fc2ブログ
続・妄想的日常
おかえり。 

妄想的ダンサーズ

dancing2.gif

妄想的ヘッドライン

プロフィール

妄想

Author:妄想
面白いスレッドなどありましたら教えて下さいまし。相互リンクもこちらから。

mixi始メマスタ
マイミク募集中(`A')キャァァァァァ


調子に乗って「続・妄想的日常☆別館」
始メマスタ


またまた調子に乗って「妄想さんの拾い物」始メマスタ

フィードメーター - 続・妄想的日常


ブログパーツ




※のNGワードを http:// にしておりますよ♪


更新情報と愚にもつかないつぶやきはこちら




セリーグ順位表

プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表

最近の記事

最近のコメント

妄想的人気記事

カテゴリー

ブログ内検索

BlogRingというものらしい

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別


03月 | 2024年04月 | 05月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -


難儀な人

2020/10/24(土) 07:59:53
367 名前:名無しさん@おーぷん[sage] 投稿日:20/10/21(水)18:32:33 ID:HJ.v6.L3
考えてみれば私の知ってるなかで一番難儀な人は小学校の女性教師だった。
この人は泣けばその空間の支配者になれると思っていて、何か不満があったらすぐ泣いた。
弱々しくわんわん泣くのではなく、理不尽に耐えてますみたいな感じで、くーっと泣く。
授業も行事もボイコット状態になるので、クラスの子達は誰彼構わず皆でゴメンナサイした。

とにかく物事の良し悪しを道理でなく好き嫌いだけで判断する人だったから、嫌われ
ないように皆むちゃくちゃ気を使ってた覚えがある。

えこ贔屓も酷かったんだけど、授業時間に職員室で謝罪待ちボイコットする先生に対して、
一番気に入られてる女の子が率先してゴメンナサイ部隊隊長としていつも突撃してくれてたのは
ほんと感謝しかない。







関連記事
スポンサーサイト



体験談TB:0CM:8
<< 本宮 ひろ志ホーム全記事一覧不合格 >>

コメント

子供が教師になっちゃったんだなぁ
逆に生徒は大人になっちまうよな、こういうケース
#-|2020/10/24(土) 09:46 [ 編集 ]

いたわそういう人。小学校高学年の時の担任がまさにそんな人だった
#-|2020/10/24(土) 10:47 [ 編集 ]

PTA何も言わないのかな、そんな奴。
#-|2020/10/24(土) 12:34 [ 編集 ]

PTA以前に同僚や上司は何やってんだろう
#-|2020/10/24(土) 12:50 [ 編集 ]

俺もやられたよ
教育委員会にでもチクってやればよかったんだろうが
当時はガキだったから狭い教室がすべてでさ…
#-|2020/10/24(土) 13:54 [ 編集 ]

教師(とくに小学校)にあまりにクズが多いのは、ガキが教師になるというより、教師という仕事がそういうのを誘発してしまうということなのではないだろうか
とりわけ女教師(ババア)のクズ率が多いのは、女性のある種の性質が、長く教師をやっていると増幅されて現れてくるということではないだろうか
#-|2020/10/24(土) 16:38 [ 編集 ]

教室の中は閉鎖空間で、基本大人は大人の味方や
子供が先生がオカシイと主張しても、怪我でもなけりゃ大概はまずは子供の側に問題があると捉えるのが世の常
多少信じて見に来たとしてもその時だけマトモにしてりゃ騒ぐほどのことじゃないでおしまい

教室にはカメラつけて親や管理職は録画をチェックできるようにすりゃアレな教師対策にもクラスぐるみのいじめ対策にもなると思うんだがな
#-|2020/10/24(土) 17:23 [ 編集 ]

米6
クズ率は男女似たようなものではないかと思う。
女性教師のクズ率が男性より本当に高かったとしても、クズな男性教師は暴力とか性的虐待がバレて女性教師よりやや排除されやすいだけなのでは?
#-|2020/10/25(日) 12:45 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mousouteki.blog53.fc2.com/tb.php/36595-090a7d32



妄想的リンク

ブログ開始から何日経った?

Copyright(C) 2006 続・妄想的日常 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.