FC2ブログ
続・妄想的日常
おかえり。 

妄想的ダンサーズ

dancing2.gif

妄想的ヘッドライン

プロフィール

妄想

Author:妄想
面白いスレッドなどありましたら教えて下さいまし。相互リンクもこちらから。

mixi始メマスタ
マイミク募集中(`A')キャァァァァァ


調子に乗って「続・妄想的日常☆別館」
始メマスタ


またまた調子に乗って「妄想さんの拾い物」始メマスタ

フィードメーター - 続・妄想的日常


ブログパーツ




※のNGワードを http:// にしておりますよ♪


更新情報と愚にもつかないつぶやきはこちら




セリーグ順位表

プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表

最近の記事

最近のコメント

妄想的人気記事

カテゴリー

ブログ内検索

BlogRingというものらしい

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別


01月 | 2020年02月 | 03月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29


北欧神話

2019/12/27(金) 12:00:00
77 公共放送名無しさん sage 2019/11/18(月) 00:25:58 v0O+IJi2
こーやってヴァイキングにキリスト教が浸透していって
北欧神話を信奉する文化が消えちゃうんだよな

466 公共放送名無しさん sage 2019/11/18(月) 00:29:44 Qgx8Frj2
>>77
名前は聞いたことあるけど北欧神話よく知らんのよな

848 公共放送名無しさん sage 2019/11/18(月) 00:33:34 u43e0aso
>>466
読み物では1,2の面白さ

ラストバトルとかあって、チート強キャラ同士が続々対戦し、
次々と意外な勝敗の末、ほぼ全員戦士する

生き残った者が懐古して涙し、かすかな希望を目にして未来を見据えて終わり  完全に小説レベル






関連記事
スポンサーサイト



その他TB:0CM:8
<< 娘がAちゃんにイジメられてるみたいで、毎日泣いて帰ってくるんですホーム全記事一覧【STAP細胞騒動】あの小保方晴子さんがケーキ屋さんに転身…なんと同棲も発覚! 週刊新潮報道 >>

コメント

俺もヴァルキリープロファイルくらいの知識しかない。
ギルガメッシュ叙事詩は北欧神話なの?
#-|2019/12/27(金) 12:06 [ 編集 ]

ギルガメシュ~は全然違う場所、北欧であんな服着たら死ぬ。
#-|2019/12/27(金) 12:22 [ 編集 ]

北欧の冬は厳しくて長いうえに白夜もあるので、必然的に家に籠もる期間が長くなって、子供らの退屈しのぎのためにワクワクな物語がいろいろ作られた、という話をどこかで見た
#-|2019/12/27(金) 13:01 [ 編集 ]

銀英伝の帝国側のアレよ
#-|2019/12/27(金) 14:14 [ 編集 ]

>次々と意外な勝敗の末、ほぼ全員戦士する

単なる誤変換と思いきや、北欧神話では死んだらワルキューレに連れられて
ヴァルハラに行き、ラグナロクに備えて戦と宴を延々繰り返すというから
あながち間違いでもないw
#-|2019/12/27(金) 14:48 [ 編集 ]

宗教としてすたれてるからこその創作ネタ人気なのかな。ガチ信者が多いとめんどくさいことになるし。
#-|2019/12/27(金) 15:00 [ 編集 ]

宗教としてそこそこ現役、道徳観としては全土に染み渡っているのに2次創作バッチコイの神道が好きです
#-|2019/12/27(金) 19:37 [ 編集 ]

個人的にワクワクする面白さだと
1、神道
2、エジプト神話
3、ヒンドゥーの神話
4、ギリシャ神話
5、中国の仙人道教もろもろ神話
6、ヤハウェ神話
…と続いて北欧神話は7位くらいかな
神道は国譲りが本当にガチで熱い
タケミカヅチの尊の無双も面白いし、春日神社を耳の悪い神からいただいた話なんかコメディすぎる
#-|2019/12/28(土) 00:48 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mousouteki.blog53.fc2.com/tb.php/34481-2f239a76

カープ

妄想的リンク

ブログ開始から何日経った?

興味しんしん

読みたい

Copyright(C) 2006 続・妄想的日常 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.