FC2ブログ
続・妄想的日常
おかえり。 

妄想的ダンサーズ

dancing2.gif

妄想的ヘッドライン

プロフィール

妄想

Author:妄想
面白いスレッドなどありましたら教えて下さいまし。相互リンクもこちらから。

mixi始メマスタ
マイミク募集中(`A')キャァァァァァ


調子に乗って「続・妄想的日常☆別館」
始メマスタ


またまた調子に乗って「妄想さんの拾い物」始メマスタ

フィードメーター - 続・妄想的日常


ブログパーツ




※のNGワードを http:// にしておりますよ♪


更新情報と愚にもつかないつぶやきはこちら




セリーグ順位表

プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表

最近の記事

最近のコメント

妄想的人気記事

カテゴリー

ブログ内検索

BlogRingというものらしい

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別


04月 | 2020年05月 | 06月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -


仏教国タイ

2020/02/28(金) 12:00:00
644 :名無しさん :[sage]: 2020/02/24(月) 15:24:00.49 ID:XUyQVf7ho
仏教国タイでは
「善い行いをして点数を稼ぎ徳を積むと、その内自分に良いことが起きる」
という考えが浸透している。
例えば、電車で人に席を譲ると、5点。
お坊さんに席を譲ると、30点。
尼さんに席を譲ると、2,000点。
この前電車乗ってて尼さん入ってきた瞬間
その車両に座ってたタイ人全員立ってワロタ






関連記事
スポンサーサイト



体験談TB:0CM:14
<< ソ連時代のモスクワの精神病院に、患者が担ぎこまれるホーム全記事一覧さすがだな >>

コメント

ジャンプの読み切りのギャグ漫画で、善行するたびに「仏ポイント+100」とかやってたやつを思い出した
#-|2020/02/28(金) 12:20 [ 編集 ]

徳を積む、というのを言い換えるとこんな表現になるのか・・・
#-|2020/02/28(金) 12:44 [ 編集 ]

ボーナスポイントかよ
#-|2020/02/28(金) 12:46 [ 編集 ]

見返りを得るための善行って何か違うと思うの。
#-|2020/02/28(金) 13:07 [ 編集 ]

リアル徳を積む国か
#-|2020/02/28(金) 13:19 [ 編集 ]

尼さんはぐれメタル扱いかよ
#-|2020/02/28(金) 13:35 [ 編集 ]

住宅情報誌「徳ポイントの稼げる町」
#-|2020/02/28(金) 14:31 [ 編集 ]

※4
まあ見返りを求めず善行をするのが一番だけど、凡人はそこまで達観出来ないからね。
見返り目的であっても、皆が人に優しい行動を取れるなら
社会的にはそれでいいんじゃないかな。
#-|2020/02/28(金) 14:48 [ 編集 ]

女性が僧侶に触れるとそれまで修行で積んだ得がリセットされちゃうので、絶対に接触してはダメと、バンコクへ旅行へ行ったときガイドに言われたことを思い出した
#-|2020/02/28(金) 15:51 [ 編集 ]

尼さんには甘い
#-|2020/02/28(金) 18:57 [ 編集 ]

※4
見返りのための親切でもいいじゃん。
見て見ぬ振りより。
車椅子のお母さんとタイかどこかを旅行した人のnote読んだけどどこへ行っても人が寄ってきて頼まなくても車椅子運んでくれてとても助かったらしい。
自分のための行動でも結果人のためになるし、される方も申し訳なく思う必要がないのは利点かと。
#-|2020/02/28(金) 20:19 [ 編集 ]

尼さん電車でみたことねーわ
#-|2020/02/29(土) 04:44 [ 編集 ]

積善というもの
#-|2020/02/29(土) 14:58 [ 編集 ]

皆が無料で善行に向かうシステム!
仕組んだ奴は有能な管理者。
#-|2020/03/01(日) 09:44 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mousouteki.blog53.fc2.com/tb.php/34886-cb219760

カープ

妄想的リンク

ブログ開始から何日経った?

興味しんしん

読みたい

Copyright(C) 2006 続・妄想的日常 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.