FC2ブログ
続・妄想的日常
おかえり。 

妄想的ダンサーズ

dancing2.gif

妄想的ヘッドライン

プロフィール

妄想

Author:妄想
面白いスレッドなどありましたら教えて下さいまし。相互リンクもこちらから。

mixi始メマスタ
マイミク募集中(`A')キャァァァァァ


調子に乗って「続・妄想的日常☆別館」
始メマスタ


またまた調子に乗って「妄想さんの拾い物」始メマスタ

フィードメーター - 続・妄想的日常


ブログパーツ




※のNGワードを http:// にしておりますよ♪


更新情報と愚にもつかないつぶやきはこちら




セリーグ順位表

プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表

最近の記事

最近のコメント

妄想的人気記事

カテゴリー

ブログ内検索

BlogRingというものらしい

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別


08月 | 2020年09月 | 10月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -


歴史上の人物の人格は

2020/06/03(水) 08:13:18
567 名無しさん@お腹いっぱい。 sage 2020/05/31(日) 01:34:12.27 vK6UjNqI
そう言えば歴史上の人物の人格は
メイドというかお手伝いさんを孕ませているかどうかで分かると聞いた

人権でお馴染みのルソーは酷かった記憶





関連記事
スポンサーサイト



その他TB:0CM:10
<< 文豪ホーム全記事一覧東京アラートってどうなるんや? >>

コメント

今の日本のメイド像は「可愛い女の子が色々ご奉仕してくれる」だけど、本来のメイドは「貴族が自分のステータスをひけらかす為に雇う、低い身分の職業」だからな。

そりゃあ、当時の世界像からして高い身分の人間が低い身分の人間まで食べたら悪食と言われても仕方ないだろうな。
#-|2020/06/03(水) 08:20 [ 編集 ]

アメリカの第二代大統領のジェファーソンは、
黒人奴隷の子孫にしっかりとDNAが残ってた。
で、Wikipediaにもしっかりと記載された。
#-|2020/06/03(水) 09:23 [ 編集 ]

新たな性癖に目覚めそうです
FXってやつがいいのかな
#-|2020/06/03(水) 13:59 [ 編集 ]

宮廷の庭師の顔が自分に似ていることに気づいた国王が「お前の母親は若いころ宮廷でメイドをしていなかったか?」と聞いたら、庭師が「いいえ、しかし父も若いころ宮廷で庭師をしていました」と答えた、という外国の小噺を思い出した
#-|2020/06/03(水) 14:41 [ 編集 ]

少しはベートーベンを見習え
#-|2020/06/03(水) 15:06 [ 編集 ]

※4
前国王がメイド孕ませたじゃなくて、庭師の父が国王の母親を孕ませた的な話ワロタ。
#-|2020/06/03(水) 15:42 [ 編集 ]

米1
中流層も雇ってたし、身分をひけらかすと言うよりは、電化製品とかない時代の必需品&現代で言うアイロンかけたシャツぐらいあって当たり前のもんだな

ちなみに身分の低い人に手を出すから問題だって言われてたわけじゃないぞ
娼婦は普通だったし愛人囲うのもよくあることだった。結婚さえしなければ問題ないのよ
ただそれを妻の管理下のメイドや雇用関係上逆らえない相手にやるのはよろしくないねって言われてただけやで
妻の見知った人間を穴扱い&愛人起用は流石にまずいよねって話
#-|2020/06/03(水) 17:36 [ 編集 ]

ルソーが人格的にカスだったのは有名な話で、メイドがどうとか以前の話やぞ。性格悪すぎて社交界にいられなくなったくらいだ

あとルソーは人権思想というより社会主義の元祖や。一般意志やぞ
#-|2020/06/03(水) 21:05 [ 編集 ]

AVも無い時代、自宅に若いメイドが働いてる場面を想像すると...自分は彼等へ石を投げられないわ
  #-|2020/06/04(木) 21:10 [ 編集 ]

そういえば、動揺「むすんでひらいて」の原曲を作曲したのはルソーなんだよな
#-|2020/06/04(木) 22:35 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mousouteki.blog53.fc2.com/tb.php/35576-f85915fc

カープ

興味しんしん

妄想的リンク

ブログ開始から何日経った?

読みたい

Copyright(C) 2006 続・妄想的日常 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.