FC2ブログ
続・妄想的日常
おかえり。 

妄想的ダンサーズ

dancing2.gif

妄想的ヘッドライン

プロフィール

妄想

Author:妄想
面白いスレッドなどありましたら教えて下さいまし。相互リンクもこちらから。

mixi始メマスタ
マイミク募集中(`A')キャァァァァァ


調子に乗って「続・妄想的日常☆別館」
始メマスタ


またまた調子に乗って「妄想さんの拾い物」始メマスタ

フィードメーター - 続・妄想的日常


ブログパーツ




※のNGワードを http:// にしておりますよ♪


更新情報と愚にもつかないつぶやきはこちら




セリーグ順位表

プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表

最近の記事

最近のコメント

妄想的人気記事

カテゴリー

ブログ内検索

BlogRingというものらしい

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別


11月 | 2019年12月 | 01月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


遭難の大半は計画の段階で遭難してる

2019/12/01(日) 12:00:00
38 名無しさん@1周年 sage 2019/11/01(金) 16:24:52 rKyP9gcu0
遭難の大半は計画の段階で遭難してるという話だ

66 名無しさん@1周年 sage 2019/11/01(金) 16:31:28 lIZSAYtB0
>>38
先生、無計画も計画に入りますかw

467 名無しさん@1周年 sage 2019/11/01(金) 17:50:20 4sdIVnNJ0
>>66
この時期の富士山に向かった時点から遭難だろ
普通に考えたら雪がある富士山に軽装備で登らない
スマホで調べたら分かる

そこで正常性バイアスがかかり向かってしまった。
そして誰も止めようとはしなかった






関連記事
スポンサーサイト



その他TB:0CM:10
<< 湯灌ホーム全記事一覧サルすげぇ! >>

コメント

無計画も計画に入り、その計画では遭難するって話だな。

富士山とかならともかく、低い山でも登山者はきちんと計画立てて登るものなの?
#-|2019/12/01(日) 12:20 [ 編集 ]

あのあれは結局どういう真相だったんだ?
半自殺みたいな話も出てたが
#-|2019/12/01(日) 12:37 [ 編集 ]

ここに来てアイドル事務所がドレス着用富士登山〜忘年会〜初日の出を見るイベント企画を発表してきた。
炎上狙いのネタだとは思うけど。
#-|2019/12/01(日) 13:12 [ 編集 ]

高尾山にでも登ってろと言いたいとこだが、ドレス着用ならそれでも遭難しそうだ
#-|2019/12/01(日) 13:47 [ 編集 ]

※1
登山者は、低い山でも必ず登山計画を立てる。コースを決め、下調べをし、アプリを入れていても紙の地図とコンパスも持って登る。本来はそういうものなんだがなぁ…
#-|2019/12/01(日) 22:10 [ 編集 ]

まぁいかに無計画なバカでも、日が昇ってるうちに登ろうという計画性はある。
#-|2019/12/02(月) 01:10 [ 編集 ]

みんな天保山に登ればええよ。風邪は引くかもしれないが、パンいちでも大丈夫だぞ。
#-|2019/12/02(月) 13:54 [ 編集 ]

↑天保山は手前の見晴らし台のが高いから、
正確には天保山に降りる、が表現的には合ってる
#-|2019/12/02(月) 16:03 [ 編集 ]

整備されたハイキングコース(日中)程度なら軽装無計画でもまあ分かるけど、
仮にも登山と名の付く行程で無計画はアウトだよなあ。

富士山子供の頃登った事あるけど、最後の方はガチな岩登り状態だったの覚えてる。
軽装とか考えられんわ。しかも周りに人いない(=助けて貰い辛い)時期だし。
#-|2019/12/02(月) 23:43 [ 編集 ]

共通テストも遭難した。
#-|2019/12/03(火) 19:31 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mousouteki.blog53.fc2.com/tb.php/34294-65f502b5

カープ

妄想的リンク

ブログ開始から何日経った?

興味しんしん

読みたい

Copyright(C) 2006 続・妄想的日常 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.