FC2ブログ
続・妄想的日常
おかえり。 

妄想的ダンサーズ

dancing2.gif

妄想的ヘッドライン

プロフィール

妄想

Author:妄想
面白いスレッドなどありましたら教えて下さいまし。相互リンクもこちらから。

mixi始メマスタ
マイミク募集中(`A')キャァァァァァ


調子に乗って「続・妄想的日常☆別館」
始メマスタ


またまた調子に乗って「妄想さんの拾い物」始メマスタ

フィードメーター - 続・妄想的日常


ブログパーツ




※のNGワードを http:// にしておりますよ♪


更新情報と愚にもつかないつぶやきはこちら




セリーグ順位表

プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表

最近の記事

最近のコメント

妄想的人気記事

カテゴリー

ブログ内検索

BlogRingというものらしい

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別


01月 | 2020年02月 | 03月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29


ムツゴロウさん

2019/07/27(土) 12:00:00
724 名前:おさかなくわえた名無しさん[sage] 投稿日:2019/07/26(金) 10:52:22.13 ID:G5KcXUIf
ムツゴロウさんは幼少期を満州で過ごした
その頃から犬を飼い、たいそう可愛がっていたとのこと
その犬が死にムツゴロウさんは泣きじゃくっていた
その様子を見た近所の大人がワラワラ出てきて、一緒に犬を弔っていた

みんなで穴掘って犬を埋めるのを手伝ってくれるのかな?
とムツゴロウさんが思っていたら「もういいだろう」
と慣れた大人が刃物を出し犬をバラバラに解体してしまった

「なんてことするんだよ!!」
とムツゴロウさんが発狂するも父が冷静になだめる
「土に埋めてどうするんだ?それで犬が生き返るのか?
 それよりも生きている人間の方が大事だ
 生きるということは他の生き物の死を犠牲に成り立っているんだ」

ムツゴロウさんは強烈な現実を目の当たりにし、
この体験が後に動物に携わる人生を歩む大きなきっかけとなった




関連記事
スポンサーサイト



その他TB:0CM:10
<< 手に左利きと右利きがあるようにホーム全記事一覧ホリエモン「ジャパネットに社会的意義ある?必要ないものを情弱相手に口八丁手八丁で買わせてるだけ」 >>

コメント

あっちの人間は四本足で食べないのはイスとテーブルだけって言われてるくらいだし
#-|2019/07/27(土) 12:32 [ 編集 ]

こんな純粋だった子供が、映画撮影のために何匹も茶トラの仔猫を川に流して殺したり怪、足を捻って足を引きずるところを撮ったりするように逞しく成長したのだと思うと感慨深い。
#-|2019/07/27(土) 12:33 [ 編集 ]

あの目が笑ってない笑顔なのも頷けるぜ…
#-|2019/07/27(土) 13:44 [ 編集 ]

病死か老衰の犬まで食うんか…。
#-|2019/07/27(土) 13:44 [ 編集 ]

これで悟って麻雀強くなったのか
#-|2019/07/27(土) 14:12 [ 編集 ]

米2
納得したわけじゃなく
家畜みたいな、とにかく人間とは違うものだと割り切っただけでは
性犯罪にあった人が風俗店に勤めたりして、あのときのことは大したことじゃないと思い込むって行動もあるようだし。同じ話を鶏の首をばあちゃんが締めてたみたいな話で聞いた事あるな
#-|2019/07/27(土) 15:00 [ 編集 ]

※1
炬燵も食べないよ。あたるから。
#-|2019/07/27(土) 15:14 [ 編集 ]

確か今、虎だかライオンに指喰われて何本かないんだっけ
#-|2019/07/27(土) 20:08 [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
#|2019/08/01(木) 01:25 [ 編集 ]

昔、コロコロに載ったムツゴロウが征くで近似の話があったわ
こっちはムサシって馬だったけど
#-|2019/08/01(木) 12:09 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mousouteki.blog53.fc2.com/tb.php/33389-eef8cf01

カープ

妄想的リンク

ブログ開始から何日経った?

興味しんしん

読みたい

Copyright(C) 2006 続・妄想的日常 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.