FC2ブログ
続・妄想的日常
おかえり。 

妄想的ダンサーズ

dancing2.gif

妄想的ヘッドライン

プロフィール

妄想

Author:妄想
面白いスレッドなどありましたら教えて下さいまし。相互リンクもこちらから。

mixi始メマスタ
マイミク募集中(`A')キャァァァァァ


調子に乗って「続・妄想的日常☆別館」
始メマスタ


またまた調子に乗って「妄想さんの拾い物」始メマスタ

フィードメーター - 続・妄想的日常


ブログパーツ




※のNGワードを http:// にしておりますよ♪


更新情報と愚にもつかないつぶやきはこちら




セリーグ順位表

プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表

最近の記事

最近のコメント

妄想的人気記事

カテゴリー

ブログ内検索

BlogRingというものらしい

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別


07月 | 2020年08月 | 09月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


ヤギ

2020/04/05(日) 12:00:00
31 風吹けば名無し 2020/04/04(土) 00:22:48.19 ID:Yo+pa6BF0
ダムに登ったりしとるよな
下に塩置いたれよと思うは

186 風吹けば名無し 2020/04/04(土) 00:36:32.65 ID:b4xB1M8Ta
>>31
ヤギさんアホだから崖登ってからじゃないと舐めないぞ

あまりにもダム壁から落ちるヤギが多いのでわざわざダムの下に塩分濃いめの壁作ったんやけど
ヤギはそれ無視してせっせとダム壁登っては落ちてるらしい

67 風吹けば名無し 2020/04/04(土) 00:26:02.84 ID:C0Ty1gAR0
黒い点々がヤギ
https://i.imgur.com/jokYfq5.jpg
jokYfq5.jpg


73 風吹けば名無し 2020/04/04(土) 00:26:21.00 ID:5epTCgKz0
こいつら落ちたりしないの?

77 風吹けば名無し 2020/04/04(土) 00:26:46.85 ID:1d9BV3rG0
>>73
普通に落ちて死ぬ






関連記事
スポンサーサイト



その他TB:0CM:12
<< 勝てば英断ホーム全記事一覧捨てても帰ってくる >>

コメント

食べれるの?ヤギ
#-|2020/04/05(日) 12:36 [ 編集 ]

そこにダム壁があるから
#-|2020/04/05(日) 13:03 [ 編集 ]

下に塩置いてもダメなら、ヤギ用に登りやすい部分作っておくくらいしか方法はないか?
#-|2020/04/05(日) 16:44 [ 編集 ]

習性って奴+上に登って舐めるっていう学習によるもんだな。
下にもあるよって学習させないとだめなんじゃないかな。
#-|2020/04/05(日) 17:59 [ 編集 ]

下にヤギさんをせき止めるダムを作るしか. . .
  #-|2020/04/05(日) 19:25 [ 編集 ]

ヤギにとって他の動物が上ってこれないような崖は安心できるポイントなのよ
どうにもならない
#-|2020/04/05(日) 20:51 [ 編集 ]

鼠返しならぬ山羊返しが必要
#-|2020/04/05(日) 22:07 [ 編集 ]

ヤギ「ぱらいそさいくだ!」
#-|2020/04/05(日) 22:21 [ 編集 ]

石を掴んで急降下爆撃を喰らわせて、落下して死んだヤギさんを喰う鷹もいると聞いた
#-|2020/04/06(月) 09:11 [ 編集 ]

もう開き直ってヤギ料理を研究するしかないな
#-|2020/04/06(月) 14:34 [ 編集 ]

ちょっと横の岩場のほうがまだ上りやすそうなのに
#-|2020/04/07(火) 08:21 [ 編集 ]

三びきやぎのがらがらどん!
メチャクチャ懐かしい
内容まったく覚えてないけど
#-|2020/04/08(水) 14:28 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mousouteki.blog53.fc2.com/tb.php/35162-886ac960

カープ

興味しんしん

妄想的リンク

ブログ開始から何日経った?

読みたい

Copyright(C) 2006 続・妄想的日常 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.