなで「富士山の石」を一個ずつ拾ってきたんだ!
これで私ちゃんもみんなと一緒に歩いた気持ちになれるだろ!」
私は別に石マニアではない

一つ一つは手のひらに乗るサイズの小石でも、32個(クラス31人+担任1)もあったら
重くて重くてしょうがない
クラスの子達はみんな居心地悪そうにしていた、ってことは「こんなもん迷惑でしかない」ってわかってたんだなあ
帰りのバスの中で、私がつい「石、重い…」とつぶやいたら隣の席の子が「だよねえ」と同情してくれた

足を引きずってるのに石の詰まったリュックを背負って、ようやっと家に帰りついた
母が「なにこれ?」と言い、事情を説明すると、「甲子園の土じゃあるまいし」とあきれられた
家にあっても邪魔なので、後日、父と近所の河原へ持っていってまいてきた







関連記事
スポンサーサイト



体験談TB:0CM:18
<< 女医が選ぶホーム全記事一覧ドラ息子 >>

コメント

左巻きのボリコレ教師がやりそうなこと。
子供のことを第一に考えているんじゃなくて、平等に扱った自分が好きなんだよその先生。
#-|2020/12/13(日) 08:37 [ 編集 ]

>これで私ちゃんもみんなと一緒に歩いた気持ちになれるだろ!

どういう思考回路なんだこれ?
甲子園の土は自分たちで戦ったから持って帰る意味も出てくる訳で、ひたすら休憩所まで待ってた人間に石とか土とか関係ないだろう。
#-|2020/12/13(日) 08:37 [ 編集 ]

山のものを持ってきてはいけないと教育しなきゃいけない場でもあるだろうに…
#-|2020/12/13(日) 08:55 [ 編集 ]

富士山の石って確か持って帰ったら罰せられるのに、そんなことも知らなかったんだろうな、この馬鹿担任。
#-|2020/12/13(日) 10:29 [ 編集 ]

教諭の狂人エピソードがいくらなんでも多すぎる
#-|2020/12/13(日) 10:36 [ 編集 ]

左巻き教師が担任だったことあるけど、酷かった。
·アレルギー持ちの児童に無理やり牛乳飲ませて保健室送り
·既に残飯の状態になってた給食を無理やり食べさせる
·自衛隊員の子どもが多数を占めるような学校だったのに、社会の時間に自衛隊は犯罪者集団だ、人殺しの集団だと演説をぶち上げて児童を泣かす
·性懲りもなくアレルギー持ちの児童に蕎麦を無理やり食べさせて救急搬送

何が怖いって、ここまでやって特に処罰もされなかったこと。
#-|2020/12/13(日) 10:49 [ 編集 ]

※4
文字にして記録に残ると、件数が増えて感じる。
過去の記録も今の我々の意識に残るからな。
10校に一人いるとしても千校あれば100人、
1校あたり10年一人いたとしてもこの60年で6人。
合わせれば600人のクソ教師案件となる。

報道されやすいかどうかもあって、いわば悪目立ちしてるんよね。
#-|2020/12/13(日) 11:22 [ 編集 ]

日本の公立小中高と特別支援の学校数は約3.6万(wiki)
教育職員の懲戒処分はH.28:約8千、H27:約6.3千、H26:9.6千(文科省)

処分に至ったものだけでもこれだけあるのに、処分に至らない数といったらどれだけあることか
※7みたいに仮定の数字だからみたいな逃げ道のこしてクソ教師が多いなんて勘違いだよと誘導しようとする奴って、どっかから金でもでてんの?
#-|2020/12/13(日) 12:02 [ 編集 ]

うーん、学校数で言うなら教師数はさらに膨れ上がるわけですよ。
一校20人としても60万人以上教師がいる。
それでうち1万人程度なんでしょう。人の入れ替わりもあるから、いうほど糞だらけとは言えんのでは。まともな教師だってそれなりにいるよとしか。
教師になにか恨みでもあるんか?
#-|2020/12/13(日) 12:36 [ 編集 ]

個人個人の問題の案件と、日教組の左巻き案件は別にするべき。
#-|2020/12/13(日) 13:11 [ 編集 ]

まともな教師は多いのは当然でも、子供の担任はその先生だけなんだから、どんなに他の人がすばらしくても関係ないよね

だから、狂人をゼロにするのはむりだから、やらかしたら罰するとか再発させない改善とかするべきで、そういう自浄作用がないから言われているだけ
#-|2020/12/13(日) 13:49 [ 編集 ]

自浄作用させにくくしているのも日教組案件なので、遠因としては関係ある
#-|2020/12/13(日) 13:52 [ 編集 ]

※9
毎年8千人が懲戒くらって大したことないといえるなんてスゴイネー
小中高の教員は100万人ぐらいだから、同じ奴が繰り返さないとすれば10年で8%はなんらかの懲戒をくらっていることになる
小中高と12年、担任だけでもクソ率8%のくじ引きはなかなかもんだと思うよ

それとも一部の奴が繰り返しているだけだから大したこと無いはずとかいいだすのかな?

なんども懲戒食らう奴が在籍し続けることに目を瞑っているなら、それ自体マトモな業界じゃないことの証だと思うけど
#-|2020/12/13(日) 16:29 [ 編集 ]

一般社会を知らない教師という職業だから。。。
反面教師というそのままの言葉が今でも残ってる
#-|2020/12/13(日) 16:57 [ 編集 ]

左巻き教師案件は地域によることが多い気がする

教師の社会が特殊という事はあると思うけど、一般の人もせいぜい自分の周りの社会しか知らないものだから一概に教師だけが世間知らずとは言えないと思う
#-|2020/12/14(月) 01:16 [ 編集 ]

大学出たての若造でも無条件に子供を支配できる唯一の職業、それが教師
ここが改められない限りはクソ狂師の被害に遭う子供はこれからも出続けるよ
#-|2020/12/14(月) 04:12 [ 編集 ]

想い出の石なんて1つあれば十分じゃん。担任アホなの?
#-|2020/12/14(月) 14:27 [ 編集 ]

「公務員は滅多に首にならない」から困るんだ。市役所、教育委員会その他、仕事ができなすぎる人も飼いごろさざるを得ない。民間からきた人は皆呆れる。
#-|2020/12/14(月) 14:28 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mousouteki.blog53.fc2.com/tb.php/36964-954d5475

カープ

興味しんしん

妄想的リンク

ブログ開始から何日経った?

読みたい

Copyright(C) 2006 続・妄想的日常 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.