FC2ブログ
続・妄想的日常
おかえり。 

妄想的ダンサーズ

dancing2.gif

妄想的ヘッドライン

プロフィール

妄想

Author:妄想
面白いスレッドなどありましたら教えて下さいまし。相互リンクもこちらから。

mixi始メマスタ
マイミク募集中(`A')キャァァァァァ


調子に乗って「続・妄想的日常☆別館」
始メマスタ


またまた調子に乗って「妄想さんの拾い物」始メマスタ

フィードメーター - 続・妄想的日常


ブログパーツ




※のNGワードを http:// にしておりますよ♪


更新情報と愚にもつかないつぶやきはこちら




セリーグ順位表

プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表

最近の記事

最近のコメント

妄想的人気記事

カテゴリー

ブログ内検索

BlogRingというものらしい

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別


06月 | 2020年07月 | 08月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -


夫婦で小さいながらも会社経営している

2020/06/06(土) 08:42:19
906 名前:名無しさん@おーぷん[sage] 投稿日:20/06/02(火)19:20:11 ID:Cb.3o.L5
<胸糞注意>
夫婦で小さいながらも会社経営している。
私は経理事務をやってて、営業事務の方をパートさんを雇っていた。
10時から16時までの6時間勤務で週4日。
Aさんがうちに来始めた頃はまだ新婚さんで、2年ぐらい経って妊娠した時
「臨月まで働きたい」と希望したので了承した。
ところが臨月を迎える前に離婚することになったらしい。
事情は本人が言わないので無理矢理聞き出すわけにもいかなかったが
とにかく「離婚するので、このまま働かせて欲しい」と言われた。
「どういう事情か分からないけど、うちのパートのお給料でやっていけるの?」って聞いたら
「子供が小さいうちは正社員で働くのは無理だし、仕事してないと預けられないし」と言う。
実家のご両親との折り合いが悪いってことは以前に聞いていたので、そこには触れなかった。
それで夫と相談して、まぁ赤ちゃんがいれば急に休んだり遅刻や早退が増えるだろうけど
私はもともと経理と営業をひとりでやってたわけだから、どうにかなるでしょってことで
これまで通りで勤めてもらうことにした。
それまで時給900円だったのを、応援の気持ちも込めて1050円にアップもした。

自分で言うのもなんだけど、その後Aさんにはずいぶん協力してきたと思う。
仕事が少し暇なときには、タイムカードは定時でやっておくから帰っていいよ~とか、
うちはお昼休みも電話かかってきたりするから時給が発生するんだけど
そのお昼休みのうちに買い物に行かせたり、用事があるなら済ませてきていいよ~とか。
最初の頃はありがとうございますありがとうございますって低姿勢だったんだけど、
半年もすると「~行ってきていいですか?」じゃなく「行ってきまーす!」って感じになった。
タイムカードの件も、あれはこちらの好意でやってることなのに
「今日暇ですねぇ。帰っちゃいますね(テヘペロ」と言ってタイムカードを押さずに帰るように。
2chで言う【餌付け乙】状態にしてしまい、このままではいけないと
ある時、Aさんが早退したあと、その時間でタイムカードを押した。
翌日それに気づいて反省してくれたらよかったんだけど、明らかにムッとしてしばらく無言だった。
それからは定時は定時とケジメをつけさせてもらった。
代わりにやたらと「お金がない」と言うようになった。
そして週4日を週5日にして貰えないかと相談を受けたんだが、
その頃の状況でも週3日でもいいぐらいの仕事量だったし、申し訳ないけどそれは無理ですと応じた。
その代わり、お昼ご飯に出前を取れば会社経費で落としたり、
お中元やお歳暮でもらった商品券をボーナスと別に分けてあげたりした。
それでも「お金がない」と言う。
それである時、「うちではこれ以上の協力は難しい、いっそのこと転職してみてはどうか」と言った。
そしたら翌日退職すると言ってきた。
ビックリして「新しい会社のあてはあるの?」と聞いたら「無いけど辞めて欲しそうだから」って言う。
そういう意味じゃないんだってことを説明しても「あんなふうに言われたら居づらい」と退職した。

それから一年半ぐらい経ってたかな。
新聞でAさんの無理心中の記事を読んだ。
ビックリしたなんてもんじゃない。
相当困窮していたそうだし、たぶん色々上手くいかなかったんだろうなと思い、
うちでそのまま勤めて貰ってたら、正社員に登用してあげられてたら、と後悔しまくった。
が、後悔したところでやっぱり彼女が希望する通りには出来なかっただろうし・・・難しい。







