FC2ブログ
続・妄想的日常
おかえり。 

妄想的ダンサーズ

dancing2.gif

妄想的ヘッドライン

プロフィール

妄想

Author:妄想
面白いスレッドなどありましたら教えて下さいまし。相互リンクもこちらから。

mixi始メマスタ
マイミク募集中(`A')キャァァァァァ


調子に乗って「続・妄想的日常☆別館」
始メマスタ


またまた調子に乗って「妄想さんの拾い物」始メマスタ

フィードメーター - 続・妄想的日常


ブログパーツ




※のNGワードを http:// にしておりますよ♪


更新情報と愚にもつかないつぶやきはこちら




セリーグ順位表

プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表

最近の記事

最近のコメント

妄想的人気記事

カテゴリー

ブログ内検索

BlogRingというものらしい

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別


03月 | 2020年04月 | 05月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


娘「絵本読んで」

2020/02/19(水) 12:00:00
340 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 投稿日:2020/02/18(火) 23:10:20.55 ID:vVvS2a0z0
娘「絵本読んで」
母「桃太郎」
娘「安倍総理っぽく」

母「今 まさに まさにですね 川の上流から桃が流れてまいりまして これ これこそが桃であります 
先ほどからそう申し上げてるじゃないですか 民主党政権時にも桃は流れていたわけで 
これははっきりと申し上げておきたいわけであります」






関連記事
スポンサーサイト



ネタTB:0CM:10
<< つい片足を上げてしまうホーム全記事一覧結婚してみたい >>

コメント

サンドウィッチマンの伊達ちゃんにやらせると上手いと思う
#-|2020/02/19(水) 12:15 [ 編集 ]

トランプ大統領と電話会談をして桃だと一致しなきゃ。
#-|2020/02/19(水) 13:28 [ 編集 ]

↑これかな。

【公式】サンドウィッチマン コント【喫茶店】 - YouTube
https://www.youtube.com/watch?v=sY9H9OkoxDM&t=660
#-|2020/02/19(水) 13:29 [ 編集 ]

脳内再生余裕
#-|2020/02/19(水) 14:07 [ 編集 ]

犬猿雉に対してきびだんごの授受はあったんですか!?イエスかノーかでお答えください!総理!!
#-|2020/02/19(水) 14:56 [ 編集 ]

ぇ、今、挙げられました三氏への黍団子の受け渡しについてですね、明細書の存在や、それが、それがですね、所謂裏報酬に当たるのではないかという御指摘が、各方面より御指摘があるのは承知しておりますが…
ぁちょっと、まず聴いてください、ちゃんと御説明致しますので、静かに…静かに

先ずですね、彼等と私の間に雇用関係が成立しているという、今まで何回も申し上げている前提があるわけです
#-|2020/02/19(水) 16:14 [ 編集 ]

「どうしてそう言い切れるんだー?!」
『根拠を述べろ〜!!』
#qiZxG8oA|2020/02/19(水) 16:35 [ 編集 ]

『そもそも鬼ヶ島への遠征自体が“未承認の海外派兵”になるんじゃないのかー』
#-|2020/02/19(水) 17:37 [ 編集 ]

ttp://mousouteki.blog53.fc2.com/blog-entry-32507.html
1年ぶり2回目

麻生バージョンとゲルバージョンも読んでみたいな。
野党の方々は…話が鬼目線になりそう。
#-|2020/02/19(水) 18:22 [ 編集 ]

だからhを抜かずにhttpsにしようってば。

続・妄想的日常 絵本読んで
https://mousouteki.blog53.fc2.com/blog-entry-32507.html
#-|2020/02/19(水) 19:15 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mousouteki.blog53.fc2.com/tb.php/34828-de42dbff

カープ

妄想的リンク

ブログ開始から何日経った?

興味しんしん

読みたい

Copyright(C) 2006 続・妄想的日常 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.