FC2ブログ
続・妄想的日常
おかえり。 

妄想的ダンサーズ

dancing2.gif

妄想的ヘッドライン

プロフィール

妄想

Author:妄想
面白いスレッドなどありましたら教えて下さいまし。相互リンクもこちらから。

mixi始メマスタ
マイミク募集中(`A')キャァァァァァ


調子に乗って「続・妄想的日常☆別館」
始メマスタ


またまた調子に乗って「妄想さんの拾い物」始メマスタ

フィードメーター - 続・妄想的日常


ブログパーツ




※のNGワードを http:// にしておりますよ♪


更新情報と愚にもつかないつぶやきはこちら




セリーグ順位表

プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表

最近の記事

最近のコメント

妄想的人気記事

カテゴリー

ブログ内検索

BlogRingというものらしい

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別


06月 | 2020年07月 | 08月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -


お前ら目の前に脱ぎたてのパンツと丸出しのまんこがあったら、どっち先に顔をうずめたい?

2019/12/07(土) 12:00:00
4 クェーサー(東京都) [GB][] 2019/12/04(水) 06:55:52.67 ID:X2wUGH2c0
パンツ
何回生まれ変わってもパンツを選ぶ

7 グリーゼ581c(岐阜県) [JP][sage] 2019/12/04(水) 06:56:40.29 ID:tLuALcjZ0
>>4
パンツのない世界に生まれ変わりますように

9 クェーサー(東京都) [GB][] 2019/12/04(水) 06:57:29.62 ID:X2wUGH2c0
>>7
俺が世界初のパンツを作って歴史に名を残すよ

16 チタニア(コロン諸島) [ニダ][] 2019/12/04(水) 07:00:43.31 ID:jz5IychrO
>>9
ノーパンの世界を壊すな

25 クェーサー(東京都) [GB][] 2019/12/04(水) 07:05:14.94 ID:X2wUGH2c0
>>16
ノーパンの世界のパンドラの箱、
その箱の底に残っていたのが俺だよ






関連記事
スポンサーサイト



バカ回答TB:0CM:8
<< 風呂入るとなんか大声で歌いたくなるじゃん?ホーム全記事一覧買って失敗スレ >>

コメント

今はパンツ見られたら恥ずかしいみたいな風潮になってるけど、もともとスカートの女性が性器見られないようにパンツを履くようになったんじゃなかったっけ?
人命にまでかかわってたから、パンツの発明は歴史上不可避だったのでは?
#-|2019/12/07(土) 12:19 [ 編集 ]

ノーパン世界ならドラの箱だな。
#-|2019/12/07(土) 12:28 [ 編集 ]

パンツという概念が存在してこそのノーパンだろうが!
#-|2019/12/07(土) 12:53 [ 編集 ]

そうノーパン世界はパンツはあるけど儚い世界……つまり溶けるパンツ世界。
#-|2019/12/07(土) 14:16 [ 編集 ]

※1
実際の火災が元ネタの「婦人よズロースを穿け」話か。どうも都市伝説のようだが。

女の身からすると、あんな大半はグロテスクなモノを人目に晒したくないわ。
綺麗なパンティー可愛いおパンツでくるんでおいて、隠しておくものだアレは。
あとぶっちゃけ男性より遥かに内臓に近いから、剥き出しだと色々ヤバい。
#-|2019/12/07(土) 15:09 [ 編集 ]

ゲリでちびった時にパンツに受け止めてもらった者は
ノーパンの世界など望まない
あとノーパンは皮や毛を挟みやすくなる
#-|2019/12/07(土) 15:49 [ 編集 ]

※5
西洋の話では?
ズロースとかドロワーズとか、パンツというより下履きみたいな感じだった。
#-|2019/12/07(土) 17:09 [ 編集 ]

なんか無駄にかっこいい
#-|2019/12/08(日) 10:05 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mousouteki.blog53.fc2.com/tb.php/34337-5d7e0b86

カープ

興味しんしん

妄想的リンク

ブログ開始から何日経った?

読みたい

Copyright(C) 2006 続・妄想的日常 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.