FC2ブログ
続・妄想的日常
おかえり。 

妄想的ダンサーズ

dancing2.gif

妄想的ヘッドライン

プロフィール

妄想

Author:妄想
面白いスレッドなどありましたら教えて下さいまし。相互リンクもこちらから。

mixi始メマスタ
マイミク募集中(`A')キャァァァァァ


調子に乗って「続・妄想的日常☆別館」
始メマスタ


またまた調子に乗って「妄想さんの拾い物」始メマスタ

フィードメーター - 続・妄想的日常


ブログパーツ




※のNGワードを http:// にしておりますよ♪


更新情報と愚にもつかないつぶやきはこちら




セリーグ順位表

プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表

最近の記事

最近のコメント

妄想的人気記事

カテゴリー

ブログ内検索

BlogRingというものらしい

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別


09月 | 2020年10月 | 11月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31


脱走した犬が赤ちゃん銜えて戻ってきた

2020/10/18(日) 08:26:42
117 名前:おさかなくわえた名無しさん[] 投稿日:2020/10/17(土) 10:30:58.04 ID:FDsdziwF [1/2]
脱走した犬が赤ちゃん銜えて戻ってきた修羅場。

30年以上昔の田舎で起きた出来事。
先に言ってしまうと、その赤ちゃんが私。
私の地元では「土地」や「畑」の単位はすべて「山」。
うちは農家で代々秋田犬を多頭飼いしていて、犬用に山の一角をフェンスで囲って運動場を作ってある。
当時は老犬一頭含む四頭いた。
元は雑木林と果樹畑だったところを潰したもので、都会のドックランと違って急斜面と凸凹な天然アスレチック仕様。
人間が農業に励む間、犬たちはそこで走り回ったり、穴を掘ったりして自由に過ごしている。
うちの犬は家族に対しては忠実(絶対守るマン)だけど、猪と喧嘩しても勝つようなコたちだから脱走させないよう
日頃から対策しているし、逃げないよう犬の躾もしてある。
老犬は当時12才。家のなかの階段で「上まで連れて行け」と家族を見上げるようになっていた。
運動場で走り回る元気はなかったから、畑の周辺を五分くらいゆっくり散歩させるのが常だった。
いつも軽トラに祖父と父と若い三頭、老犬と祖母、母がワゴンに乗る。
その日は老人ホームで暮らす曾祖母が一時帰宅してきて、当時6才だった兄も一緒だった。
車で山に向かう途中、曾祖母の膝に乗ってまったりしていた老犬がいきなり吠えはじめ、
元ボスが吠えたことにつられたのか軽トラの荷台につながれた三頭まで吠えはじめたそうだ。
今まで見たこともないほど興奮して手がつけられない状態になったらしい。
犬たちは暴れたわけではなく、何かを必死に訴えていたそうだ。
慌てて車二台を停車させて、犬を落ち着けようとした人間を振り切って、老犬が脱走。一目散に走って行った。
父と祖父が青くなって追いかけたけど、老犬とは思えない速度であっという間に雑木林に消えて行った。
残された三頭も興奮したままで、家族は「あいつ走れたのか」と呆然としていた。

118 名前:おさかなくわえた名無しさん[] 投稿日:2020/10/17(土) 10:31:30.26 ID:FDsdziwF [2/2]
長すぎるって弾かれた。
短くまとめるのって難しいね。

それでも秋田犬が万が一にも他人に噛みついたら大変なことになるんで、とにかく家まで引き返して警察に通報しようと
相談していたら老犬が戻ってきた。
老犬は口に汚いビニール袋を銜えてきて、なかを見たらへその緒がついたままの赤ちゃんが入っていた。息してなかったって。
ビニール袋を老犬から受け取った父は「ににいにんんげん」みたいな悲鳴をあげて腰を抜かしたらしい。
祖父が軽トラで家に引き返して警察と救急車を呼んで、残りの家族がワゴンのなかで赤ちゃんの蘇生活動をしてくれた。
このとき曾祖母は90才だったんだけど、曾祖母は定年まで助産師(当時は産婆さん?)をしていたひとで、
突然の捨て子(しかも息してない)にパニックも起こせなかった家族を叱り飛ばして手伝わせたって家族が言ってた。
犬たちが捨て子に気づいて、老犬が脱走して回収して、たまたま一時帰宅していっしょだった曾祖母が元助産師で、
冷静に対応してくれたから助かった命なんだよね。生きているのが奇跡だと思う。

搬送された病院に入院中に、実のオヤが捕まって、ハハオヤが当時17才の遠縁にあたる人物だとわかったり、
実のオヤのオヤが双方とも引き取り拒否して夜逃げしたりで、色々あったらしい。
退院を待たず、両親が正式に私を養子に迎えてくれて、大家族と犬たちに囲まれて元気に育った。
曾祖母も老犬も私が物心つく前に亡くなってしまって、家族が繰り返し聞かせてくれたんだ。
秋田犬の寿命は10~13才なんだけど、老犬は15才まで生きてずっと私のそばにいてくれたって。
家でとった幼児期の私の写真には、必ず老犬がいっしょに写ってる。(というか、だいたい上に乗ってる(笑))

