FC2ブログ
続・妄想的日常
おかえり。 

妄想的ダンサーズ

dancing2.gif

妄想的ヘッドライン

プロフィール

妄想

Author:妄想
面白いスレッドなどありましたら教えて下さいまし。相互リンクもこちらから。

mixi始メマスタ
マイミク募集中(`A')キャァァァァァ


調子に乗って「続・妄想的日常☆別館」
始メマスタ


またまた調子に乗って「妄想さんの拾い物」始メマスタ

フィードメーター - 続・妄想的日常


ブログパーツ




※のNGワードを http:// にしておりますよ♪


更新情報と愚にもつかないつぶやきはこちら




セリーグ順位表

プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表

最近の記事

最近のコメント

妄想的人気記事

カテゴリー

ブログ内検索

BlogRingというものらしい

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別


12月 | 2020年01月 | 02月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -


安全第一

2019/08/07(水) 12:00:00
275 名前:名無しさん@おーぷん[] 投稿日:19/08/03(土)22:55:39 ID:UVY
安全第一 には
品質第二
生産第三 と続く

しかし最初は
生産第一
品質第二
安全第三 だったのが労働者の抗議で変更された





関連記事
スポンサーサイト



その他TB:0CM:12
<< 駐車場が狭いというクレーム電話があったホーム全記事一覧姪が妹そっくり >>

コメント

生産第一のほうは品質が第二なのも駄目だろ。
労働者と消費者にケンカ売ってるな。
#-|2019/08/07(水) 12:17 [ 編集 ]

でも結局安全第一になっていないのだ
#-|2019/08/07(水) 13:11 [ 編集 ]

ヨシ!Λ_Λ
#-|2019/08/07(水) 13:15 [ 編集 ]

いや、実験の結果安全第一が一番生産性が上がったからだけど?
#-|2019/08/07(水) 14:39 [ 編集 ]

ラジオ体操第一 には
ラジオ体操第二
ラジオ体操第三 と続く
#-|2019/08/07(水) 14:51 [ 編集 ]

そりゃー自分の安全確保出来ない状況で粗製濫造な仕事しろって言われても、
生産性なんか上がらんわ。そういう所は往々にして賃金も低いし。
人は環境・やりがい・賃金のどれかが高けりゃ仕事続けられるけど、
どれも低いような状況じゃそりゃ無理よ。
#-|2019/08/07(水) 15:00 [ 編集 ]

もも太郎アイスには
ダイイチ
セイヒョー
さかたや と、続く。

#-|2019/08/07(水) 15:53 [ 編集 ]

実は労働環境を快適にすることで三つとも劇的に改善するんだけど、日本人にとって労働=辛くてキツいものでなければ無価値、なのでいつまで経っても標語が標語のままなんです
#-|2019/08/07(水) 17:52 [ 編集 ]

誰から見ても悪辣な方針をわざわざ標語にするのか?
人命軽視を堂々とかかげる会社が労働者の抗議とやらであっさり変更するのか?
体験談には創作認定厨がわらわら湧くのに、なんでこういうのは素直に信じるんだよ…
#-|2019/08/08(木) 13:59 [ 編集 ]

御安全に!
#-|2019/08/08(木) 23:01 [ 編集 ]

↑嘘松さん達は、それが嘘か本当か検証出来なくて、実際には真偽が誰にも確認出来ない様な話が大好きなんだよ。
客観的に自分の嘘松認定が間違いだったと確定しかねない様な話は避けるんだろうと思う。
#-|2019/08/08(木) 23:11 [ 編集 ]

元はUSスチールのエルバート・ヘンリー・ゲーリーが広めた標語でアメリカ発なのだ。当時生産第一・品質第二・安全第三という方針で凄まじい労働環境だったUSスチールの現状を嘆いた彼が、大改革を行って生産性の向上と労働災害の激減という結果を残したので全世界に広まったのだ。
  #-|2019/08/14(水) 16:50 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mousouteki.blog53.fc2.com/tb.php/33469-bd767a78

カープ

妄想的リンク

ブログ開始から何日経った?

興味しんしん

読みたい

Copyright(C) 2006 続・妄想的日常 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.