FC2ブログ
続・妄想的日常
おかえり。 

妄想的ダンサーズ

dancing2.gif

妄想的ヘッドライン

プロフィール

妄想

Author:妄想
面白いスレッドなどありましたら教えて下さいまし。相互リンクもこちらから。

mixi始メマスタ
マイミク募集中(`A')キャァァァァァ


調子に乗って「続・妄想的日常☆別館」
始メマスタ


またまた調子に乗って「妄想さんの拾い物」始メマスタ

フィードメーター - 続・妄想的日常


ブログパーツ




※のNGワードを http:// にしておりますよ♪


更新情報と愚にもつかないつぶやきはこちら




セリーグ順位表

プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表

最近の記事

最近のコメント

妄想的人気記事

カテゴリー

ブログ内検索

BlogRingというものらしい

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別


03月 | 2021年04月 | 05月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


2007/04/25(水) 17:28:23
72 名前:ほんわか名無しさん[] 投稿日:2007/03/19(月) 13:44:33 O
ある夏のツーリング。
初めてのロング。初めての北海道。出逢いと発見の連続だった。
その旅路も終わりに近づいたころ、直江津郷津で一人の老人に出逢った。
その日の朝は快晴だった。
数日続いた雨で荷物が濡れていたこと、またキャンプ場が海水浴場を兼ねていた
こともあって俺は荷物とともに日光浴をしていた。まるで干物になったような気分だ。
「もう何日目?」
ふいに声がする。
目を開け、強い日差しのせいで青色がかった視界に入ってきたのは、
白髪でサングラスのご老人と車。
話を聞けば、先々で出逢った人に聞いたおすすめの所や名所をたどる、
予定のない旅をしているそうだ。
「私はね、病気で胃もほとんど取ってしまったし、もう長くはないんだ。
だからね、向こうへの土産のつもりでね、この旅してるんだよ。」
昔の人は言っていた。旅は日常から非日常へのシフトだ、と。
そして旅の終わりは、非日常から日常へと還ってゆくことだと。
またある人は教えてくれた。

73 名前:ほんわか名無しさん[] 投稿日:2007/03/19(月) 13:46:14 O
旅を表す英語は色々あるんだが、特に journey は、長い旅、終わらない旅、人生の縮図
という意味もあるのさ、と。
この人はその縮図の果てに、何を見たいんだろうか。
「君は北海道から帰ってきたのか! そうか、北海道も行ってみようかな。」
変わったところがいいと言うので、礼文島の桃岩荘ユースを勧めてみた。
そうだ、10月に東京でそのユースの大会が行われるそうなんで、よかったら
そこで会いませんか?と日時を勧めてみる。
「じゃ私がそのユース行けばわかるから、その件は私の宿題にしましょう。
その方が楽しみがあるでしょう。」
と返された。一本とられた。
「じゃ、また会いましょう。」
と言って、ご老人は行ってしまった。
俺はご老人が勧めてくれた「おわら祭風の盆」を見に、富山へ向かった。

夏は終わり、10月のユースの大会を前に、この人に手紙を出した。
東京での再会を楽しみにしています、と。

ご老人は大会に来なかった。
再度手紙を出しても、返事はなかった。
ご老人がどうなったか、わからない。

この人は人生の果ての間際に、旅という人生の縮図の中で、
何を求め、何を想ったんだろうか。
南会津の中嶋さん。
俺はその答えを聞きたかった
関連記事
スポンサーサイト



体験談TB:0CM:12
<< 俺は道化ホーム全記事一覧一軒屋買え >>

コメント

こんな老人と、一度話してみたいな。
色々と勉強になりそうだ。
#-|2007/04/25(水) 17:32 [ 編集 ]

最後の終わり方が秀逸すぎて鳥肌がたった。
こういう文章かける才能あるのは尊敬するなぁ。
最後 #-|2007/04/25(水) 17:42 [ 編集 ]

このコピペを見るたびPSの風雨来記をやりたくなる
#-|2007/04/25(水) 18:02 [ 編集 ]

旅々オートバイ...か?
rrr #-|2007/04/25(水) 21:45 [ 編集 ]

俺も鳥肌立った。
こんな風にあちこち動いて、
こんな風にものを考えられる人になりたい。
  #-|2007/04/26(木) 00:27 [ 編集 ]

答えは自分で出すもんだぜ
#-|2007/04/26(木) 01:29 [ 編集 ]

しかし老人に桃岩勧めるのかw
#-|2007/04/26(木) 02:56 [ 編集 ]

↑ハゲドウ
胃をとったおじいちゃんに桃は刺激が強すぎ
#-|2007/04/26(木) 06:27 [ 編集 ]

いいんじゃね?
こういう旅をする人種ってのは何歳になっても、
どんだけ弱っても刺激には強いもんだ。
癌に蝕まれながら旅してた親父を見てた俺が言うんだから間違いない。
  #-|2007/04/26(木) 11:08 [ 編集 ]

>じゃ私がそのユース行けばわかるから、その件は私の宿題にしましょう。
のあたりの意味がよくわからん
何が一本とられたの?
名無しさん #-|2007/04/26(木) 16:40 [ 編集 ]

↑え。お前まじでいってんの?
     #-|2007/04/26(木) 18:03 [ 編集 ]

桃岩の手前で人生を捨ててたどり着けなかったんじゃないのかこの老人。
名無しさん #-|2007/04/28(土) 20:24 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mousouteki.blog53.fc2.com/tb.php/3547-a29ab024

カープ

興味しんしん

妄想的リンク

ブログ開始から何日経った?

読みたい

Copyright(C) 2006 続・妄想的日常 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.