私がこの年まで病気知らずなのも、後遺症もなく育ったのもこの老犬が見守ってくれているおかげかな、と思ってる。






関連記事
スポンサーサイト



体験談TB:0CM:20
<< 小学校の運動会プログラムホーム全記事一覧おまいらが死んだら、アニソンで出棺されそう >>

コメント

松だ松だと書き込むヤツが出る前に書いてやる
これはいい話。
#-|2020/10/18(日) 08:35 [ 編集 ]

こういうの松っていうの、その人の人生を否定したみたいになるよね
#-|2020/10/18(日) 08:44 [ 編集 ]

こころ優しい犬め。いつまでも家族を守り天寿を全うしてしぬとはなにごとだ!
おまえのような犬は英雄と呼んでやる!
#-|2020/10/18(日) 08:46 [ 編集 ]

いい話だけど文章下手すぎて入ってこねぇ
#-|2020/10/18(日) 09:42 [ 編集 ]

別に下手という程でもない。
一箇所、あからさまな誤字があるけど、まあ前後の文脈で意味は分かるし
#-|2020/10/18(日) 10:00 [ 編集 ]

生まれは恵まれてるとは言えないけれど、良い家族には恵まれたようで良かった。
実のオヤ(親とは表記したくないんだろうな)のした事で褒められる事があるとするなら、
この家の近くに置いてった事だろうなぁ。良いじいやorばあやが憑いてるようで何よりだ。

※4
この程度の文で下手「すぎる」はないだろう。
素人のネットの書き込みにどこまで文章力求めるんだ、ケータイ小説じゃあるまいし。
#-|2020/10/18(日) 11:07 [ 編集 ]

いい話を見かけたらなんとしてもケチをつけたくなるような貧相な思考しかできないやつがいるんだろう。
#-|2020/10/18(日) 11:08 [ 編集 ]

自殺→ジサツみたいな書き方はよくあっていつも普通に書けよと思うけど
とうとうハハオヤまでカタカナか
親とは認めないという厨二的な表現なんだろうな
この部分でぜんぶが嘘松だとわかる
#-|2020/10/18(日) 11:10 [ 編集 ]

※8
こじつけがすぎるw
というか、親と認めようもないだろ、こんなの。
ただ産み捨てただけなんだがら。
#-|2020/10/18(日) 11:48 [ 編集 ]

ジサツは殺の字がNGワードで引っかかるのを避けてんだろ。
#-|2020/10/18(日) 12:38 [ 編集 ]

出た出た松勢w必ず湧くんだよなこいつら
#-|2020/10/18(日) 13:28 [ 編集 ]

報告者に幸あれ
文章が上手だと嘘だといい、下手だと読めないとわめく身勝手さ
#-|2020/10/18(日) 13:42 [ 編集 ]

いやまあ流石に嘘松でしょ
#-|2020/10/18(日) 15:00 [ 編集 ]

血の匂いでもしたんかね。
見つけた瞬間そのまま食われなくて良かったよ。
#-|2020/10/18(日) 15:15 [ 編集 ]

30年以上前の田舎というのを踏まえてあってもおかしくない話。
今でも乳児の遺棄事件はあるし、赤ちゃんポストだってあるのに、なぜ嘘だと思えるのだろう
#-|2020/10/18(日) 15:30 [ 編集 ]

犬って個体差あるけど、結構仔猫拾ってくるしなあ。
状況によっては、人間の赤ちゃんだってあり得る
#-|2020/10/18(日) 16:28 [ 編集 ]

うちの飼ってた猫も、散歩中に近所の犬が雑木林の傍で吠えてたのを見つけた子猫だし、犬はそういうの見つけるよね。
加えて都会はコンビニのトイレで赤ちゃんが…ってのはあるけど、コンビニが全く無い田舎もあるし、集落の殆どが遠い親戚って土地もある。そこで遺棄するなら山の中だわなあ。

確かにいい話だった。
#-|2020/10/18(日) 18:12 [ 編集 ]

※8
嘘松認定師の朝は遅い
#-|2020/10/18(日) 21:34 [ 編集 ]

また嘘松か
#-|2020/10/19(月) 16:00 [ 編集 ]

嘘松認定師うざい。
#-|2020/10/19(月) 18:10 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mousouteki.blog53.fc2.com/tb.php/36564-2a527b85

カープ

興味しんしん

妄想的リンク

ブログ開始から何日経った?

読みたい

Copyright(C) 2006 続・妄想的日常 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.