FC2ブログ
続・妄想的日常
おかえり。 

妄想的ダンサーズ

dancing2.gif

妄想的ヘッドライン

プロフィール

妄想

Author:妄想
面白いスレッドなどありましたら教えて下さいまし。相互リンクもこちらから。

mixi始メマスタ
マイミク募集中(`A')キャァァァァァ


調子に乗って「続・妄想的日常☆別館」
始メマスタ


またまた調子に乗って「妄想さんの拾い物」始メマスタ

フィードメーター - 続・妄想的日常


ブログパーツ




※のNGワードを http:// にしておりますよ♪


更新情報と愚にもつかないつぶやきはこちら




セリーグ順位表

プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表

最近の記事

最近のコメント

妄想的人気記事

カテゴリー

ブログ内検索

BlogRingというものらしい

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別


11月 | 2019年12月 | 01月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


人の趣味にケチつけまくる友人

2007/03/28(水) 11:35:14
656 名前:おさかなくわえた名無しさん[sage] 投稿日:2007/03/27(火) 23:25:56 ID:jQ5DLWEC
人の趣味にケチつけまくる、高校時代からの友人と友だち止めた。
学生時代は映画や音楽の好みが似てるとか、そんなんで仲良かった。
でも、人間長く生きてれば、好みや興味の方向に違いが出てくるのは当たり前
だと思うんだけど、それが許し難い裏切りに思えるらしい。

そのくせ、自分が新しい物を好きになったり、好きだった物を止めるのは
「成長して大人になった証」
だから良いらしい。

元々、「自分が好きな物が最上、それ以外はダメ」的な要素は持ってたけど、
酷くなりすぎて、メールも電話も一切の接触を止めた。
ここまでが、私が友達を止めた話しで、一昨年の夏頃の事。

最近、わざわざ私の実家の酒屋まで来て、
「○ちゃん(私)とのお付き合いを止めさせて貰います。
 私もいい大人になったし、お互いに高め会う事が出来る人と付き合います。
 私は日本にとどまらず、世界に羽ばたける人間でいたいんです」
と言う内容を小一時間、仕事中の私の母に演説ぶったらしい。

母が、
「はぁ、それを聞いたら、うちの○も大変喜ぶと思います」
と言ったら、顔を真っ赤にして怒りながら、
「本当に止めると言ったら、止めますからね。止めても無駄ですよ」
と叫んで、帰って行ったらしい。
関連記事
スポンサーサイト



まるでダメTB:0CM:11
<< プリンスホーム全記事一覧先生頑張って! >>

コメント

母ちゃんバロスwwww
   #-|2007/03/28(水) 11:53 [ 編集 ]

俺の友達も一人、どっかいっちゃった奴がいたな。
元いじめられっこがイケメン気取る姿は胸のすく思いだ・・・。
#-|2007/03/28(水) 11:58 [ 編集 ]

これってただのメンヘラーでは…
#-|2007/03/28(水) 12:29 [ 編集 ]

止めると止めるがどっちがどっち??
#-|2007/03/28(水) 14:10 [ 編集 ]

すげえキチガイだw
名無し!! #-|2007/03/28(水) 14:21 [ 編集 ]

母ナイスww
   #OARS9n6I|2007/03/28(水) 14:26 [ 編集 ]

母者GJ!
#n8/VADVs|2007/03/28(水) 14:28 [ 編集 ]

その友達たぶん韓○人だと思う

特徴的にそっくり
い #-|2007/03/28(水) 16:26 [ 編集 ]


オタ趣味の俺としては
日本でも十分過ぎるくらい多く感じるんだが・・・
  #-|2007/03/28(水) 20:24 [ 編集 ]

母親の返しが逸材
#-|2007/03/29(木) 00:44 [ 編集 ]

そんな切り替えしできる母ちゃんSUGEEEEEEE!!!!!!
名無しさん #-|2007/03/29(木) 11:52 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mousouteki.blog53.fc2.com/tb.php/3305-533cc9cd

カープ

妄想的リンク

ブログ開始から何日経った?

興味しんしん

読みたい

Copyright(C) 2006 続・妄想的日常 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.