FC2ブログ
続・妄想的日常
おかえり。 

妄想的ダンサーズ

dancing2.gif

妄想的ヘッドライン

プロフィール

妄想

Author:妄想
面白いスレッドなどありましたら教えて下さいまし。相互リンクもこちらから。

mixi始メマスタ
マイミク募集中(`A')キャァァァァァ


調子に乗って「続・妄想的日常☆別館」
始メマスタ


またまた調子に乗って「妄想さんの拾い物」始メマスタ

フィードメーター - 続・妄想的日常


ブログパーツ




※のNGワードを http:// にしておりますよ♪


更新情報と愚にもつかないつぶやきはこちら




セリーグ順位表

プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表

最近の記事

最近のコメント

妄想的人気記事

カテゴリー

ブログ内検索

BlogRingというものらしい

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別


02月 | 2020年03月 | 04月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


まだ二十代だった幼馴染みが残念ながら亡くなった

2020/02/16(日) 12:00:00
939 名前:名無しさん@おーぷん[sage] 投稿日:20/02/12(水)11:53:44 ID:J1.wz.L1
一年前のことだけど、まだ二十代だった幼馴染みが残念ながら亡くなった
報せは来なかった
幼馴染みの母親が
「(私)ちゃんは今とても幸せそうだから、うちの子が亡くなったと聞いたら“私は幸せでよかった”って思うでしょ?
私、そんなの辛すぎるから」
と言う謎理論で葬式も四十九日も伏せてたから

私が辛かった時にまさにその“私は幸せでよかった!”を幼馴染み母にやられ、
幼馴染みも微妙に同調してたから数年の間に一気に疎遠になりつつあった
でもまさか亡くなったことまで伏せられると思わなかったわ
幼馴染みの旦那泣いてたよ、誰も呼べずこそこそ隠すような葬式しかできなかったって
自分がやってたから他人もやる!って思考回路なんだろうけどそんな鬼畜生アンタだけだ





関連記事
スポンサーサイト



体験談TB:0CM:12
<< 田舎陰湿だなホーム全記事一覧引越しの挨拶の際に地元のお土産をいただいた >>

コメント

普通の韓国人じゃん
自分が糞だからあいつも糞に違いないって思考で行動するからまじ手におえないぞ
#-|2020/02/16(日) 13:12 [ 編集 ]

※1
ヒトラーと同じ性別の奴がまた差別発言をしてる…
#-|2020/02/16(日) 13:25 [ 編集 ]

ヒトラーと同じ血液型の奴がまた差別発言をしてる…
#-|2020/02/16(日) 13:49 [ 編集 ]

ヒトラーと同じ星座の奴がまた差別発言をしている…
#-|2020/02/16(日) 16:27 [ 編集 ]

ヒトラーと同じ干支の奴がまた差別発言をしている…?
#-|2020/02/16(日) 17:11 [ 編集 ]

なんだ、何が起きてる?
#-|2020/02/16(日) 17:35 [ 編集 ]

ヒトラーと同じ星に産まれた奴がまた差別発言をしている…
#-|2020/02/16(日) 20:10 [ 編集 ]

ヒムラーと同じ時代の奴がまた差別発言している?
#-|2020/02/16(日) 21:05 [ 編集 ]

ヒットラーじゃないって~♪
#-|2020/02/16(日) 21:44 [ 編集 ]

なにがヒトラ-w
まさに馬鹿の一つ覚え
#-|2020/02/16(日) 23:57 [ 編集 ]

でも※1の言ってることを否定できない
  #-|2020/02/17(月) 01:03 [ 編集 ]

「私が辛かった時にまさにその“私は幸せでよかった!”を幼馴染み母にやられ、幼馴染みも微妙に同調してたから数年の間に一気に疎遠になりつつあった」

よくわからない…
例えば入院とかしてたらお見舞いに来てわざわざ「私健康で良かったー!」って言う感じ?

#-|2020/02/19(水) 13:22 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mousouteki.blog53.fc2.com/tb.php/34814-6c3a572e

カープ

妄想的リンク

ブログ開始から何日経った?

興味しんしん

読みたい

Copyright(C) 2006 続・妄想的日常 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.