関連記事
スポンサーサイト



体験談TB:0CM:17
<< クラウドファンディングホーム全記事一覧オンライン授業 >>

コメント

自らが撒いた種をじっくり育てて収穫まで済ませただけのことだろ
他の誰が気にすることでもない
#-|2020/06/06(土) 09:06 [ 編集 ]

周りからの厚意や配慮を受けて当たり前と認識する層はどうしようもないね。
こういう層は基本感謝の心が薄いし、逆に他者に配慮するという心も薄い。

本当に子どもがかわいそうだわ。
#-|2020/06/06(土) 09:49 [ 編集 ]

母子家庭は手当も補助もめっちゃあるし、なんなら生活保護も貰いやすいんだから、心中するほどの貧困になるのは何かしら本人に問題あったんじゃないかね。
関わってしまったから気になるのは分かるけど、気に病む必要はないわな
#-|2020/06/06(土) 09:50 [ 編集 ]

再就職が難しければ生活保護を受ければいいのにな
子供が不憫だ
#-|2020/06/06(土) 09:50 [ 編集 ]

気に病むのはわかるけど、これはどうみても本人の問題。手は尽くしたもの。
人生は割り切れないことばっかりだと割り切ろう
#-|2020/06/06(土) 10:15 [ 編集 ]

実家と疎遠なのも、出産前に離婚したのも、仕事の事も、
大体は当人が引き寄せたんだろうなーとしか思えん。邪推だけど。
本人の態度を注意されたり何か意見の対立があるたびに、擦り合わせも落とし所も見出さず
じゃあもういい!と10か0かの態度とって自分から離れてった挙げ句、
自分の首締めて八方塞がりで子供道連れENDなんだろうけど、マジ子供可哀想。
#-|2020/06/06(土) 10:28 [ 編集 ]

そのまま居座り続けて会社ごと共倒れになるよりはまあ
#-|2020/06/06(土) 11:02 [ 編集 ]

世の中を舐めきってた人の末路って感じ
#-|2020/06/06(土) 14:57 [ 編集 ]

子供じゃないんだからはっきり言えよ
察しろ、察しろ、察しろってメンヘラのかまってちゃんかよ
#-|2020/06/06(土) 15:36 [ 編集 ]

※6
同意。たとえ妊娠中に浮気されたんだとしても普通は貯金しながら子供がある程度育つまで待つよね。
0か10か極端なのって何かしらの疾患がありそう
#-|2020/06/06(土) 15:47 [ 編集 ]

子供を手元で育てられなかったら、自治体にもよるけど一時的に乳児院や児童養護施設に預けて面会しながらお金を稼ぐ選択肢もあるんだよね
シングルマザー一馬力なんてしんどいに決まってるんだから、子供にかかるお金を浮かせる手段あるけど、知的に問題あるなら難しいだろうし、正解は無いよなあ
#-|2020/06/06(土) 17:52 [ 編集 ]

知的に問題あるなら子供作らないの一択じゃない?
人望、学歴、収入貯金、風○やるか役所に頼るたくましさ、
のどれかひとつが、せめて平均ぐらいないと子供なんて高リスク高コストの贅沢品作っちゃだめだって
それもう自分こそが、自由と引き換えに国に守られなきゃ生きていけない人種じゃない
#-|2020/06/06(土) 20:26 [ 編集 ]

関わった人にしてみれば胸糞かも知れん。
あいにく、読み手にしてみると胸糞というよりスカっと。
人の行為に上手に甘える人には反感を持たないが、
調子に乗る人はどうも…ね。
#-|2020/06/06(土) 22:39 [ 編集 ]

雇う側として「労働の成果としての報酬」ってラインは崩しちゃいけないんだよな
一歩譲れは踏み込んでくる人を事前に判断できりゃ楽なんだけどさ
#-|2020/06/07(日) 07:54 [ 編集 ]

無理心中するやつは自分勝手だってのが改めてわかった
#-|2020/06/08(月) 11:47 [ 編集 ]

昔は残された子供が不憫だからって話もあったけど今は通じんわな。
#-|2020/06/10(水) 21:17 [ 編集 ]

なんかハイテンションになっちゃったんかな、悪い方に
#-|2020/06/10(水) 21:31 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mousouteki.blog53.fc2.com/tb.php/35604-208981a6

カープ

興味しんしん

妄想的リンク

ブログ開始から何日経った?

読みたい

Copyright(C) 2006 続・妄想的日常 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.