FC2ブログ
続・妄想的日常
おかえり。 

妄想的ダンサーズ

dancing2.gif

妄想的ヘッドライン

プロフィール

妄想

Author:妄想
面白いスレッドなどありましたら教えて下さいまし。相互リンクもこちらから。

mixi始メマスタ
マイミク募集中(`A')キャァァァァァ


調子に乗って「続・妄想的日常☆別館」
始メマスタ


またまた調子に乗って「妄想さんの拾い物」始メマスタ

フィードメーター - 続・妄想的日常


ブログパーツ




※のNGワードを http:// にしておりますよ♪


更新情報と愚にもつかないつぶやきはこちら




セリーグ順位表

プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表

最近の記事

最近のコメント

妄想的人気記事

カテゴリー

ブログ内検索

BlogRingというものらしい

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別


05月 | 2020年06月 | 07月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -


子はかすがい

2007/04/27(金) 15:16:27
232 名前:水先案名無い人[sage] 投稿日:2007/04/26(木) 11:27:40 ID:EqxCnVmO0
「子はかすがい」このことわざを知らなかったバカがいたんです。
で、自慢げに話すのよ。
「今までずっと知らなかったんだけど子はかすがいって言葉あるんだって。
最初聞いたとき、は?春日井?ここ名古屋ですけどー?
(名古屋のそばに春日井って地名があります)
意味ワカンネって思ったけどかすがいって柱と柱をくっつける金具なんだってなー」
って、ジェスチャーで両手の付け根をくっつけてこう、ひらひらさせるわけ。
それじゃ「ちょうつがい」だろ。こいつ本当バカ。

関連記事
スポンサーサイト



まるでダメTB:0CM:16
<< 半年後・・・ホーム全記事一覧レガる・ダンドる >>

コメント

子はカスがいいですかそうですか
#-|2007/04/27(金) 16:49 [ 編集 ]

子、吐かすがいい
虐待ですかそうですか。
#-|2007/04/27(金) 17:57 [ 編集 ]

※1-2
コメントしづれえだろ…
ryu #-|2007/04/27(金) 19:35 [ 編集 ]

※3大丈夫だよ。まかせて!


真面目な話、「子はかすがい」の意味が分かりません。誰か教えて下さい。
  #-|2007/04/27(金) 20:18 [ 編集 ]

※5
柱と柱を繋ぐ、ひらひらした
金具の事だヨー。
けど聞く前にググッたほうが確実だよー
ー #-|2007/04/27(金) 20:35 [ 編集 ]

いやその友達合ってると思うよ・・・w

鎹はコの字してる釘みたいな奴の事
#4nHpPTls|2007/04/27(金) 21:00 [ 編集 ]

子、若すぎがいい
炉利ですかそうですかそうですか
#-|2007/04/27(金) 21:31 [ 編集 ]

見た目で言うとでかいホッチキスの芯(1本)だよな
#-|2007/04/27(金) 21:41 [ 編集 ]

今まで蝶番の事をかすがいだと思ってた俺を罵ってください。
#-|2007/04/27(金) 23:03 [ 編集 ]

この豚野郎
#-|2007/04/28(土) 00:07 [ 編集 ]

春日井の子は春日井
  #-|2007/04/28(土) 01:32 [ 編集 ]

柱と柱はちょうつがいではくっつかないよな
  #-|2007/04/28(土) 04:31 [ 編集 ]


いやくっつくだろ
動くだけのことで
#-|2007/04/28(土) 17:00 [ 編集 ]

※6
お前こそググれ。
#-|2007/04/29(日) 02:05 [ 編集 ]

※1はかりあげクンにもあったネタ
名無しさん #-|2007/04/29(日) 13:43 [ 編集 ]

道理で金槌で打とうとしたわけだ

落語「子別れ」より
#-|2007/07/20(金) 00:07 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mousouteki.blog53.fc2.com/tb.php/3564-4524bfe5

カープ

妄想的リンク

ブログ開始から何日経った?

興味しんしん

読みたい

Copyright(C) 2006 続・妄想的日常 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.