FC2ブログ
続・妄想的日常
おかえり。 

妄想的ダンサーズ

dancing2.gif

妄想的ヘッドライン

プロフィール

妄想

Author:妄想
面白いスレッドなどありましたら教えて下さいまし。相互リンクもこちらから。

mixi始メマスタ
マイミク募集中(`A')キャァァァァァ


調子に乗って「続・妄想的日常☆別館」
始メマスタ


またまた調子に乗って「妄想さんの拾い物」始メマスタ

フィードメーター - 続・妄想的日常


ブログパーツ




※のNGワードを http:// にしておりますよ♪


更新情報と愚にもつかないつぶやきはこちら




セリーグ順位表

プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表

最近の記事

最近のコメント

妄想的人気記事

カテゴリー

ブログ内検索

BlogRingというものらしい

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別


12月 | 2020年01月 | 02月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -


2020/01/15(水) 12:00:00
390 名前:おさかなくわえた名無しさん[sage] 投稿日:2020/01/14(火) 02:24:56.16 ID:rTIxTt0z
一人暮らしマンションで、夜中にヘッドホンで友達とネット通話しながらオンラインゲームをやっていた。
リビングは照明をつけておらずキッチンの灯りが差し込む程度の薄暗い状態。
ゲームに夢中になっていたがふとした瞬間に部屋の影が動いた気がした。背後に人が通った感じ。
ビビリながら振り返ったが特に何もなく、友達と「こええw」とか言いながらゲームを続けた。
しばらくゲームをやってると明らかに壁に人の影が動いた。
振り返るとキッチンカウンターの奥に人がしゃがみ込むのが見えた。はっきり見えた。白髪の婆さん。
友達に話してヘッドホンを外し、スピーカー通話に切り替えてキッチンの方に怒号で喋りかけながらゆっくりと向かった。
キッチンの片隅で婆さんが震えながらしゃがみ込んで、俺を化け物でも見るかのような表情で
声を押し殺して手を合わせながら号泣していた。
警察に来てもらって事情が分かったけど、同じマンション内に住む痴呆の婆さんだった。
数時間前に家族から捜索願が出されていたらしい。
いつ侵入したのかわからないけど、考えられるとしたら2時間くらい前にゴミ捨てに行ったその間。
いや、そりゃ婆さんも怖かったかもしれんが、俺もめちゃくちゃ怖くて泣きそうだったよ。
田舎出身だからゴミ捨てくらいじゃ鍵をかけたりしなかったけど、それ以来は鍵をするようになった。






関連記事
スポンサーサイト



体験談TB:0CM:5
<< 9条があったら戦争が起こらないってどういう理屈だよホーム全記事一覧レジ袋ご利用になられますか? >>

コメント

自分の親もこうなる可能性があると考えると、すごく切ない
#-|2020/01/15(水) 12:08 [ 編集 ]

マンションだとより部屋間違えやすいだろうしなあ。

お婆さんにしてみれば家に帰ったつもりでいたら変な人が居る、
もしくはどこか分からない所に来ちゃって不安でいたら知らん人に怒鳴られた
そんな状況な訳だけど、投稿主の立場だったら幽霊強盗変質者どれだ!?って感じで
生きた心地もしないだろうし。哀しく怖い話だな。
#-|2020/01/15(水) 12:15 [ 編集 ]

誰だ、誰だ、誰だ~
#-|2020/01/15(水) 14:09 [ 編集 ]

たまたま痴呆の老人(暴れないタイプ)だったからまだ良かったけど、これがサツ人犯だのヤク中だのだったらって思うとゾッとするな
戸締まり気を付けよう
#-|2020/01/15(水) 19:00 [ 編集 ]

田舎の古い一軒家ならまだしも、マンションで
短時間と言えどもよく鍵かけずに外出るなあ
ヤク中や痴呆老人でなくとも、誰かに悪意を持って入られて
中から鍵閉めてドアガード掛けられたらと思うと
俺は怖くて出来ん
#-|2020/01/16(木) 13:44 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mousouteki.blog53.fc2.com/tb.php/34584-0c79a862

カープ

妄想的リンク

ブログ開始から何日経った?

興味しんしん

読みたい

Copyright(C) 2006 続・妄想的日常 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.