FC2ブログ
続・妄想的日常
おかえり。 

妄想的ダンサーズ

dancing2.gif

妄想的ヘッドライン

プロフィール

妄想

Author:妄想
面白いスレッドなどありましたら教えて下さいまし。相互リンクもこちらから。

mixi始メマスタ
マイミク募集中(`A')キャァァァァァ


調子に乗って「続・妄想的日常☆別館」
始メマスタ


またまた調子に乗って「妄想さんの拾い物」始メマスタ

フィードメーター - 続・妄想的日常


ブログパーツ




※のNGワードを http:// にしておりますよ♪


更新情報と愚にもつかないつぶやきはこちら




セリーグ順位表

プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表

最近の記事

最近のコメント

妄想的人気記事

カテゴリー

ブログ内検索

BlogRingというものらしい

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別


02月 | 2020年03月 | 04月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


パート先に新人パートが入って私が教育係になった

2020/02/12(水) 12:00:00
325 名前:おさかなくわえた名無しさん[sage] 投稿日:2020/02/11(火) 11:21:18.47 ID:ISlP4IEG
パート先に新人パートが入って私が教育係になった
まずは簡単な仕事から「これはこうして、そうそう、そんな感じだよ」って教えてたら
「今までの人生で否定されてばかりだったけどここに来て初めて私さんに肯定してもらえました」
って言われた
ちょっと仕事教えただけでそんな重い感じにされても

327 名前:おさかなくわえた名無しさん[sage] 投稿日:2020/02/11(火) 12:04:11.13 ID:XbftbK5v
>>325
「私、生きてていいんですよね、いいんですよね?」と訊かれる前に逃げて!w






関連記事
スポンサーサイト



体験談TB:0CM:7
<< 妻が時間にルーズで困るホーム全記事一覧大事な人に会わせたい >>

コメント

そういうとこだぞって言いたくなるな
#-|2020/02/12(水) 13:35 [ 編集 ]

褒めて伸ばすタイプとか叱って伸ばすタイプとか色々あるけど
間違えてこうなっちゃう人いるよなぁ…。

ほわちゃあ!!ルートじゃないけどこれはこれで面倒くさい

#-|2020/02/12(水) 13:43 [ 編集 ]

叱って伸びるやつなんて結局居ないってのが既に通説だと思うが。
自尊心無くなってしまった人には「今までの回りが糞なだけだったから、今から周りをよくみてごらん」と言っとけば依存対策にはならんかね?
精神科にも「何やってもうまく出来ないダメダメな自分」の治療に来た人の話し聞くと、「周りが寄ってたかって糞だから、離れた方がいい」という案件も結構あるそうだ。
世の中で振りかざされる『常識』なんてやつは、実はほんの数メートルで変わるもんだな。
#-|2020/02/12(水) 17:47 [ 編集 ]

※3
どこの通説か教えてほしいです
大人ならそうかもしれんが子供相手なら叱らないとそもそもやらないやつがいる以上その説は当てはまらないことも多いと思う
どんだけ褒めても勉強はやりたくないやつは多い・・・
#-|2020/02/12(水) 19:38 [ 編集 ]

アメリカの心理学で割りと昔から何人もの教授が関わってる研究で、
やっぱり褒めて育てたほうが確率的にも、生理学的にも良い、って結果が出てたよ
#-|2020/02/12(水) 21:42 [ 編集 ]

そもそもこの場合の『叱って伸びる()』は、少しも誉めないで、ダメなところだけダメダメ叱り続ける教育法で、ダメなことを叱るのは大事だけど、少しも誉めないでダメだ糞だと叱るだけで「なにくそ!」とやる気出る子はいないだろと。
#-|2020/02/12(水) 21:59 [ 編集 ]

※2
「ほわちゃあ」は「どんぶらこ」と同じように、
ただ1つの状況を表す言葉なのか?w
#-|2020/02/13(木) 16:58 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mousouteki.blog53.fc2.com/tb.php/34775-04587d06

カープ

妄想的リンク

ブログ開始から何日経った?

興味しんしん

読みたい

Copyright(C) 2006 続・妄想的日常 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.